『師任堂(サイムダン)色の日記』スタート

170515_01.jpg


懐かしの『宮廷女官チャングムの誓い』から実に13年ぶりにテレビドラマ出演となったイ・ヨンエの『師任堂(サイムダン)色の日記』(以下、サイムダン)。韓国での放送開始は2016年10月からだったので、日本でDVDがリリースされるのはもっと先かと思っていた。それが、なんとゴールデンウィークの最中に販売用もレンタル用もリリースされ始めた。そこで、早速レンタル版で視聴を開始した。

まだ4話までしか見ていないので、感想もなにもないが、困ったのが毎度お馴染み、この頃の韓流ドラマDVD傾向だ。販売版とレンタル版で収録話数を変えてしまうのである。販売版は本国での放送話数と同じだが、レンタル版は再編集して話数稼ぎをしている(レンタル枚数を増やすという意味)。枚数を増やすことにより、レンタルされる回数が増えるという皮算用である。
この『サイムダン』は、オリジナル話数は、28話のはずだが(当初の30話が28話に短縮されたらしい・・・不評で?)、レンタル版は25枚リリースされる。通常、DVD1枚あたり2話収録なので、なんと50話までか!と憎悪に満ちたのだが、どうも9枚目や17枚目は1話しか収録されていないようなのだ。他にも1話しか収録されていない盤があるようで、レンタル版は全45話完結とか。それにしても28話を45話にしてしまうとはねぇ・・・。
ちゃんと見たければ、販売版を買って見るように!レンタルの人は、見られるだけでもありがたいと思って文句を言わないこと!・・・と、発売元の主張でも聞こえてきそうである。ま、それも商売としては一理ありなので、ここはありがたくストーリー中心に見ていこうかとクールダウン。

さて、このタイトルの『サイムダン』だが、漢字だと「師任堂」となる。いったいどのような意味なのだろうと、ドラマのタイトルを知った時に思ったものである。「堂」が付くから詩仙堂とか哲学堂・・・とかと同じように神様をまつる建物と思っていた。ところがである・・・なんと!

人の名前だったのである!

よく韓国のことを「近くて遠い国」などというが、まさにそれ。よもや人の名前とは・・・。しかもかなり有名な人で、韓国の5万ウォン紙幣に肖像画が描かれている人なのである。正式な名前は、申師任堂・・・シン・サイムダン。いやぁ、まったく知らなかった。韓国ドラマや韓国映画をよく見るほうな部類に入ると思っている自分だが、そんなことも知らなかった。これも考えようによっては、じゅうぶん「恥」の部類に入るかもしれない・・・トホホ。

そのサイムダンさん?をイ・ヨンエが演じ、相手役をソン・スンホンが演じるというドラマだ。しかも、イ・ヨンエは朝鮮王朝時代と現代を演じ分けるというもの(現代ではソ・ジユンの役)。歴史フュージョンものとでもいうのか・・・。
まだ、ほとんどさわりの部分しか見ていないので何とも言えないが、果たして面白いのかどうか・・・あまり情報を入れないようにして素直に見てみようかなと。
ちなみに、サイムダンが生きていた時代は、チャングムの時代にほぼ近い西暦1500年代前半。朝鮮王朝第11代王・中宗(チュンジョン)の時代である。

さてさて、いかに・・・。

■ 5万ウォン紙幣の申師任堂(シン・サイムダン)。

170515_02.jpg


■ 『師任堂(サイムダン)色の日記』予告。

tag : 韓国ドラマ 師任堂 サイムダン 5万ウォン紙幣 イ・ヨンエ ソン・スンホン レンタル版 販売版 悪しき慣習

『六龍が飛ぶ』、完走

170425_04.jpg


韓国歴史ドラマ『六龍が飛ぶ』、ようやく全部見終えて完走した。いやぁ、久しぶりに面白いドラマだった。韓国ドラマの中でという括りだけではなく、日本のドラマ、欧米のドラマ、アジアのドラマ、いわゆるドラマ全般としても面白かった。
ただ、残念なのは、この頃の韓国ドラマ配給会社は、販売用とレンタル用(テレビ放送用も)で、収録話数を変えていることだ。以前にこちらでも書いたのだが、この手法には大きな違和感を感じる。

『六龍が飛ぶ』もそのパターンだ。販売用のDVDでは50話だが、レンタル・放送用は65話となっている。DVDの枚数にしてみると、25枚と33枚。実に8枚分の違いがある。これは明らかにレンタルでの利用回数を増やすためのものだろう。商売だから仕方ないとは思うが、話数を増やすことにより、「改ざん」という言葉も生じてしまう。販売用とレンタル・放送用とでは、各話の終わり方が違ってきてしまうのである・・・。作り手(監督)の意図するところではなく次話に続くとなってしまう。これは、正直、良心ある行為とはいえないだろう。一度販売してしまうと、買い手の思惑を重視しても問題ない販売契約。ま、買い手側だけを責められるものではない。売り手側にも問題はあるわけだから。

自分が見たのはレンタルだったので全65話で完走した。上記のような残念さはあったのだが、それを割り引いても面白いドラマだった。
時代は、高麗(こりょ)時代から朝鮮王朝に替わる頃の話だから、西暦1,400年頃だから日本だと室町時代か。監督は、シン・ギョンスという人。脚本は、キム・ヨンヒョンとパク・サンヨン。この3人は、同じチームで『根の深い木』(2011年秋韓国放送開始)というドラマも手がけている。この『六龍が飛ぶ』は、2015年秋韓国だが、先の『根の深い木』に繋がる物語なのである。一般的には、プリクエルというらしい(前編とでもいうのか)。従って、『根の深い木』に出てくる人物が登場してくる。時代が『根の深い木』より古い設定なので、当然、若い年齢で登場してくる。役柄こそ違うが、両ドラマに出演している俳優陣もいるので若干違和感もあったが(役柄は別)、そもそも続編を作るつもりなどなかったのだろうから仕方ないところだろう。

詳しくはまた別の機会にするが、このドラマはかなり難解。その理由は、両ドラマの整合性(繋がり)に重きを置いたためといえよう。かなり丁寧かつ慎重に整合性に気を配ったようだが、どうしても繋がらないところもあった。例えば、『根の深い木』でイ・シンジョクに対して朝廷の重鎮になって待っていろと命令するのは、若きチョン・ギジュンだったが、『六龍が飛ぶ』では、ナム・ウンだった。
イ・バンジがチョン・ドジョンを助けられなかった(結果、殺された)のは『根の深い木』では、チョン・ドジョンの女(とムヒュルは言っている)を愛し、その女性を人質にされて救出しようとしたからだったが、『六龍が飛ぶ』では、思いを寄せる幼馴染みのヨニを人質にされたことだった。このように、先に作った『根の深い木』の設定上、どうにも繋げられなかった部分もあったが、それはツッコミということではなく惜しいという意味でとしておこう。

その代わりといってはなにだが、『六龍が飛ぶ』の最終話では、粋な計らいがなされている。『根の深い木』のとある場面(時代)とシンクロさせていて、『根の深い木』の出演俳優が5人、同じキャラクターで出演している。この場面は、『根の深い木』が好きな人にはなんとも嬉しい計らいといえよう。

それと、このドラマは悲しい。そして、暗い。自分は、常々「悲しい」と「哀しい」とは別物であると言っているのだが、このドラマは「哀しい」よりも「悲しい」という表現が合っている。剣士ムヒュルの表情が回を重ねるごとに暗くなっていくのが、このドラマの悲しさと重さを表しているように思える。

久しぶりの力作に出会ったことは大ラッキーだった。機会あれば、オリジナル編集の50話ものを見てみたいものである。この制作陣で、『根の深い木』に続く時代、首陽大君(スヤンテグン)こと朝鮮王朝第7代王・世祖(セジョ)あたりのドラマを作るとの噂もあるようだ。さて、実現するのか。楽しみである。

オマケというか、このドラマを地味に?支えた最優秀助演賞を発表。

・最優秀助演男優賞:チョン・ヨンギュ役のミン・ソンウク。
・最優秀助演女優賞:ユルラン役?のハン・イェリ。

tag : 韓国ドラマ 六龍が飛ぶ 根の深い木 整合性 制作陣 悲しい 哀しい 販売用 レンタル用 更に続編

オクニョ 運命の女(ひと)

170403_01.jpg


4月2日(日)21時からNHK・BSプレミアムで始まった『オクニョ 運命の女(ひと)』(以下オクニョ)。全51話だから、ちょうど1年間かけての放送となるのだろう。このNHK・BSプレミアム(以下、NHK)の日時間帯は、韓国時代劇の番組として地味に定着しているように思う。『宮廷女官チャングムの誓い』(以下、チャングムの誓い)が放送されたのが2004年(平成16年)10月からだから13年も前のこととなる。

その「チャングムの誓い」を手掛けたのがイ・ビョンフン監督で、今回始まった『オクニョ』も同監督の作品だ。同監督の作品は、NHKで取り上げられることも多く、その都度人気を博してきたと言えよう。『イ・サン』、『トンイ』、『馬医』などがそうである。

「チャングム」は、宮廷料理人から朝鮮王朝第11代王・中宗(チュンジョン)の主治医となった女官の話。「イ・サン」は、第22代王・正祖(チョンジョ)の話。「トンイ」は、第19代王・粛宗(スクチョン)の側室であり第20代王・英祖(ヨンジョ)の母でもある淑嬪崔氏(スクピンチェシ)の話。『馬医』は、獣医師から第18代王・顕宗 (ヒョンジョン)の主治医となったペク・グアンヒョンの話。

今回の『オクニョ』の原題は『獄中花(オクチュンファ)』。そして、オクニョとは主人公の女性の名前だ。NHKではオクニョとしているが、実際は「オンニョ」と呼ばれている。なぜオンニョではなくオクニョなのか?韓国語のスペルがオクニョとなっているからだと思われる。オクニョと書かれているが発音はオンニョ・・・韓国の特性の一つである(詳細は省略)。

時代背景は、1500年代の半ばの朝鮮王朝。第13代王・明宗の治世である。オクニョは、その当時、拘置所のような収監施設、典獄署(チョノクソ)で産まれ育つ女性である。
明宗王の母親が、文定王妃(ムンジョンワンフ)がこのドラマで大きな役割を担っているのだが、この人、「チャングム」の時も登場している。中宗王の正妻である。覚えている人も多いかと思うが、チャングムの良き理解者でありチャングムを支えるのだが、ある日、チャングムによかならぬ相談をもちかける・・・あぁ、あの王妃!・・・と思い出す方もいるのでは?
登場人物などについては、愚blogのこちらから。

新スタートの『オクニョ』。NHK版は吹替がメインだし、各話、3分前後カットされているが、久しぶりのイ・ビョンフン監督作品が話題になることを願いたい。

tag : 韓国ドラマ 獄中花 オクニョ オンニョ チン・セヨン イ・ビョンフン NHK・BSプレミアム

韓国映画星取り表 / 2017年1月版

前回のリストが昨年2015年の5月だったので、1年8ヵ月ぶりのリスト更新。従って新しく加わったのは、19本。これが多いのかどうかは分からないが、前回が愛犬柴犬・大福が亡くなる1ヵ月前だったことを考えるといろいろ複雑。

今回も忘備録としての『韓国映画星取り表』を。以前見たモノも今現在での気持ちで星取り表再び。毎度のことながら重暗いモノが多い・・・。
と言うことで、今回も韓国映画で見たモノ、思い出したモノを思いつくまま羅列してドラマ同様に★を付けてみた。

★★★★★ もう一度、見るかあるいは見ても良いかなと思うほど面白かった。
★★★★  もう一度は見ないかもしれないが、面白かった。
★★★   まぁ、普通で時間の無駄ではなかった。
★★    普通だが、人には勧めない。
★     面白くなかった。時間の無駄。

■印=新たに加えた映画。
-----------------------------------------------------------------

あいつの声 ★★★★
青い塩 ★★★★
■悪のクロニクル ★★
あなたは遠いところに ★★★★
依頼人 ★★★★★
イルマーレ ★★★★
ウェディング・キャンペーン ★★★★
美しき野獣 ★★★
永遠の片思い ★★★
王になった男 ★★★★★
■王の涙 ★★★
オールドボーイ ★
カエル少年失踪殺人事件 ★★★
過速スキャンダル ★★★★
カル ★★★★
カンナさん大成功です! ★★★★★
義兄弟 ★★★★★
■傷だらけのふたり ★★★★
グエムル ★
群盗 ★★★
■コインロッカーの女 ★★★★
後宮の秘密 ★★
光州5・18 ★★★
高地戦 ★★★★
■国際市場で逢いましょう ★★★★
黒水仙 ★
■国選弁護人ユン・ジンウォン ★★★
凍える牙 ★★★★★
殺人の川 ★
殺人の疑惑 ★★★★
殺人の告白 ★★
殺人の追憶 ★★★★★
■殺人の輪廻 ★★
サニー永遠の仲間たち ★★★★★
■尚衣院 サンイウォン ★★★★★
JSA ★★★
四月の雪 ★
執行人 ★★
シュリ ★★★★
■純粋の時代 ★
親切なクムジャさん ★
スキャンダル ★
■セシボン ★★
接続 ★★
大統領の理髪師 ★★★★
■タチャ 神の手 ★★★
■小さな池 ★★★
■堤報者 ★★
デュエリスト ★
テンジャン ★
■同窓生 ★
トンマッコルへようこそ ★★★
夏物語 ★★★★★
■七番房の奇跡 ★★★★
二重スパイ ★★★★
パイラン ★★
破壊された男 ★
八月のクリスマス ★★★★★
ハナ〜奇跡の46日間 ★★★★
■荊棘(ばら)の秘密 ★★
百万長者の初恋 ★★
■ファイヤー・ブラスト 恋に落ちた消防士 ★★
ファミリー ★★★★★
ファン・ジニ ★★
■無頼漢 ★★
ブラザー・フッド ★★★★
FLU 運命の36時間 ★★★
プンサンケ ★★★★
ペパーミント・キャンディー ★★★★★
僕の彼女を紹介します ★★★
炎のように蝶のように ★★★
ホリデー・イン・ソウル ★★★★
ホワイト・クリスマス ★
マイウェイ 12,000キロの真実 ★★★★
ミッドナイトFM ★★★
■奴が嘲笑う ★★
ラスト・プレゼント ★
ラブストーリー ★★★
力道山 ★★★
リメンバー・ミー ★★★★
猟奇的な彼女 ★★★★★
レイトオータム ★★
レッド・ファミリー ★★★
私たちの幸せの時間 ★★★★
私にも妻がいたらいいのに ★★
私の頭の中の消しゴム ★
私の隣の殺人者 ★★★

tag : 韓国映画 星取り表 尚衣院サンイウォン 傷だらけのふたり コインロッカーの女 国際市場で逢いましょう 七番房の奇跡 韓国エンタ全般

『獄中花(オクチュンファ)』 / 完走

170101_10.jpg


年末年始の休みのうちに視聴完走してしまおうと思っていたイ・ビョンフン監督の韓国歴史ドラマ『獄中花』。どうにか全51話を完走。シャレではなく感想も含めて少々。

どうなのかなぁ・・・。全体としては初めて見るから面白く感じたが、見終えて改めて判断すると、すごく面白いわけでもなく面白くない訳でもない。この『獄中花』を含めて同監督の作品は8作品あるが、どこにランクすべきかなぁ・・・迷うところだ。
主人公が女性であるところは、『宮廷女官チャングムの誓い』、『トンイ』に続いて3作目となるが、このドラマの主人公・オンニョは間違いなくストロングという意味でも歴代作品の中で一番強い。主人公にガッツがある上に更に強いということで、大きな困難やピンチの場面になっても安心して見ていられる。この安心感が好みか好みじゃないかで評価は大きく違うだろう。
それと、主人公のオンニョは、朝鮮時代の弁護士:外知部を確立すべく奔走するのだが、全話中、このエピソードは最終回を入れても3エピソードだけ。これにはちょっと肩すかし感は否めない。ドラマの骨子は、脚本家が『商道』と同じということもあってか、どちらかというと商いの話がメイン。
時代背景は1500年代で13代王・ 明宗(ミョンジョン)の時代。 ちなみに、明宗は、自分の中では在位が短い王を除くと一番トホホな王として認識している(チャングムの誓いに出てくる11代王中宗の子供)。

今回のキャスティングで一番魅力的だったのは、文定王后(チャングムの誓いの王妃)役にキム・ミスク。その弟、ユン・ウォニョン役にチョン・ジュノ。そして、その妻、チョン・ナンジョン役にパク・チュミを起用したこと。この悪役として扱われた3人を、全話に登場させたことは大正解だったと言えよう。
特に、毎話でパク・チュミ様のお美しい姿が見られたことは嬉しい限り。役のチョン・ナンジョンは朝鮮王朝三大悪女の一人とされているが、なかなか板に付いた悪役ぶりだった。

出演者について更に言えば、過去7作品全部に出演した、いわゆる皆勤賞出演者が5人いたが、今回もキッチリ出演していて皆勤賞出演の記録を8回へと更新した。その5人とは、

1. シン・グウ
2. ナ・ソンギュン
3. イ・スク
4. イ・ヒド
5. メン・サンフン

この5人を含めてイ・ビョンフン監督作品のご常連俳優の面々がいつ登場してくるのかと待っているのも楽しかった。地上波の放送予定はまだ分からないが、見てガッカリすることはないと思うので、一応お勧めとしておきたい。
自分にとっての楽しみは、パク・チュミ様のお美しいお姿が毎回見られたことが一番だった。

■ 主人公、子供オンニョ:チョン・ダビンと大人オンニョ:チン・セヨン。そして、ユン・テウン役のコ・ス。

170101_05_20170101161143ac6.jpg


■ 脇を固めた悪役?三人衆。左からユン・ウォニョン役:チョン・ジュノ。チョン・ナンジョン役:パク・チュミ。文定王后役:キム・ミスク。

170101_08.jpg


■ 8作品皆勤賞出演の5人(写真は、『宮廷女官チャングムの誓い』に出演時の役写真)。①シン・グウ②ナ・ソンギュン③イ・スク④イ・ヒド⑤メン・サンフン

170101_02_201701011611395f5.jpg


■ 主な舞台となる典獄署(チョノクソ)全景。拘置所のようなところか。

170101_07.jpg


■ 悪役、チョンナンジョン役のパク・チュミ。クチのひん曲がりが良い。

170101_03_20170101161140e8b.jpg


■ 悪役、チョンナンジョン役のパク・チュミ。問い詰める姿も良い。

170101_06.jpg


■ イ・ビョンフン監督とパク・チュミ。

170101_09.jpg


■ パク・チュミ様・・・ハァ~、お美しや(´Д`。)

170101_04_201701011611418c8.jpg

tag : 韓国ドラマ 獄中花 オクニョ イ・ビョンフン パク・チュミ イ・スク メン・サンフン イ・ヒド シン・グウ ナ・ソンギュン

七曜表
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
近頃の記述
記述の一覧(過去記事)

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
Twitter
ご贔屓先
過去の記述
QRコード
QR
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。
重度の大福ロス(ペットロス)者でもあります。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか・・・。
ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。
福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。
大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。
Instagram
大福の足跡をその当時の写真で振り返っています。
寄合処
昔ながらの「掲示板」。写真も貼れますのでご利用ください。

タグ一覧

鮭焼 玉子焼き 友達犬発見 町中華 オクニョ きくらげ・肉・玉子炒め オランダ 整合性 縄跳び お疲れモード 蕎麦 過労犬 共謀罪 我慢 ゴールデンウィーク 飼い主の役目 ワンタン サブ ルネ フライ盛り合わせA 森友学園 小鉢 アレックス レイン まぐろ 枝っぷり 意外な事実 深刻な問題 カーナビ弊害 売上げ減 営業妨害 PLASTICS メンマ 2004年2月26日 中国侮蔑 シナチク 排除感 中西俊夫 裏道 毒物混入 眠り 無垢 2004年2月27日(金) 目配り気配り 西高東低 100円ショップ ボールペン キャンドウ Can_Do Lightningケーブル バネ 2004年3月2日 参議院予算委員会 安倍夫人 私人 公人 歯石 Lightningケーブル保護カバー 月参り 狂牛病 鶏インフルエンザ 2月29日シャボン玉 うるう年 2004年2月28日 クビ アカデミー賞 2004年3月1日 空中浮遊 国力ダウン アジアなら 大チョンボ 抜け道 曖昧な表現 2004年2月22日 海を見て 2004年2月20日 やっかみ 進撃の巨人 大根役者 何を 2004年2月23日 山田太一 木下恵介 固定電話 懐かしい動作 緊張 それぞれの秋 A_LIFE 水原紀子 芸能界引退 出家 アイドル ヤワラカイヤキソバ バトミントン 上海麺 嫌いな仕事 5万円の給料 飼い主の寛容さ 木村拓哉 野次馬 2004年2月19日 芸能界の体質 角兵衛獅子 2004年2月21日 平和 景色を見る プレミアムフライデー 置物 可哀想 どういう意味? 2004年2月24日 最終金曜日 午後3時終わり 誰か来た コース変更 2004年2月25日 有給 公共工事 雇用促進 何のため? 表示 丸善 お多幸 トムヤムソースパクチー炒飯 タイ料理 ジャスミンタイ八重洲店 八重洲 ネットサーフィン 出家引退タレント ハーフメンチカツ 停留所 アビーロード 大卒初任給 給料 解雇 マウント ホソノ オーツカシューズ ロック小僧 四谷三丁目 SA_Shoes ロンドンブーツ 2004年3月13日 犬の鼻 2004年3月14日 アクシデント  コース 利き鼻 義理母の匂い SAシューズ 走り合い 藤村紀子 ゴールドマン 春風亭昇太 かわなべきょうさい Bunkamura 歌川国芳 2004年3月10日 ヤル気満々 平成23年 2004年3月12日 アクシデントその後 山本亜季 2004年3月11日 引きずらない 2004年3月15日 一人歩き 拡散 誤知識 誤情報 生後700日目 体重による基準 使い回し まとめサイト ガウガウ遊び  復活 2004年3月19日 キュレーション DeNA 2004年3月18日 楽しみ 出しのタイミング 2004年3月16日 絶妙 格闘 シャンプー診断 申し分なし 海を感じる 小エビの特性マヨネーズ炒め 長崎堂 お初 カステラ 2004年3月17日 刀削麺ロボ 河鍋暁斎 これぞ暁斎! 陳建一麻婆豆腐店 陳建一 陳建一麻婆豆腐店:木場店 蕎麦バル かけそば 豆腐の味噌漬け ヨーカドー 深川ギャザリア 台東区 浅草橋 池田屋 擬人化 2004年3月6日 色違い 大海老天丼 大海老天丼と一口そば 意味不明 2004年3月4日 ミント バドミントン プライバシー 2004年3月3日 義理母 くぐらない 麻布・川上庵 川上庵 落ち着き 遊び方に変化 2004年3月5日 焼豚ライス 肉屋 渋谷公会堂 2004年3月8日 初来日 巨大化 U2 BOY 木々 春は遠そう 平和度指数ランキング 男女平等度ランキング 妥当? 180ヶ国中 交通公園 報道の自由度ランキング 偶然の出会い みかん 武将力分布図 政治力 54人の戦国武将 戦国武将の解剖図鑑 価格破壊 ペリカン 人望 財力 2004年3月7日 CoCo 統率力 武力 知力 芸能人 似て非なるもの ホワイトカラー ブルーカラー 脳天気 日本語吹替 何を見ている アテレコ UFOの目撃者 親子丼しお 守り神 2004年1月27日 持ち去り 置き石 親子丼しお二号 貼り紙 2004年1月23日 青春 気づいたこと 古本 文字本 紙本 一緒に登校 電子本 廉価本 背伸び 焼きしゃぶ Rolling_Stone 手でちょっかい リード奪う 2004年1月22日 復調 2004年1月29日 バブルの象徴 銀座1丁目 ステイタス TZ-802型 昔の携帯電話 平野ノラ 串・チキンランチ キャベツと大根菜のきざみ My枝 歯の痕 カレー味チャーハン 大好き好き好き 2004年1月28日 お店 枝の旋回 2004年1月26日 ワンタン麺 反トランプ派 お腹を守れ 英国服 誰か発見 2004年1月25日 就任反対デモ 有名人 後進国 サタンの爪 着地点 マイケル・ムーア マドンナ 2004年1月21日 神山繁 キオスクじゃない 昭和感 総武線 秋葉原 傷だらけのふたり ミルクスタンド 牛乳 2004年1月18日 Derek_&_The_Dominos エリック・クラプトン デレク&ドミノス お気に召さず おニュー 真っ白 尚衣院サンイウォン 威風堂々 鼻を隠す 空気を読む 落ち着く 2004年1月16日 忍耐力養成ギプス Goodbye_Yellow_Brick_Road ものすごく犬が好きなこと 京都女子駅伝 デヴィッド・ボウイを見たか? 2004年1月17日 2017年2月1日号 チグハグ感 根性論 スワンプ LAYLA 木の上 何かいる 2004年1月20日 妄想ゲーム Favorite_Song 好きな曲 目先の楽しさ 曽根晴美 最後の晩餐 高城組組長 大川端探偵社 遺作 東映 脇役 虫干し フカフカ 飲食店全面喫煙 禁煙 大泣き 注射 2004年1月19日 血便 飲食店 喫煙者の甘え 2004年1月24日 ホカホカ 公的禁煙化 禁煙化で店が廃業 喫煙者のマナー 歯形 Shi-Ba(3月号) 参議院議員 迂闊 ボコボコ ツイート 誰か来た? 2004年2月12日 2004年2月13日 飼い主それぞれ 九十九里 向島 飼い主オフ はまぐりオフ 創作インド料理 2004年2月14日 コップ 2004年2月11日 大量廃棄 食品廃棄 着ぐるみ 2月7日 自家製ちりめん山椒ごはん 2004年2月9日 賞味期限 食品期限 声優の声 非日常的 テレビに見入る 音楽を聴く 2004年2月10日 お留守番 ザ・タイガース サザンオールスターズ ボンジョビ ルパン三世 ジャーニー 井の頭公園 pepacafe_FOREST ヴァン・ヘイレン クイーン バラード 染みる K-POP WAX もんじゃ 2004年2月17日 2004年2月16日 3ショット トータル・アルバム 2004年2月15日 GS 沢田研二 ヒューマン・ルネッサンス タイガース  間寛平 お手軽感 ナンプラー タイ屋台料理 銀座ファイブ店 ティーヌン サラダ おばんざい 大関力士碑 いか・たらこクリーム・スープスパゲッティー 豆撒き式 月始め参り 2004年2月1日 始動 2004年2月2日 風見柴 ジャン・ルイ・トランティニアン 戦争 ロミー・シュナイダー 離愁 お手つき攻撃 マリモ 味噌汁(玉子入り) 産婦人科医 2004年1月31日 怪しいアプローチ 終日禁煙 三色丼 モデル りんぞー 接近 性癖 着替え オムツ替え 保育士 同性愛者 変態 不倫愛 2004年2月4日 我三昧 シジミ汁 2004年2月7日 イカフライライス 週刊ポスト ビートたけしの21世紀毒談 2004年2月8日 海辺の土手コース お揚げさん 特性きつね 京うどん きつね庵 長い朝散歩 小学館 テレビじゃ言えない なりすまし 連絡帳 メール連絡もダメ 直電はダメ 春の気配 学校への連絡はFAX 他人との関わり 2004年2月5日 ムツゴロウ動物王国 ビートたけし 不幸な犬の事件 2004年2月6日 気が抜ける 2004年2月18日 雨の日ルック 2004年5月4日 叱る 野党不信 毎日新聞 喫煙可 人事院指針 葛藤 遊ぶ時は一生懸命 販売用 レンタル用 制作陣 根の深い木 楽しい 六龍が飛ぶ 大臣執務室 受動喫煙対策 きよえ おろしそば おしょうずあん 清恵 御清水庵_清恵 御清水庵 ミニソースかつ丼 2004年5月2日 2004年5月3日 オネエチャン柴 アジのたたき お仲間 レギュラーじゃない 更に続編 2004年5月5日 つらさ倍増 大福を思う イヤな思い出 水下痢 2004年5月8日 絶不調 2004年5月9日 低姿勢 迷子犬情報 努力は認める リツイート 拡散希望 ペッタンコ Twitterのテク 東京湾 初めての海の上 咥えやすい 公営競馬 空気抜け気味のボール 2004年5月6日 ゴールデンウィーク最終日 全員集合 南関東 船橋競馬 悪魔の所行 2004年5月7日 20レース ドリームリレー 大井競馬 断固受け入れ拒否 地方自治体でも 物思い ピッタリサイズ 意思表示 2004年4月25日 導入推奨 便利さに潜む危険 グレッグ・レイク フェイセズ 2004年4月27日 黒パグ 日本犬と四季 獲物 2004年4月26日  日本獣医師会 どこにあるのか? 危険度高し サービスの温度差 犬のお待たせ場 スーパーのサービス ジャンバラヤ 2004年4月23日 朝散歩 開店前 御法度 犬・マイクロチップ 砂場 2004年4月24日 懐かしい場所 大福掲載 散歩の達人 噛み具合 GW カップ プラスティック ドッグラン 2004年4月30日 ホリデー・ランチ 2004年5月1日 認知度の低さ 受け入れ拒否 施行1年経過 障害者差別解消法 房総 爆睡王 辰巳の森海浜公園 海遊び テレビのチカラ 2004年4月28日 東野圭吾 美奈福 日本橋・人形町 新参者 お待ち3人衆 スーパーの前 対象277犯罪 2004年4月29日 グループ部屋 SNS離れ ご褒美オヤツ あざとい 投稿日付 共謀罪成立 歴史的悪日 相撲 2004年5月20日 飲料水 買って飲む 記憶に残る日 終わった感 Holly_Maniatty Sign_Language_Interpreter 手話通訳士 Rap 2017年5月19日 平成29年5月19日 時のなせる業 新鮮 愛情 Tony 勢い LIVE_73 ゆとり 時の経過 元野良犬 泣ける 駅構内 見慣れた風景 迷惑オーラ 2004年5月19日 涙腺崩壊 Snoop_Dogg 層が厚い 気づいてもらえず 四季崩壊 2004年5月25日 激しい遊び 暑い季節 2004年5月24日 日本犬 @chabezou 横綱 2004年5月26日 ジャンボ 大盛 日本らしさ こたつむり 舌が出ている 探している 動物 理解 大先輩柴犬 キョンちゃん逝去 アメリカ音楽シーン 2004年5月21日 自ら死なない ゴルゴ13 2004年5月23日 誰か 2004年5月22日 911都市伝説 黄金の犬 迫力 2004年5月18日  優しい味 どれも大福 ブサ顔 関わらぬが真 2004年5月12日 550円 本調子ではない   癒し けな毛 アニサキス 2004年5月13日 貴賤 見返り シャンプーの日 胸前が真っ白 2004年5月11日 だいぶ暑い 2004年5月10日 一人走り PECO ペコ 善行 善意 柴仔犬 仔犬 子犬 2004年5月14日 留守番 2004年5月17日 都内巡り 退院祝い 病みあがり つくね焼鳥丼 2004年5月16日 フレブル三昧 正義感 ご意見番 裁き 裏ばかり ネタ 追求 スタンダード・ダックス ダイ 松坂屋 ターゲット GINZA_SIX 飼い主複雑 聞きわけ 声がけ アジアのショッピングセンター 吹き抜け ノンビリ 週末 2004年5月15日 本の数は多い アートフロア ピリ辛 ケイジャン料理 ホの字 画びょう入りどら焼き 2004年3月30日 ユッケ  犬肉? 画鋲 舎人公園 放し飼い禁止 2004年4月3日 オフリード ハイリスク・ハイリターン 悪意ある好意 2004年3月31日 ケ? ユッケジャン ブレがない 食の繋がり 定番 マンネリ 薬浴 バーニーズ 2004年3月28日 クォーターパウンド・ホットドッグ 2004年3月29日 お花見 飲み物付き 180円 ホットドッグ セッター シーフードミックスフライ定食 Mike_Garson ホタテと青菜の旨煮そば 文藝春秋 二足歩行の犬 犬側からの観点 犬のいる人生、犬のいる生活 喫煙率 築地名物 鳥インフルエンザ 番組告知ツイート 2004年4月4日 NHK・BSプレミアム ガラケー オンニョ 2004年4月2日 非情? イカ 2004年4月1日 ホタテ サケ カキめし カキ 好みの枝 パスワード・ロック Apple社拒否 正論? 遺族の希望 死者の端末 解除依頼 ヘドロ 匂いづけ 二宮金次郎像 給食 ながらスマホ 画期的 ながらスマホ用信号 ボーデグラヴェン 除夜の鐘 挨拶廃止 好みの味噌汁 2004年3月23日 女性陣からは不評 洋服 ネット繋がり 2004年3月22日 思い出せない 柴仲間 雨散歩  2004年3月20日 有楽町線 もち明太もんじゃ ドラキュラ お仕事ナシ 豊洲市場問題 追求側の役不足 2004年3月21日 横綱と幕下力士 地方自治法100条 百条委員会 束の間の晴れ 世が末 2004年3月25日 大福ウェア どんたく 使わない言葉 そんたく 政治の場 散歩コート 2004年3月26日 蒸し茄子と唐辛子のすり鉢和え 2004年3月27日 中国セロリと押し豆腐冷製 黄ニラ焼きそば 東京チャイニーズ一凜 一凜 忖度 印象操作 生きていたくない 敗北感 死にたいわけではない 真面目は損 証人喚問 正直は損 棚の上 2004年3月24日 トランプ 大統領 政治家 ミニ・チャーハン 黒フレブル 戦略本 戦略本部 キャッチ 変な顔 バツ悪い 2004年4月15日 チキンキーマ ダル 2004年4月16日 ベランダ 茹で時間20秒 イス取りゲーム 愛犬と2人住まい さぎさわめぐむ 見慣れぬ景色 鷺沢萠 カレ-2種 カマルランチ ニューカマー 桜の思い出 新年度 2004年4月13日 サクラ ドキドキ 福は秋薊号 レス下手 2004年4月14日 接種率 名前変更 亀レス 指名手配犯 運の目減り 2004年4月17日 枚方市 宝塔 ペット霊園閉鎖 ガリバー 飲食店禁煙化 2004年4月21日 犬社会 ウンザリ 感じてる? メキシカン アウェー感 2004年4月22日 ペット経済 ペット後進国 見おろす 2004年4月20日 2004年4月19日 2歳の誕生日 ボールに集中 キラキラ目 2004年4月18日 散歩模様 生後732日 福と親戚関係 跳ぶガッちゃんと大福 ピンク色のお腹 贔屓目 フェルト作品大集合 寄合処 2004年4月12日 主流 2004年4月7日 四季の食べ物 独立記念 音楽誌 一点もの カメラマン 四季の景色 自然治癒力 ASTROBOY 設計図 トビオ 天馬飛雄 鉄腕アトム 天馬午太郎博士 パネル ヨダレ まぐろとしらす スベった 二色丼 弁当販売 近所 たぶん老舗店 二度目はナシ 2004年4月5日 皮膚障害 シャンプー後 SPOT血液検査 2004年4月6日 菜の花 串カツ定食 2004年4月8日 日保 縁のない世界 日本犬保存会・千葉支部 2004年4月11日 深川 日テレ 奥村典子 個展 守口市 5月22日(月) ゆめどの 季節の中の柴っこ展 創作粘土人形 片島三郎 前略おふくろ様 オシッコの匂い 狼の匂い 種族の認識 2004年4月9日 来る犬 去る犬 潮風の匂い 2004年4月10日 いせ辰 芋甚 千駄木 根津 上野 老舗