ダブル・ジョパディー / ネタばれ度:★☆☆ 



「ダブル・ジョパディー」が二重処罰の禁止の意味で、一度裁かれた者は同じ事件で二度裁かれる事はないということです。このタイトルの意味が分かってしまったところで、映画のストーリーというか想定についてのネタばれは、ほぼしてしまうわけです。従って、ネタばれしているところからの映画作りは相当難しいので、興味津々で見ました。

「ドライビング・ミス・デイジー」のブルース・ベルスフォード監督は、見事に娯楽サスペンスに仕上げています。やはり人間ドラマを作り慣れている監督の手腕というところなのでしょうか。
ヒロインのリビー演じるアシュレイ・ジャドが事件に巻き込まれていく過程での最初の10分ほどの中で、彼女の妻として、母としての環境、性格も表現しているし、何よりも速いテンポが素晴らしい。しかも、夫殺害の容疑での裁判シーン、刑務所内で事件の真相を把握した後、「ダブル・ジョパディー」という言葉を理解し、「ある決心」をするあたりも、ややもすると人間ドラマの部分に重きを置きすぎてベッタリした展開になってしまうところを、ざっくりと速いテンポで展開させるあたりにやはりベテラン監督の捨ててしまう(カットしてしまう)センスが感じられます。
思惑通り仮出所をはたしたリビーは、保護司のトラヴィス(トミー・リー・ジョーンズ)と出会います。ここからはリビーとトラヴィスの追跡劇が主体となって展開していきますが、アクション・シーンも見ごたえあるし、ラストに向かって進んでいくストーリーもどんどん引き込まれていく感じで全く見ているものを飽きさせません。
すっかり、映画に渋み、重みを出すために出てきたようなトミー・リー・ジョーンズには物足りない気がしないでもないですが、ヒロイン、アシュレイ・ジャドの様々な表情は久しぶりに素晴らしい演技をしていました。思わぬ拾い物をしたような満足感でした。
それと、変な邦題をつけずに原題通りに「ダブル・ジョパディー」というタイトルにしたUIPのセンスが光ります。

105分。監督:ブルース・ベルスフォード
関連記事

THERE'S THE RUB / WISHBONE ASH



ウィシュボーン・アッシュの1974年のアルバムです。
ギター・バンドは数多くあれど、ついつい忘れられがちなのがウィシュボーン・アッシュです。とりたててビッグ・セールスしたアルバムがないことと、日本の場合はレコード会社の力が弱かったことがさほど認知されなかった理由だと思います。

彼らのアルバムの中で抜群に水準の高いアルバムはこの「THERE'S THE RUB」です。アルバム・カバーは天才アート集団のヒプノシスが担当しています。アルバムは全6曲で収録時間は45分。どれもこれもツイン・ギターの音色、フレーズがいいし、歌のハーモニー、メロディーも素晴らしい曲ばかりです。オープンニングから最後の曲まで一気に聴いてこそ、このアルバムの持ち味が出るという意味ではアナログ盤よりCDの方が良いという感じがします。
イギリス出身のアーティストの歌声は、ロッド・スチュワートを筆頭に「哀愁」をおびているのが多いのですが、ウィシュボーン・アッシュのボーカル兼ベースのマーティン・ターナーの声もじゅうぶん哀愁をおびており、聴く者の気持ちによっては、悲しくせつなく聞こえる曲も少なくありません。しかも、そこにユニゾンを多用したツイン・ギターの音色ときては、涙がちょちょぎれんばかりです。
哀愁の歌声にギターの音色・・・とくればダイア・ストレイツのマーク・ノップラーを思い出す人も多いかもしれませんが、彼の場合は、バンドとは名ばかりで、本人以外のメンバーは彼のバック・アップ・メンバーとしての役割しか果たしていないので、バンドとは呼びがたいものでした。その点、ウィシュボーン・アッシュはメンバー・チェンジがあったもののバンドとして最後までツインギター・サウンドを追求していた点で大きく評価されるでしょう。
ギター・サウンドへのこだわりが出ている曲として、このアルバムのラスト・チューン「F・U・B・B」があります。約11分のこの曲はボーカルなしでのインストゥルメンタル曲です。当時ボーカルを入れないという試みはプログレッシブ系のバンド以外では大変めずらしいもので、ここにもウィッシュボーン・アッシュのこだわりと自信が感じられます。

このアルバムは、家で聴くのも良し、外で聴くのも良しの全天候型のアルバムですが、ドライブ中に(特に高速道路を運転中)聴く時は要注意です。あまりのギター・サウンドの気持ちよさにスピード・オーバーをしてしまうからです。それほどこのアルバムは聴いていて気持ちの良いものです。
関連記事

GRAND FUNK RAILROAD / 1971.7.17 / 後楽園球場


グランド・ファンク(以下GFR)の当時の日本での紹介のされ方は、世界で一番音が大きいバンド。LED ZEPPELINの前座をやり大アンコールでZEPPELINの出番がなくなった。など、勇ましいものばかりだった。デビュー・アルバムと2ndアルバムを聴くかぎりでは、それほどハードな印象を受けなかったが、3rdアルバムとして発売された2枚組ライブアルバムで噂は本当かもしれないと、興味は最大限にアップした記憶がある。それほど、このライブアルバムのできは素晴らしいものだった。

そして、いよいよそのライブに触れるチャンスがやってきた。1971年は2月にBS&T、4月にFREE、6月にはCHICAGOが来日していて、日本のロック元年と呼べるような年であった。GFR来日後はPINK FLOYD、LED ZEPPELINも来日するわけだからまさにロック元年であったのだと思われる。
そのGFRの来日コンサートは、なんと後楽園球場で行われるとあって、期待はますます高まった。今でこそスタジアムでのコンサートは当たり前であるが、GFRの後楽園球場コンサートは史上初と言えるものだったと思う。なにしろ、あのBEATLESでさえ、武道館だったし、GFRの後に来日するLED ZEPPELINも武道館でのコンサートだったのだから、GFRのすごさが分かると思う。
ちなみに当時のスタジアム・コンサートはスタンド席のみで、現在のようにアリーナ席はなかった。ステージは、セカンドベース近辺に作られたので、客席まではかなりの距離があり、今考えるとおおよそ間抜けな感じもするが、当時としては画期的だったのだ。

当日は、前座として、日本の女性ロック・シンガー、麻生レミとカナダのロック・バンド、マッシュマッカーン(ちょうど一発ヒットの『霧の中の二人』というのがタイムリーに流行っていた)がGFRを盛りあげる?はずだった。
しかし、実際にGFRを盛りあげたのは、前座の2組ではなく、自然の気象状況だった。星さえ見えていた空が、マッシュマッカーンの最後の曲あたりで、急に暗雲が立ち込めてきたのだ。そして、マッシュマッカーンの曲が終わる頃には、雷をともなった豪雨となってしまった。
本来であれば、20分程度のインターバルでGFRがヘリコプターで登場。というような演出が考えられていたようだが、30分、40分たっても、GFRは出てこない。そうこうしているうちに、会場内に、中止の噂が流れ始め、にわかに客席が騒がしくなってきた。それまで緊張感のなかった報道陣にやっと活気が出てきて、観客をカメラに収めたりし始める。
そして、1時間を経過した頃、「暴動」という雰囲気が客席に伝わってくる。なんでも、入れない客1200人がゲートをこじ開け侵入しようとしているという話が伝わってくる。イヤ〜な雰囲気が立ち込めてきた時、場内に当時の人気DJ、糸居五郎の声でアナウンスが流れる。「皆さん、グランド・ファンクは必ず、演奏をやると言っています。もうしばらく待ってください」もうこれで場内は一気にヒート・アップ。映画「ウッド・ストック」の一場面のようにどこからともなく「No Rain、No Rain」の声が聞こえ、スタジアム中に伝染し、大合唱となる。

マッシュマッカーンの演奏終了後、1時間半が経過。雨は全く降りやむ様子はないが、ついにGFRの登場となる。1塁側ダッグアウトから見慣れた3人が出てくる、マーク・ファーナーはすでに上半身裸で登場。ドン・ブリュワーはアフロ・ヘアーで長身。メル・サッチャーは思ったより華奢な感じだ。
耳をつんざく、とまではいかなかったが、雰囲気的にはじゅうぶんそんな感じに思えてしまうほどの自然現象による演出効果であった。
演奏は、ライブ・アルバムと全く同じ構成で進んでいく。オープニングは『Are You Ready?』、ハイライトはやはり『Heartbreaker』。会場全体で「ハートブレイカー」の大合唱。そして最後の曲、アニマルズのカバー曲『孤独の叫び』で興奮は最高潮となる。
演奏時間は1時間10分と短かった。しかし、誰一人、不満漏らす者はいなかったと思う。たぶん初めてロックの洗礼を受けたとような感じがしたのではないだろうか。

翌日、スポーツ紙はもちろん、一般新聞でもコンサートは騒動として報道された。もし、天気が良くて普通にコンサートが行なわれていたとしたら、GFRのコンサートはそんなに一般レベルまで話題にならなかったかもしれない。結果的にGFRは、ロック・ファンだけではなく社会をも巻き込んだコンサートを行ったことになったのではないだろうか。
後日談として、その日のコンサートは、感電の恐れがあったので、全てテープによるものだったというようなことが噂になったが、このコンサートに参加した者にとっては、そんなことはどうでも良いことだった。

■演奏曲目■

-アー・ユー・レディ
-パラノイド
-イン・ニード
-ハートブレイカー
-マーク・セズ・オーライト
-T・N・U・C
-孤独の叫び

写真提供:70's Rock 秘蔵写真館 rare pic.
関連記事

005.1999.06 / UHM JUNG HWA



オム・ジョンファといいます。韓国音楽に興味ない人にとっては初めて聞く名前だと思います。韓国音楽に興味ある人なら全員知っていると言っても過言ではないほどで、韓国の音楽界では知名度の高いスーパースターです。1999年10月に東京赤坂BLITZで「SuperStar from SEOUL 1999」というイベントが行なわれましたが、この時に日本で初のライブ・パフォーマンスを披露しました。

韓国では、シングル・レコードというのがないので、このアルバムは、1999年夏にリリースされた彼女の5枚目のオリジナル・アルバムになります。日本で韓国のアーティストが紹介される場合、ほとんどが「韓国の○○」と紹介されます。日本進出が大失敗に終わったS.E.Sがデビューした時は、「韓国のspeed」でした。オム・ジョンファが先のイベントに参加したときの紹介され方は、「韓国のマドンナ」でした。この表現が正しいかどうかは実際に見た人が判断する他はないと思います。無理に誰かに例えるのであれば、日本では工藤静香ではないかというのが私めの思うところです。

このアルバムのプロデュースはキム・チャンファンといって、これもまた「韓国の小室哲哉」などと紹介されている人で、韓国の音楽シーンでのキーマンと言える人です。アルバムは収録時間がおよそ45分、収録曲は11曲。いつも70分近くのCDを聴いている私たちには、短いというよりも、ちょうどよい長さのアルバムです。シングルがない代わりに一枚のアルバムの中から3曲ほどのビデオ・クリップを順次発表していくのが、韓国のレコード・プロモーションのおおよその流れです。このアルバムの中からも「モルラ」「FESTIVAL」の2曲がビデオ・リリースされていますが、どちらの曲も全く似ても似つかない作風、仕上がりです。この2曲に限らず、全体的にバラエティとんだ作風の曲が散りばめられています。唯一の共通項はダンス・ミュージックであることでしょうか。
このアルバムがリリースされた99年中期より韓国は日本でいうところの、テクノ、ユーロ両ビートが主流を占めています。このアルバムもそのさなかの発売なので、当然ダンス・ミュージックが主体になっています。ただ、単調なリズムの繰り返しと違って、彼女の曲は、どれもメロディがすごく耳に残ります。彼女の歌い方にどこか哀愁があることも他のダンス・ミュージックと一味違うところといえるのかもしれません。

外国の曲というと英語慣れしてしまっている私たちですが、韓国語で歌う彼女のダンス・ミュージックは必ずや満足のいくアルバムと自信を持ってのお薦めです。
なかなか手にしにくい韓国のレコードですが、タワーレコード、HMV、そして韓国街でちょっと意識して探して見て下さい。損は絶対にありません。日本での価格は、だいたい2200〜2500円ぐらいです。
関連記事

ブラック・レイン / ネタばれ度:★☆☆



松田優作の遺作となった「ブラック・レイン」、監督は「ブレード・ランナー」「エイリアン」のリドリー・スコット。出演は松田優作の他に、マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、若山富三郎。
日本のヤクザ抗争にニューヨーク市警の不良警察官がかかわることになり、日本の大阪を舞台に文化の違いの中で日米両捜査官の葛藤と友情を描いた作品。ストーリー的には特に面白味はないのですが、撮影に関しては見どころがたくさんあります。
特に圧巻なのは、大阪市で行なわれたロケ。一般道路上で撮影をするのですが、これには通常、警察に道路使用許可をとります。大阪府警も普通の映画のロケを想定して簡単に許可を発行したらしいのですが、このロケがすごい。白昼堂々の人止め、車止めの大がかりの撮影に、当日の交通は大パニックになったと思われます。その証拠に、追加撮影を行なおうと再度許可を大阪府警にとりに行ったようですが、大阪府警は許可を出さなかったというほどでした。結局、夜の大阪を車で走るシーンは香港で行なわれたとのことです。
大阪での夜のシーンがまた美しく、リドリー・スコット色を出しています。「ブレード・ランナー」で登場する未来のチャイナタウンの映像、色調を大阪の街で再現しています。霧に煙る中、照明が点滅する大阪の街は、いつも馴染んでいる大阪の景色とは全く異質のもので、監督によりこうも景色が違うのかと感心してしまいます。

出演者の中では、やはり遺作となってしまったからではないのでしょうが、松田優作が圧倒的な存在感を発揮しています。彼は自ら、オーディションを受けて出演しているのですが、この作品に対する思い入れが特別あったのでは、と思わせるほどの演技(特に表情)をしています。この作品に松田優作が出演するかしないかで、作品のできはおおいに変わったのではないでしょうか。
他の出演者の中には、ワンポイント出演でガッツ石松、島木譲二なども出ているのですが、日本映画などに出ているのとは違って、監督に(映画に?)何かを引き出されているような感じがします。女優では小野みゆきが出演していますが、彼女などを見ているとやはり身長の高い人はそれだけで存在感をアピールできるのだなと思ってしまうぐらいアメリカ映画に馴染んでいます。

この映画のもう一つのエピソードして、2通りのラスト・シーンが作られたという話が当時ありました。松田優作が死んでしまうラストと生きているラストとです。残念ながら公開されたラストのほうしか見ていませんが、もし事実なら、もう一つのラストもぜひ見たいものです。
1989年。125分。監督:リドリー・スコット。
関連記事
七曜表
01 | 2000/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 - - - -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先
過去の記述
QRコード
QR
お立ち寄り
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも言いますか・・・。
ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。
福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。
寄合処
昔ながらの「掲示板」。写真も貼れますのでご利用ください。
大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。
Instagram
大福の足跡を当時の写真で振り返っています。

タグ一覧

交通飯店 吉祥寺本店 町中華 パピー 311 迎撃 小鉢 築地店 食雑感 お出かけ  まぐろ 束の間 友達犬発見 お疲れモード 手強い オランダ 丸メンチ 森友学園 走り回り 国際市場で逢いましょう 獄中花 イ・ビョンフン きくらげ・肉・玉子炒め 連鎖 拾い食い コインロッカーの女 七番房の奇跡 銀座さとう 追いかける側 鬼の居ぬ間 2004年1月4日 初遊び 日常の始まり 2004年1月3日 2004年スタート おせち料理 2004年1月1日 平成29年 ご利益 2004年1月2日 元気に遊ぶ 普通の週末 正月終了 小顔 2004年1月5日 見直しが必要 64(ロクヨン) 前編 2004年1月7日 初夢 落ち着いた 定位置 後編 平成 崎陽軒 大島 棒フェチ  2004年1月8日 その後更に上昇 犬茶屋.com Softbank光 オプション ジャック・ニコルソン ディパーテッド Black_Mass ジョニー・デップ 2017年 不親切 2004年1月6日 ネットの犬サークル カレーライス 玉ネギ 申告必要 ブラック・スキャンダル ウィークエンドの公園通り ラスト・クリスマス Last_Christmas Wham! ワム ジョージ・マイケル George_Michael Careless_Whisper エイズ 赤頭巾ちゃん気をつけて 女性30才定年制無効 ダイシンボルガード 満喫 2003年12月27日 雪景色 刺身 飼い主親睦会 英国風 中村吉右衛門 新しい洋服 低調 たかなチャーハン 2003年12月25日 鬼平犯科帳 池波正太郎 顔ぶれ 2003年12月26日 ラインナップ シングルチャートTOP20 ジプシー・キングス オリコン アポロ11号、人類初の月面着陸 日本初の現金自動支払機 鈴木啓之 東京ニュース通信 東京レコード散歩 いつも見ている 揚げ茄子ポン酢 2003年12月30日 昭和歌謡 シングル盤 2003年12月31日 影は生きている証 青山レイニィ・ナイト 恋の山手線 ジャケ写 京大芸人式日本史 豚キムチ炒め 推進派 三色カレー 食べログ 南インド料理 ダバインディア 2003年12月28日 深川不動尊 2003年12月29日 ゼロ 簡単には反対できない 生活の糧 の風潮 原発=悪 廃止論 2003年総括 自分のハウス 喫煙者の甘え 喫煙者のマナー 飲食店 禁煙 大泣き 飲食店全面喫煙 禁煙化で店が廃業 公的禁煙化 虫干し Favorite_Song フカフカ ホカホカ 2004年1月24日 注射 血便 おニュー 真っ白 2004年1月18日 牛乳 キオスクじゃない 昭和感 お気に召さず デレク&ドミノス LAYLA 2004年1月19日 スワンプ エリック・クラプトン Derek_&_The_Dominos 好きな曲 妄想ゲーム 廉価本 背伸び 古本 気づいたこと 紙本 文字本 2004年1月22日 リード奪う 青春 2004年1月23日 Rolling_Stone 焼きしゃぶ 手でちょっかい 電子本 一緒に登校 曽根晴美 東映 目先の楽しさ 何かいる 2004年1月20日 木の上 脇役 遺作 神山繁 2004年1月21日 高城組組長 最後の晩餐 大川端探偵社 総武線 秋葉原 大きすぎる お年賀  空き缶 しめ飾り 2004年1月12日 2004年1月13日 開店 2004年1月14日 ドヤ顔 かとう ショウ  タフィ 2004年1月11日 没後1年 ボウイ特集 いつもの公園 2004年1月9日 ロザン 宇治原史規 2004年1月10日 安住の地 トリオ・ザ・大福 岡埜栄泉 銀座店 熟睡 野菜味噌そば 運命 里親 根性論 チグハグ感 京都女子駅伝 ものすごく犬が好きなこと 鼻を隠す 空気を読む 2017年2月1日号 デヴィッド・ボウイを見たか? 傷だらけのふたり ミルクスタンド 尚衣院サンイウォン 威風堂々 2004年1月17日 落ち着く 2004年1月16日 2004年1月15日 走る姿 アンディ・フレイザー ポール・コゾフ Free Heartbreaker 眩しい 思い出の道 忍耐力養成ギプス Goodbye_Yellow_Brick_Road できれば関わりたくない 最低レベル 携帯屋 菅広文 ペシッ! 又吉はアリ 決め手は受賞 取り扱いナシ ブック・ソムリエ? 姉さん座りシャンとしたり 某T書店 2003年11月28日 お疲れ 蔵出し 床置き お笑い作家 自信満々 爆睡 都内半日 2003年11月27日 嫌韓派 づけまぐろ丼 2003年11月26日 2003年11月25日 左足ブレーキ 踏み間違い 高齢者ドライバー事故 見上げて催促 清掃員の人の嘆き 韓高邦低 親韓派 傷だけのふたり 殺人の輪廻 メモリーズ追憶の剣 破壊活動しない 全幅の信頼 噛み合わない 名残惜しい見送り 大福が苦手 2003年12月2日  カキ豚玉 常連客の心得 2003年12月3日 ルイズルイス加部 アロー 伝説 神格化 ゴールデン・カップス BS-TBS 歌詞が入ってくる 好き? 90、91頁 2003年11月30日 しばせん My_Dog!My_Style! 不思議な自制力 2003年11月29日 2003年12月1日 ホーム&アウェー LIVE_2014 演歌 トイレの鍵 見張り どこでもホーム ブレーキ アクセル 見逃すはずがない 塩味ベース 2003年11月21日 犬は器物 大卒初任給:約2万円 2003年11月20日 醤油味ベース 主流はどっち? 降着ナシ 騎手適性 8日間騎乗停止 浜中俊 マイルCS ミッキーアイル 吉展ちゃん事件解決 マルコムX暗殺 キル・ビルvol.1 安倍・トランプ会談 2003年11月19日 鬼畜 人は優しい 器物 トランプ新大統領 素早い行動 昭和40年 キーストン都バス・ワンマン化 1965年 評価は? 行動力 落馬 ムチ打ち ドナルド・フェィゲン Kamakiriad 中途半端 見切り発車 毎日がイベント プレ・オープン Morph_the_Cat ウォルター・ベッカー 貸切 海付きドッグラン 人がいない 冬の海辺 2003年11月24日 追いかけるのは珍しい 2003年11月23日 文字面のイメージ 余震 ホスピタリティ バカ犬=バカ飼い主 2003年11月22日 バカ犬 自分のフィルター 勝手に解釈 タワマン税制 根っ子は同じ 大人の偏見_子に影響 避難イジメ イジメ ウォッカ・コリンズ 2003年12月4日 撮影 2014年1月29日発売号 2003年12月18日 見逃さない 鶏白湯スープ 2003年12月17日 年賀状 リアル 遊んでいる姿が一番 UB40_LIVE 撮影より遊び 2003年12月19日 生存確認 連絡先 蒸し鶏ご飯 魚河岸食堂・咖喱 ラーメンの小池さん 2003年12月15日 腹時計 元気余り チキンライス 2003年12月14日 2003年12月16日 視線の先 Sade_Lovers_Live Sade_Adu シャーデー Sade ちょっといい話 レゲエ Dub フェルトガッちゃん お馴染みのポーズ 町内の小学生 クリスマスカード 現物メニュー 2003年12月23日 何を見ている クリスマス・プレゼント 冷やしそば 一年中冷やし中華 南青山 首飾り 2003年12月24日 肉キャベツの味噌炒め 記憶の中の宝物 2003年12月21日 呼び戻し カタ焼きソバ 焼飯 Police ほのぼの_お耳飛行機隊 2003年12月22日 後輩柴モモ Number 17万7779人 有馬記念 温度差 ガウガウ挨拶 玉子 大根 松屋 豊洲IHIビル店 ウンチ拾い キョンちゃん 典獄署 チャングム 鶏と白菜のクリームシチュー定食 クリームシチューと味噌汁 モッズ Who ターゲットマーク ビデオならでは 2003年12月8日 喧嘩じゃない チョン・ダビン チン・セヨン 付き合い イイ人 シンクロ リアルな社会 デジビデ 空中戦 お人好し 2003年12月5日 2003年12月6日 採用 絶妙な接客 スダレ 2003年12月7日 四重人格 Quadrophenia 楽しいプライバシー イヤなプライバシー サラリーマンの生涯年収 高報酬 芸能人のプライバシー ご都合主義のプライバシー 2003年12月11日 コミュニケーション・ツール 大福メニュー 2003年12月13日 河岸の皆さん バッタリ 2003年12月12日 師走 2003年12月10日 不倫報道 初動が肝心 準芸能人 局アナ カーリング 式典 技アリ サブミッション かけ汁 しじみ汁 愛のムチ ゴンちゃん 2003年12月9日 ニラ玉 ブルーカラー 偶然の出会い U2 みかん CoCo 統率力 2004年3月7日 BOY 巨大化 春は遠そう 交通公園 木々 2004年3月8日 初来日 渋谷公会堂 武力 知力 肉屋 価格破壊 焼豚ライス 浅草橋 池田屋 台東区 ペリカン 戦国武将の解剖図鑑 人望 財力 政治力 武将力分布図 54人の戦国武将 報道の自由度ランキング 180ヶ国中 SAシューズ SA_Shoes 走り合い 2004年3月12日 アクシデントその後 平成23年 ロンドンブーツ 四谷三丁目 犬の鼻 利き鼻 2004年3月13日 オーツカシューズ ロック小僧 ホソノ 山本亜季 2004年3月11日 河鍋暁斎 Bunkamura これぞ暁斎! 男女平等度ランキング 妥当? 平和度指数ランキング 歌川国芳 かわなべきょうさい 2004年3月10日 ヤル気満々 ゴールドマン 藤村紀子 春風亭昇太 擬人化 色違い 空中浮遊 月参り 2004年3月1日 国力ダウン 大チョンボ アジアなら Lightningケーブル保護カバー Lightningケーブル バネ 2004年3月2日 ボールペン 100円ショップ Can_Do キャンドウ アカデミー賞 西高東低 意外な事実 深刻な問題 カーナビ弊害 売上げ減 飼い主の役目 営業妨害 裏道 抜け道 狂牛病 鶏インフルエンザ 2月29日シャボン玉 うるう年 2004年2月28日 歯石 公人 大海老天丼 かけそば 大海老天丼と一口そば 川上庵 落ち着き 麻布・川上庵 豆腐の味噌漬け 蕎麦バル 深川ギャザリア 2004年3月6日 ヨーカドー 陳建一 陳建一麻婆豆腐店:木場店 陳建一麻婆豆腐店 遊び方に変化 2004年3月5日 プライバシー フライ盛り合わせA 芸能人 安倍夫人 私人 参議院予算委員会 2004年3月3日 マウント 義理母 くぐらない 2004年3月4日 意味不明 ミント 義理母の匂い 蕎麦 印象操作 忖度 大統領 トランプ ミニ・チャーハン 政治家 そんたく 政治の場 散歩コート 2004年3月26日 大福ウェア 2004年3月25日 使わない言葉 どんたく 黒フレブル 2004年3月24日 束の間の晴れ 世が末 2004年3月23日 好みの味噌汁 洋服 女性陣からは不評 証人喚問 正直は損 敗北感 棚の上 生きていたくない 死にたいわけではない 真面目は損 東京チャイニーズ一凜 一凜 ユッケジャン ケ? お花見 2004年3月29日 180円 飲み物付き  犬肉? 画鋲 舎人公園 画びょう入りどら焼き ホの字 ユッケ 2004年3月30日 ホットドッグ クォーターパウンド・ホットドッグ 匂いづけ ヘドロ 2004年3月27日 蒸し茄子と唐辛子のすり鉢和え 黄ニラ焼きそば 中国セロリと押し豆腐冷製 薬浴 バーニーズ 食の繋がり 2004年3月28日 ブレがない 定番 マンネリ 2004年3月22日 ネット繋がり 楽しみ 2004年3月18日 お初 長崎堂 2004年3月17日 カステラ 生後700日目 体重による基準 使い回し まとめサイト 拡散 一人歩き 誤情報 誤知識 刀削麺ロボ 小エビの特性マヨネーズ炒め 引きずらない 2004年3月15日 アクシデント 2004年3月14日 コース  シャンプー診断 申し分なし 2004年3月16日 海を感じる 出しのタイミング 絶妙 格闘 キュレーション DeNA 柴仲間 思い出せない 2004年3月21日 追求側の役不足 地方自治法100条 横綱と幕下力士 ながらスマホ用信号 ボーデグラヴェン 除夜の鐘 挨拶廃止 給食 二宮金次郎像 画期的 ながらスマホ 百条委員会 豊洲市場問題 もんじゃ 老舗  ガウガウ遊び 2004年3月19日 復活 もち明太もんじゃ ドラキュラ 雨の日ルック お仕事ナシ 雨散歩 2004年3月20日 有楽町線 目配り気配り 毒物混入 メール連絡もダメ なりすまし 直電はダメ 学校への連絡はFAX 2004年2月4日 春の気配 連絡帳 他人との関わり ムツゴロウ動物王国 ビートたけし 不幸な犬の事件 2004年2月6日 2004年2月5日 気が抜ける 不倫愛 戦争 大関力士碑 いか・たらこクリーム・スープスパゲッティー 豆撒き式 月始め参り 2004年2月1日 始動 2004年2月2日 風見柴 ロミー・シュナイダー ジャン・ルイ・トランティニアン 離愁 マリモ お手つき攻撃 テレビじゃ言えない 小学館 大量廃棄 食品廃棄 着ぐるみ 2月7日 自家製ちりめん山椒ごはん 2004年2月9日 賞味期限 食品期限 非日常的 2004年2月11日 声優の声 テレビに見入る 2004年2月10日 音楽を聴く サラダ おばんざい 我三昧 シジミ汁 2004年2月7日 イカフライライス 週刊ポスト ビートたけしの21世紀毒談 2004年2月8日 海辺の土手コース お揚げさん 特性きつね 京うどん きつね庵 長い朝散歩 味噌汁(玉子入り) 産婦人科医 ワンタン麺 反トランプ派 ワンタン お腹を守れ 2004年1月25日 英国服 就任反対デモ 有名人 サタンの爪 2004年1月26日 後進国 着地点 マドンナ マイケル・ムーア 誰か発見 2004年1月29日 UFOの目撃者 親子丼しお 悪意ある好意 ホワイトカラー 日本語吹替 脳天気 親子丼しお二号 貼り紙 2004年1月27日 復調 守り神 持ち去り 置き石 枝の旋回 昔の携帯電話 終日禁煙 2004年1月31日 三色丼 りんぞー Shi-Ba(3月号) モデル 怪しいアプローチ 接近 着替え オムツ替え 保育士 同性愛者 性癖 変態 枝っぷり 歯形 銀座1丁目 串・チキンランチ バブルの象徴 ステイタス 平野ノラ TZ-802型 キャベツと大根菜のきざみ 2004年1月28日 My枝 歯の痕 カレー味チャーハン 大好き好き好き お店 コップ 誰か来た? タイ料理 トムヤムソースパクチー炒飯 八重洲 ジャスミンタイ八重洲店 2004年2月21日 平和 丸善 お多幸 アビーロード ハーフメンチカツ 大卒初任給 給料 ネットサーフィン 出家引退タレント 木下恵介 山田太一 我慢 2004年2月22日 2004年2月20日 やっかみ 進撃の巨人 大根役者 海を見て 何を 懐かしい動作 固定電話 それぞれの秋 緊張 2004年2月23日 停留所 表示 シナチク 中国侮蔑 排除感 クビ コース変更 解雇 メンマ 2004年2月26日 無垢 眠り 2004年2月27日(金) PLASTICS 縄跳び 中西俊夫 誰か来た 2004年2月25日 置物 景色を見る 可哀想 2004年2月24日 何のため? どういう意味? プレミアムフライデー 最終金曜日 有給 曖昧な表現 雇用促進 公共工事 午後3時終わり A_LIFE 水原紀子 トータル・アルバム 2004年2月15日 GS 沢田研二 ヒューマン・ルネッサンス タイガース  間寛平 ナンプラー 3ショット お手軽感 タイ屋台料理 ティーヌン 銀座ファイブ店 ザ・タイガース お留守番 迂闊 2004年2月13日 参議院議員 ボコボコ 2004年2月12日 ツイート 飼い主それぞれ 創作インド料理 九十九里 向島 飼い主オフ はまぐりオフ 2004年2月14日 2004年2月16日 井の頭公園 芸能界引退 出家 アイドル ヤワラカイヤキソバ バトミントン 上海麺 嫌いな仕事 5万円の給料 飼い主の寛容さ 木村拓哉 野次馬 2004年2月19日 芸能界の体質 角兵衛獅子 バドミントン 2004年2月18日 ボンジョビ ヴァン・ヘイレン サザンオールスターズ ルパン三世 pepacafe_FOREST ジャーニー クイーン 似て非なるもの バラード 染みる K-POP WAX 2004年2月17日 アテレコ