BECK BOGERT & APPICE / 1973.5.14 / 日本武道館

ベック、ボガート&アピス(以下BBA)が来日した1973年も来日ラッシュだった。3月にはイエスとユーライア・ヒープの神と悪魔の対決。4月にはデヴィッド・ボウイ、そして5月には勢いガンガンのハンブル・パイとBBAが来日している。
BBAのアルバムを1枚しか出していないのに、いきなり武道館公演というのは当時としては異例の事だった。それだけ関心が高かったということであろう。

ロッド・スチュワート、ロン・ウッドらとのジェフ・ベック・グループを解散した後、同じくヴァニラ・ファッジを辞めたティム・ボガート(ベース)とカーマイン・アピス(ドラム)と新グループ結成を考えていたがベックの交通事故でそのプランは白紙になっている。ちなみにその時、ボーカルに予定されていたのは、ロッド・スチュワートであった。
ベックの交通事故で取り残されたボガートとアピスはカクタスを結成する事になる。にわかバンドらしくサウンドの方はヴァニラ・ファッジがよりハードになったような音でしかなかった。(個人的には嫌いでなかったが)
ベックの方も回復したものの2人が別のバンドを結成してしまったので、自らのバンドを結成する。いわゆる2ndジェフ・ベック・グループである。ドラムにコージー・パウエル、キーボードにマックス・ミドルトンを起用したこのグループは結果的に2枚の名作アルバムを残して解散する事になる。この頃からベックのサウンドは、ブラック音楽の下地を持ったフュージョン・サウンドの色を残している事から、このバンドでの経験はのちのベックにとって大きな糧となったに違いない。
ベックのバンド解散、カクタスの解散で、ついに満を持した感じでBBAが結成される。ただ大きな誤算がもう一つあった。ボーカルに予定していたロッド・スチュワートがロン・ウッドと結成したフェイセスで大きな成功をあげていたため不参加だった事だ。従ってトリオでのバンド結成となる。

スタジオ録音のデビュー・アルバムを引っさげて来日したBBAは超満員の武道館で演奏を開始した。オープニングはシングル・カットもされて耳慣れたスティービー・ワンダーのカバー曲『迷信』。当時、初めて耳にするトーキング・モジュレーターの音で会場を盛り上げる。ベック以降、日本人のギタリストもトーキング・モジュレーターを使用する事が多くなったが、クチにチューブを咥えてギターの音とユニゾンで声で音を出し、それをイコライズィングするわけだが、このエフェクトの最大の欠点はやたら「唾液」が出てくることだ。従って、痴呆のようにヨダレだらけでギターを弾いているギタリストがたくさん出現した。その点、ベックは美しく演奏していたあたりも名ギタリストのいわれかもしれない。

曲は、曲目表にもあるように、デビュー・アルバムからはほとんど演奏し、更には、ジェフ・ベック・グループ時代の曲まで演奏した。懸念されたボーカルもカーマイン・アピス、ティム・ボガートがハイトーン・ボイスでうまくこなしていた。
武道館のステージ上にメンバーが3人だけというのは見た目ではかなり珍しく、存在感のあるバンドであった事は確かだ。ただ、メンバー3人というといまだにクリームの幻影があった時代なので、自然にクリームより「すごい」ことを期待していたファンが多かったようだ。
確かにテクニックにおいてはクリームに負けないものは持っていたのだが、どうにもスリルに欠けていたような気がした。ソツがないというか、ジャム・セッションを見せられているような感じというのが、一番適切な表現のような気がする。
とにかく音がでかいというのもBBAの印象である。しかも全員、楽器に関してはリーダーで、リード・ギターVSリード・ベースVSリード・ドラムという感じ。それが一番如実に現れた曲が『レディ』。ライブ・レコードで聴いても分かるようにとにかく喧しい。でもカッコいい。困ったもんだ。
アンコールの『プリンス』から『ショットガン』へのメドレーは彼らが通過してきた音楽を全て感じられるほど素晴らしい演奏であった事はぜひ伝えるべきだと思っている。

最後に、クリーム、GFR、BBAなどロック最強トリオと呼ばれるグループは多いが、私が最強トリオと呼べるのは残念ながらクリーム、GFRでもなくBBAでもなく、ポリスだと信じている。

■演奏曲目■

-迷信
-君に首ったけ
-ジェフズ・ブギー
-ゴーイン・ダウン
-ブギー
-モーニング・デユー
-スイート・スイート・サレンダー
-リヴィン・アローン
-アイム・ソー・プラウド
-レディ
-黒ねこの叫び
-ホワイ・シュド・アイ・ケア

アンコール:
-プリンス〜ショットガン
関連記事

DEEP PURPLE / 1972.8.17 / 日本武道館


DEEP PURPLEが初来日公演を果たした1972年も前年1971年の外タレ元年に劣らずの来日ラッシュだった。その年に来日公演をしたのは、CCR、PINK FLOYD、TEN YEARS AFTER、PROCOL HARUM、EL&P、T・REX、3 DOG NIGHTなど。

DEEP PURPLE公演は夏のど真ん中、8月17日に東京は武道館で1回、大阪はフェステイバル・ホールで2回だったと思う。大阪フェスティバル・ホールでロックのコンサート、しかもDEEP PURPLE、今からは想像もできないでしょ?
来日した時のDEEP PURPLEは第2期とされているメンバーで、ボーカル:イアン・ギラン、ギター:リッチー・ブラックモア、ベース:ロジャー・グローバー、ドラム:イアン・ペイス、キーボード:ジョン・ロードの5人。
ちょうど「MACHINE HEAD」をリリースした後の来日であった。

会場の武道館は大物ロック・バンドのコンサート会場としては定番になりつつあったが、当時の我々からすると大きすぎて、イヤなところという感じがしていた。
というのは、翌年来日するDAVID BOWIEやHUMBLE PIE、YESなんかは渋谷公会堂クラスでコンサートをしているからだ。
そう言えば、最近の部類に入ってしまうが、U2も初来日コンサートは渋谷公会堂だったっけ。

DEEP PURPLEは『MACHINE HEAD』で日本でも大ブレイクしたものの、イメージ的にZEPPELINより格下、という感じが当時あったような気がする。そんな評判をいっぺんに吹き飛ばしてしまったのが、この来日公演であった。この時の公演は後に『IVE IN JAPAN』としてリリースされたことはあまりにも有名だが、当時は日本だけの限定発売だったと記憶している。

会場は何故だか分からないが、なんとなく優等生的なロック・ファンが多かったような気がする。
そんな違和感もオープニングの『HIGHWAY STAR』のイントロがフェード・インぎみに鳴り響いたとたんにどこかへ行ってしまった。それほど、この公演のオープニングはインパクトがあった。おそらく、私が見た数多くのロック・コンサートの中でも1番かもしれないと思うほどの印象だった。たまに『LIVE IN JAPAN』を聴くとその当時を思い出し、聴くたびに鳥肌が立つほどだ。
ジョン・ロードのキーボード間奏のあと、ついに待っていたリッチーのギター。アルバムで聴きなれたフレーズが聴こえてくるともう涙、涙。武道館中こだまするリッチーのギターは滑らかでかつストロング。これほどストラトの特性を知り尽くしているギタリストはそうざらにはいないと言う感じだった。
興奮の1曲目が終わると間髪いれずに2曲目『SMOKE ON THE WATER』。ギター小僧なら誰でも一度は弾いてみたあのフレーズ。もう興奮状態はすでにレッド・ゾーンを突破して右にくっついたままという感じだ。
3曲目『CHILD IN TIME』へと続き、さらに興奮のレベルは下がることはない。『
STRANGE KIND OF WOMAN』『LAZY』そして最後の曲『SPACE TRACKIN'』まで、演奏のレベルは非常に高く、ややもするとありがちな、ステージ上のメンバーのみが楽しんでいるだけのような無用に長いソロ演奏もなく、素晴らしいの一語に尽きるものであった。
アンコールは、シングルでおなじみの『BLACK NIGHT』『SPEED KING』。演奏時間自体は1時間半に満たないものだったと思うが、満足度は100%を軽く超えるものだった。DEEP PURPLEはこの来日公演でZEPPELINとも肩を並べ、確実に大物としてこれ以降君臨していく事になる。

リッチーがギター・パフォーマンスでストラトを叩きつけ、壊すシーンがあったのだが、壊す直前に一度、ステージ上から消えるのだが、実はギターをチェンジしていて、壊したのは、フェルナンデスのストラト・モデルだったなどという噂も後日談としてでていた。
翌、73年にも同じメンバーで再来日を果たしたDEEP PURPLEは、武道館で2公演を予定していた。しかし初日の公演で、演奏曲目が、前年と同じことで怒ったファンがアンコール前の曲で放ったロケット花火がリッチーの足元で爆発し、それに怒ったメンバーがアンコールをしなかった。そのため大暴動となり、武道館の蛍光灯は槍投げの槍のごとく投げつけられ、アリーナのパイプイスも投げられ山積み状態、壁の時計も引きちぎられるという暴動が起こり、翌日の公演は中止という事件にまで発展した。

■演奏曲目■

-ハイウェイ・スター
-スモーク・オン・ザ・ウォーター
-チャイルド・イン・タイム
-ミュール
-ストレンジ・ウーマン
-レイジー
-スペース・トラッキン

アンコール:
-ブラック・ナイト
-スピード・キング
関連記事

LED ZEPPELIN / 1971.9.23 / 日本武道館


この年、1971年は「外タレ元年」と言っていいほど、今まで考えられないぐらいの注目ロック・バンドが来日コンサートを行なったと記憶している。2月にBST、4月にはFREE、6月にChicago、7月にGFR、8月はPINK FLOYD、そしてツェッペリンの後にはELON JOHNも来日している。
どうして急にこんなことになったのかは、当時高校生だった自分にはわからなかったが、全部見るにはお金がなさすぎたという悩みがあったことだけは記憶している。
当時のチケットの値段はS席が2800円ぐらい、C席まであってそれが1500円だったと記憶している。チケットの発売方法は今のようにオンライン・システムなどないので、全てプロモーターの事務所とプレイガイドでの手売りのみ。従って、渋谷のプレイガイドでは売り切れたが、上野のプレイガイドにはまだ売れ残っている、よし!そっちに行こうなどという状況がしょっちゅうだった。今、改めて思い出してみると間抜けな話のようだが、その時代を反映しているエピソードのひとつでもある。

でツェッペリンだが、4枚目のアルバム、俗称『4シンボルズ』をリリースした直後の来日だったようだ。来日2ヶ月前に当時の後楽園球場でグランド・ファンク・レイルロード(GFR)が雨の中でのロック・コンサートという一般新聞にも掲載されるようなムーブメントを起こしていただけに、ツェッペリンへの期待感は大変高かった。

コンサートは、当時、唯一ツェッペリンのライブを聞くことができる海賊盤『ブルベリーヒル』と構成はほとんど一緒。
オープニングは、3枚目のアルバムからシングル・カットされた『移民の歌』。この曲以外にオープニングは考えられないというほど、印象的なフレーズが鳴り響くと、ステージ上には、ミュージック・ライフで見たままの4人が立っていた。ジミー・ペイジは、それで弾けるのと言うぐらいストラップを長くして低い位置でギターを弾きまくる。ロバート・プラントはローウエストのジーンズにボレロ風のジャケットを素肌にまとっている。ジョン・ポール・ジョーンズはひかえめに黙々とベースを弾いている。ジョン・ボーナムは暴れん坊のごとく体全体でドラムを叩く、全く想像していたとおりの絵ずらであった。2曲目の『ハートブレイカー』へは切れ目なく、メドレーで突入。その後、ブルースを基調にした『貴方を愛し続けて』へと耳慣れた曲が続く、今思うと音はかなり悪かったんだと思う。ベースの音がモコモコ武道館中を包んでいたような気もする。
ちょっと意外だったのが、ジミー・ペイジの演奏がかなり荒かったことだ。しかもミス・トーンも多かった。これがライブの醍醐味さなどと無理に納得していたものの、翌年の再来日の時もそうだったこととあわせ考えると、これは何だったんだろう?もしかしてあまり巧くないのでは?とも考えられる。
更に、『幻惑されて』ではジミー・ペイジのギター・サイケデリックな世界が展開されるのだが、ギター・ソロが延々30分近くも続くと贔屓目で見ていても辛くなってしまう。それは『モビー・ディック』でのジョン・ボーナムのドラム・ソロでも同様のことが言えてしまう。
しかし、『天国への階段』でのジミー・ペイジの12弦と6弦のツイン・ネックのギターは、これまた写真で見た通りのカッコよさだったし、『胸いっぱいの愛を』でのロバート・プラントとジミー・ペイジの絡みは何のかんの言ってもやはり存在感がある。

トータルで考えると、ツェッペリンのコンサートが目の前で行なわれているという夢のような現実に本来、粗(アラ)と思えるようなものも全て帳消しされてしまったと言うことなのかもしれない。
ちなみにこの日の演奏時間は、アンコールの『ミュニケーション・ブレイクダウン』まででおおよそ2時間。次の日は2時間半、チャリティーとして行なわれた広島でのコンサートは3時間半だったようだ。
今考えると、ツェッペリンのコンサート自体は、それほどスゴイものではなかったのかもしれない。しかし、長い目で考えると、記憶に残るコンサートであったことだけは事実である。

■演奏曲目■

-移民の歌
-ハートブレイカー
-貴方を愛し続けて
-ブラックドッグ
-幻惑されて
-天国への階段
-祭典の日
-ザッツ・ザ・ウェイ
-カリフォルニア
-モビー・ディック
-胸いっぱいの愛を
〜ハロー・メリー・ルー
〜ア・メス・オブ・ブルース
〜ハウ・メニー・モア・タイムス
〜ユー・シュック・ミー
〜胸いっぱいの愛を

アンコール:
-コミュニケーション・ブレイクダウン
関連記事
七曜表
11 | 1999/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
近頃の記述
記述の一覧(過去記事)

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先
過去の記述
QRコード
QR
お立ち寄り
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも言いますか・・・。
ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。
福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。
寄合処
昔ながらの「掲示板」。写真も貼れますのでご利用ください。
大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。
Instagram
大福の足跡を当時の写真で振り返っています。

タグ一覧

鮭焼 玉子焼き 町中華 吉祥寺本店 オクニョ 友達犬発見 過労犬 アレックス ゴールデンウィーク レイン オランダ 玉ネギ  森友学園 我慢 束の間 お疲れモード きくらげ・肉・玉子炒め 食雑感 手強い 枝っぷり 築地店 小鉢 丸メンチ 銀座さとう まぐろ ルネ 迎撃 飼い主の役目 蕎麦 大関力士碑 ロミー・シュナイダー 2004年2月1日 産婦人科医 オムツ替え ジャン・ルイ・トランティニアン 離愁 味噌汁(玉子入り) 戦争 始動 月始め参り 風見柴 豆撒き式 いか・たらこクリーム・スープスパゲッティー 2004年2月2日 お手つき攻撃 マリモ 連絡帳 イカフライライス 2004年2月7日 ビートたけしの21世紀毒談 週刊ポスト テレビじゃ言えない 小学館 我三昧 シジミ汁 きつね庵 京うどん 長い朝散歩 海辺の土手コース 2004年2月8日 ビートたけし ムツゴロウ動物王国 直電はダメ メール連絡もダメ 学校への連絡はFAX 春の気配 2004年2月4日 なりすまし 着替え 2004年2月6日 不幸な犬の事件 気が抜ける 2004年2月5日 他人との関わり 不倫愛 終日禁煙 英国服 お腹を守れ 2004年1月25日 誰か発見 復調 2004年1月29日 ワンタン ワンタン麺 マイケル・ムーア 着地点 マドンナ 有名人 反トランプ派 就任反対デモ 2004年1月27日 守り神 脳天気 ホワイトカラー 日本語吹替 アテレコ 2004年1月23日 何を見ている ブルーカラー UFOの目撃者 置き石 持ち去り 貼り紙 親子丼しお二号 親子丼しお 後進国 サタンの爪 りんぞー 三色丼 モデル Shi-Ba(3月号) 歯の痕 歯形 お揚げさん 2004年1月31日 変態 同性愛者 性癖 接近 怪しいアプローチ My枝 カレー味チャーハン TZ-802型 ステイタス 平野ノラ 昔の携帯電話 2004年1月26日 枝の旋回 バブルの象徴 銀座1丁目 お店 大好き好き好き 2004年1月28日 キャベツと大根菜のきざみ 串・チキンランチ 保育士 着ぐるみ やっかみ 2004年2月20日 大根役者 進撃の巨人 水原紀子 A_LIFE 2004年2月22日 海を見て 懐かしい動作 固定電話 それぞれの秋 緊張 何を 2004年2月23日 木村拓哉 飼い主の寛容さ ヤワラカイヤキソバ アイドル 上海麺 バトミントン 2004年2月18日 バドミントン 芸能界引退 出家 2004年2月19日 野次馬 角兵衛獅子 芸能界の体質 嫌いな仕事 5万円の給料 山田太一 木下恵介 可哀想 置物 2004年2月24日 どういう意味? 表示 何のため? 景色を見る プレミアムフライデー 有給 曖昧な表現 雇用促進 公共工事 最終金曜日 午後3時終わり 停留所 ハーフメンチカツ タイ料理 トムヤムソースパクチー炒飯 八重洲 ジャスミンタイ八重洲店 2004年2月21日 平和 丸善 お多幸 大卒初任給 アビーロード 給料 出家引退タレント ネットサーフィン 染みる バラード ツイート ボコボコ 2004年2月12日 誰か来た? 2004年2月11日 コップ 参議院議員 迂闊 はまぐりオフ 飼い主オフ 2004年2月14日 創作インド料理 2004年2月13日 飼い主それぞれ 非日常的 声優の声 2月7日 青春 2004年2月9日 自家製ちりめん山椒ごはん おばんざい サラダ 大量廃棄 食品廃棄 音楽を聴く テレビに見入る 2004年2月10日 食品期限 賞味期限 九十九里 向島 ジャーニー ルパン三世 pepacafe_FOREST 井の頭公園 3ショット 2004年2月16日 サザンオールスターズ ボンジョビ WAX K-POP 2004年2月17日 似て非なるもの ヴァン・ヘイレン クイーン ナンプラー お手軽感 沢田研二 GS タイガース ヒューマン・ルネッサンス お留守番 ザ・タイガース トータル・アルバム 2004年2月15日 銀座ファイブ店 タイ屋台料理 ティーヌン 間寛平  特性きつね 文字本 平成29年 2004年1月1日 2017年 2003年総括 2003年12月31日 影は生きている証 おせち料理 2004年スタート 正月終了 普通の週末 2004年1月3日 小顔 ご利益 2004年1月2日 青山レイニィ・ナイト 恋の山手線 2003年12月30日 いつも見ている 揚げ茄子ポン酢 豚キムチ炒め 生活の糧 推進派 東京レコード散歩 鈴木啓之 ジャケ写 ウィークエンドの公園通り シングル盤 昭和歌謡 東京ニュース通信 元気に遊ぶ 2004年1月5日 その後更に上昇 落ち着いた 犬茶屋.com ネットの犬サークル カレーライス 2004年1月6日 定位置 初夢 後編 平成 前編 64(ロクヨン) 2004年1月7日 申告必要 不親切 初遊び ブラック・スキャンダル 2004年1月4日 鬼の居ぬ間 追いかける側 日常の始まり Black_Mass ジョニー・デップ オプション 見直しが必要 Softbank光 ジャック・ニコルソン ディパーテッド 簡単には反対できない の風潮 低調 新しい洋服 2003年12月25日 たかなチャーハン ニラ玉 野菜味噌そば 英国風 中村吉右衛門 シングルチャートTOP20 ラインナップ オリコン ジプシー・キングス 鬼平犯科帳 池波正太郎 一年中冷やし中華 冷やしそば クリスマスカード 町内の小学生 2003年12月23日 現物メニュー 記憶の中の宝物 肉キャベツの味噌炒め フェルトガッちゃん お馴染みのポーズ 首飾り 南青山 2003年12月24日 クリスマス・プレゼント ペシッ! 顔ぶれ 2003年12月26日 深川不動尊 ダバインディア 2003年12月28日 日本初の現金自動支払機 女性30才定年制無効 アポロ11号、人類初の月面着陸 南インド料理 三色カレー 廃止論 原発=悪 ゼロ 2003年12月29日 食べログ 赤頭巾ちゃん気をつけて ダイシンボルガード ワム Wham! George_Michael ジョージ・マイケル 飼い主親睦会 刺身 ラスト・クリスマス Last_Christmas 雪景色 満喫 2003年12月27日 エイズ Careless_Whisper 2004年1月8日  大泣き 飲食店全面喫煙 注射 血便 LAYLA 2004年1月19日 禁煙 飲食店 2004年1月24日 ホカホカ 公的禁煙化 禁煙化で店が廃業 喫煙者の甘え 喫煙者のマナー スワンプ エリック・クラプトン キオスクじゃない 昭和感 総武線 秋葉原 傷だらけのふたり ミルクスタンド 牛乳 2004年1月18日 デレク&ドミノス Derek_&_The_Dominos お気に召さず 真っ白 おニュー フカフカ 虫干し 2004年2月25日 気づいたこと 紙本 電子本 2004年1月21日 一緒に登校 古本 廉価本 手でちょっかい 焼きしゃぶ リード奪う 2004年1月22日 背伸び 神山繁 高城組組長 木の上 何かいる 2004年1月20日 妄想ゲーム Favorite_Song 好きな曲 目先の楽しさ 曽根晴美 大川端探偵社 最後の晩餐 遺作 脇役 東映 尚衣院サンイウォン 威風堂々 タフィ しめ飾り 2004年1月11日 岡埜栄泉 銀座店 トリオ・ザ・大福 2004年1月12日 空き缶 開店  2004年1月13日 お年賀  大きすぎる 熟睡 自分のハウス 菅広文 ロザン 京大芸人式日本史 大島 棒フェチ 崎陽軒 宇治原史規 2004年1月9日 2004年1月10日 安住の地 ボウイ特集 没後1年 いつもの公園 ショウ かとう 鼻を隠す 空気を読む 落ち着く 2004年1月16日 忍耐力養成ギプス Goodbye_Yellow_Brick_Road ものすごく犬が好きなこと 京都女子駅伝 デヴィッド・ボウイを見たか? 2004年1月17日 2017年2月1日号 チグハグ感 根性論 できれば関わりたくない 最低レベル Free Heartbreaker 里親 運命 2004年1月14日 ドヤ顔 ポール・コゾフ アンディ・フレイザー 思い出の道 携帯屋 眩しい 走る姿 2004年1月15日 Rolling_Stone 中国侮蔑 串カツ定食 2004年4月8日 設計図 ASTROBOY 天馬飛雄 トビオ 来る犬 去る犬 潮風の匂い 2004年4月10日 狼の匂い オシッコの匂い 2004年4月9日 種族の認識 天馬午太郎博士 鉄腕アトム パネル 一点もの ヨダレ シャンプー後 SPOT血液検査 皮膚障害 カメラマン 音楽誌 四季の景色 自然治癒力 四季の食べ物 2004年4月7日 独立記念 上野 根津 主流 2004年4月12日 5月22日(月) 守口市 季節の中の柴っこ展 ゆめどの サクラ ドキドキ 福は秋薊号 レス下手 桜の思い出 ニューカマー 2004年4月13日 新年度 創作粘土人形 個展 片島三郎 サブ 前略おふくろ様 芋甚 千駄木 いせ辰 深川 日テレ 縁のない世界 奥村典子 日保 日本犬保存会・千葉支部 2004年4月11日 2004年4月6日 菜の花 セッター シーフードミックスフライ定食 2004年4月3日 放し飼い禁止 ハイリスク・ハイリターン オフリード カキめし カキ 好みの枝 パスワード・ロック 2004年4月1日 イカ サケ ホタテ 2004年3月31日 悪意ある好意 ケ?  ユッケジャン お花見 飲み物付き 2004年3月29日 犬肉? ユッケ 画鋲 舎人公園 画びょう入りどら焼き ホの字 2004年3月30日 解除依頼 死者の端末 戦略本 戦略本部 番組告知ツイート 鳥インフルエンザ NHK・BSプレミアム 2004年4月4日 近所 たぶん老舗店 二度目はナシ 2004年4月5日 スベった まぐろとしらす 弁当販売 二色丼 オンニョ ガラケー 2004年4月2日 犬側からの観点 非情? 正論? 遺族の希望 Apple社拒否 犬のいる人生、犬のいる生活 二足歩行の犬 喫煙率 築地名物 ホタテと青菜の旨煮そば Mike_Garson 文藝春秋 指名手配犯 亀レス 黒パグ 大福掲載 2004年4月27日 日本犬と四季  獲物 散歩の達人 日本橋・人形町 2004年4月28日 お待ち3人衆 テレビのチカラ 東野圭吾 新参者 美奈福 2004年4月26日 フェイセズ どこにあるのか? 日本獣医師会 犬・マイクロチップ 御法度 2004年4月24日 砂場 導入推奨 便利さに潜む危険 ピッタリサイズ グレッグ・レイク 物思い 意思表示 2004年4月25日 スーパーの前 ご褒美オヤツ 認知度の低さ 受け入れ拒否 施行1年経過 障害者差別解消法 房総 爆睡王 地方自治体でも 断固受け入れ拒否 きよえ おろしそば おしょうずあん 清恵 御清水庵_清恵 御清水庵 2004年5月1日 ホリデー・ランチ 2004年4月29日 海遊び 対象277犯罪 グループ部屋 共謀罪 SNS離れ 辰巳の森海浜公園 ドッグラン 噛み具合 GW カップ プラスティック 2004年4月30日 懐かしい場所 開店前 運の目減り 2004年4月17日 イス取りゲーム 茹で時間20秒 さぎさわめぐむ 愛犬と2人住まい 2004年4月18日 散歩模様 生後732日 福と親戚関係 2歳の誕生日 2004年4月19日 キラキラ目 ボールに集中 鷺沢萠 見慣れぬ景色 カレ-2種 チキンキーマ カマルランチ 接種率 名前変更 2004年4月14日 ダル 2004年4月15日 2004年4月16日 ベランダ 変な顔 キャッチ バツ悪い 寄合処 フェルト作品大集合 ケイジャン料理 ピリ辛 メキシカン 感じてる? 2004年4月22日 アウェー感 ジャンバラヤ 2004年4月23日 サービスの温度差 朝散歩 危険度高し 犬のお待たせ場 スーパーのサービス ペット後進国 ペット経済 見おろす 飲食店禁煙化 2004年4月20日 ピンク色のお腹 贔屓目 跳ぶガッちゃんと大福 2004年4月21日 ガリバー 犬社会 ウンザリ 宝塔 枚方市 ペット霊園閉鎖 180円 ホットドッグ 肉屋 価格破壊 焼豚ライス 浅草橋 池田屋 台東区 ペリカン 戦国武将の解剖図鑑 財力 知力 人望 政治力 54人の戦国武将 武将力分布図 擬人化 色違い かけそば 豆腐の味噌漬け 大海老天丼 大海老天丼と一口そば 麻布・川上庵 川上庵 蕎麦バル 陳建一麻婆豆腐店:木場店 深川ギャザリア 2004年3月6日 ヨーカドー 陳建一 陳建一麻婆豆腐店 武力 統率力 河鍋暁斎 Bunkamura これぞ暁斎! 男女平等度ランキング 妥当? 平和度指数ランキング 歌川国芳 かわなべきょうさい ヤル気満々 2004年3月11日 2004年3月10日 ゴールドマン 春風亭昇太 藤村紀子 180ヶ国中 報道の自由度ランキング U2 BOY 偶然の出会い みかん 2004年3月7日 CoCo 巨大化 初来日 春は遠そう 交通公園 木々 2004年3月8日 渋谷公会堂 落ち着き 遊び方に変化 意外な事実 深刻な問題 カーナビ弊害 売上げ減 目配り気配り 営業妨害 裏道 抜け道 鶏インフルエンザ 西高東低 狂牛病 2月29日シャボン玉 2004年2月28日 うるう年 毒物混入 眠り シナチク ミニソースかつ丼 排除感 クビ コース変更 解雇 メンマ 2004年2月26日 2004年2月27日(金) 無垢 PLASTICS 中西俊夫 縄跳び アカデミー賞 大チョンボ プライバシー フライ盛り合わせA 芸能人 安倍夫人 私人 参議院予算委員会 2004年3月3日 マウント くぐらない 2004年3月5日 義理母 2004年3月4日 ミント 意味不明 公人 歯石 月参り Lightningケーブル保護カバー 空中浮遊 2004年3月1日 アジアなら 国力ダウン Lightningケーブル Can_Do バネ 2004年3月2日 ボールペン 100円ショップ キャンドウ 山本亜季 アクシデントその後 束の間の晴れ 世が末 2004年3月23日 好みの味噌汁 洋服 女性陣からは不評 証人喚問 正直は損 棚の上 2004年3月24日 敗北感 生きていたくない 真面目は損 死にたいわけではない 2004年3月22日 ネット繋がり 思い出せない ながらスマホ用信号 柴仲間 2004年3月21日 横綱と幕下力士 追求側の役不足 ボーデグラヴェン 画期的 除夜の鐘 挨拶廃止 給食 二宮金次郎像 ながらスマホ 黒フレブル ミニ・チャーハン 匂いづけ ヘドロ 2004年3月27日 蒸し茄子と唐辛子のすり鉢和え 黄ニラ焼きそば 中国セロリと押し豆腐冷製 薬浴 バーニーズ 2004年3月28日 クォーターパウンド・ホットドッグ 食の繋がり ブレがない マンネリ 定番 一凜 東京チャイニーズ一凜 忖度 そんたく 印象操作 大統領 政治家 トランプ 政治の場 使わない言葉 散歩コート 2004年3月26日 大福ウェア 2004年3月25日 どんたく 地方自治法100条 百条委員会 2004年3月15日 シャンプー診断 引きずらない アクシデント  2004年3月14日 申し分なし 格闘 小エビの特性マヨネーズ炒め 刀削麺ロボ 海を感じる 2004年3月16日 絶妙 出しのタイミング コース 義理母の匂い SA_Shoes ロンドンブーツ SAシューズ 走り合い 平成23年 2004年3月12日 四谷三丁目 ロック小僧 犬の鼻 利き鼻 2004年3月13日 オーツカシューズ ホソノ 2004年3月17日 カステラ 老舗 もち明太もんじゃ もんじゃ  復活 ガウガウ遊び ドラキュラ 有楽町線 お仕事ナシ 豊洲市場問題 雨の日ルック 雨散歩 2004年3月20日 2004年3月19日 DeNA 生後700日目 体重による基準 2004年3月18日 楽しみ 長崎堂 お初 誤情報 誤知識 まとめサイト キュレーション 使い回し 拡散 一人歩き 誰か来た