2001年私的重大ニュース

今年もそろそろ終わりに近づいている。社会的にもいろいろあったが、それらを含めて今年を振り返ってみることにした。年末のテレビ特番のように「今年の重大ニュース」という感じだ。

■引越しをした

千葉県八千代市から千葉県千葉市美浜区に7月12日に引越しをした。以前の八千代市は千葉県でも内陸側で都心と成田空港に行く時のちょうど中間地点あたりだった。従って海外旅行に行く時は大変便利なところだった。
新しい所は幕張新都心といって幕張メッセや千葉マリンスタジアムがすぐそばにあるところで海まで5分もかからないところだ。
海が見えるということはなかなか精神的に良いものでウォーキングも楽しくできたりする。海に近いところの建物というのは塩害対策がしてあるとのことだが、こればっかりは住んでみないと分からないから今のところ何とも言えない。
今回の引越しの最大のテーマは物を捨てることだった。特に本やビデオ、洋服などをかなり大胆に処分した。おかげで今度の住まいの納戸は今のところ比較的ゆったりとしている。ただ、何でも溜め込む癖があるので注意せねばならない。

■ニューヨーク同時多発テロ

日本時間の9月11日の夜10時、ニュース・ステーションを見ていたら渡辺真理が毎度おなじみの大げさなで表情で世界貿易センタービルに小型飛行機が衝突した。と第一報を報じた。すぐさま普段あまり見たこともないスカパーのCNNチャンネルに切り替えた。
同時通訳の話しぶりだとどうも小型飛行機ではなく旅客機らしい。これは大変だと思っていたら仕事で帰りが遅くなっているカミさんから電話が入って駅まで迎えに行くことになってしまった。車の中で状況を話すと早く帰ってテレビ見たいと言う。すぐさま帰ってテレビをつけると何と先ほどの絵とは様子が違っていて噴煙が増えているではないか。この時点でテロ行為であるらしいと報じられていたので我が家でもそれなりのパニックになってしまった。その後については毎日のニュースで見てのとおりだ。ただ犯行の主犯容疑者といわれているオサマ・ビンラディンをオサマ・ビンラディン「し」と言っていたので我が家ではオサマ・ビンラディン「師」なのかと思っていたら、何と「氏」だったので何だかなぁ、と驚いてしまった。
結局、WTCビルは倒壊してしまったが、古い映画でニューヨークの全景シーンなどで2棟ともさん然とそびえ立っているのを見るにつけ、事の大きさを実感してしまう。
ニューヨーカー達のインタビューもかなり報じられていたが、最初の頃のインタビューで「なぜ、我々がここまで世界から嫌われているのか考える必要もある」と言っていたのが印象的だった。

■4回目の年男

今年は巳年だったが何と生まれて4回目の年男だった。4回目というとちょっと考えてしまう。1回前の3回目の時が36才。この時も「あ〜ぁ、歳とったなぁ」と思ったことを昨日のことのように覚えている。そして次の5回目は60才。てことは還暦だ。そして6回目はというと・・・だめだ、やめておこう。年男の回数で考えると人間の人生などはかないものだということを痛感してしまう。
オリンピックをあと何回体験するのだろう。ワールドカップは?映画はあと何本見るのだろう?本はあと何冊読むのだろう?旅行はどこに行くのだろう?なんて考え始めるときりがない。
幸い良き伴侶に恵まれたので楽しさ重視の人生を過ごしたいと思うのであった。

■韓国女優、イ・ヨンエに会い損なう

韓国映画「JSA」に出演した女優イ・ヨンエがプロモーションで来日した。
ニュース・ステーションにも出演して司会の久米宏がグニャグニャになってしまったほどの美人だ。記者会見後に控え室でちょこっと会える段取りをふんで意気揚々としていたのだが、日程の変更により他の用事と重なってしまいNGになってしまった。
ネットで知り合った女の子が韓国から里帰りしていて、ちょうど記者会見の日に会う約束をしていたのだった。しかもカミさんが毎度のことながらお化粧品の買い物を頼んだりもしていたので、他の日に変更してくれと言い出せなかったのだった。言えば何の問題もなく変更してくれたであろうが、変なところが昔かたぎというか、最初に決めたことが最優先という自分なりのルールがあったりするから困ったものなのである。
イ・ヨンエは「JSA」でブレイクする前からお気に入りだっただけに少しばかり残念だった。正直言うと相当残念であった。

■母親の胃癌手術

会津若松に住む母が9月に胃癌の手術をした。初期発見ということで胃の3分の2を摘出した。術後は良好で今では意識の中では食欲もあるという。もちろん、体のほうは目が欲するほど食べものを受け付けないようだが。
少し前までなら癌というと致命的な病気の感があまりにも強かったが、最近では初期発見であれば必ずしもそうでもないようだ。手術時間も短いし、執刀医師も手慣れた感じがした。
今回の手術で初めて人間の内臓というものを見た。切除された胃は思っていた以上に大きかった。そして驚いたのが癌細胞の小ささだった。ほんのわずかな湿疹のようなものが人間の体を蝕むことを考えるとやはり病気は恐いと思った。
カミさんも同様で来年からは結婚記念日に人間ドックに泊まりこむかなどと話あった。
母親の具合はその後良いみたいだが、人間の体の弱さと病気の恐さを感じた経験であった。

■韓国語教室にまた通う

一時期、韓国語を習いに新聞系のカルチャーセンターに通っていたが、生徒数が減りすぎて一時閉鎖になったのは去年のことだった。その後、再開の案内ももらったのだが、韓国語を習う目的意識もあまりなくなってしまい、通わなくなってしまった。
通わなくなってからもNHKのテレビとラジオは欠かさず見聞きしていたが、さほど覚えてもいない知識の忘れる速度は速いものであっと言う間に当初の目標だった挨拶程度に戻ってしまった。このまま忘れていくのだろうな、と思っていたら引越した所のすぐ隣の駅にカルチャーセンターがあり、そこに韓国語教室があった。
一度見学に行ったら人数も4名ぐらいだったので9月からまた通うことにした。カルチャーセンターなので勉強勉強していないので本気で学ぼうとするにはどうかと思うが、授業料は3ヶ月で18,000円。この金額で忘れ防止になるなら良かろうと思っている。
この手の学習は先生との相性が最大のポイントだと思うのだが、日本に住んで7年になるという韓国人の女性教師は教える意欲が高い人なのでもう少し続けてみようと思っている。しかし、韓国語を使うステージがまったくなさそうなので覚えてどうするのか、という最大の問題は抱えているのであった。

■ノートパソコンが来た

WindowsもXPが発売されたが、夏前の我が家のPC環境は化石状態だった。OSはWindows95のまま、ハードディスクは増設しても8GB、メモリーも96MBの環境だった。おまけに通信環境はISDNのまま。しかしながらマシーンの調子は驚くほど良くて新機種購入後もいまだに我が家のメイン機種に君臨している。
その新機種がやってきたのは引越しをしてすぐだった。史上最悪のOSと評判のWindowsME搭載のSONYのvaioだ。XP発売間近ということもあって驚くほど安く手に入れることができた。最終的にはXPにバージョンアップするので今のところお遊びでしか使っていないが、スペックを見ると前機種とあまりに違うので驚いてしまう。
それにしてもWindows95のPC界での扱いはひどいものだ。最近のアプリケーション・ソフトなんかWindows95では使うことができない。マイクロソフト社でもオフィシャルなサポートは今年の3月で終了したといっているほどだ。
こういう状態だと我が家のメイン機種の世代交代もそう遠くはないのかもしれない。メイン機種はデスクトップと決め込んでいるのでニューフェイスの登場も時間の問題か。

■IT講習の講師

森前首相が推進していたIT革命の一環が退陣後の今年度に反映している。各市町村では今年4月から地域住民を対象にしてIT講習なるものを実施している。方法は各市町村ごとに違うみたいだが、だいたいが12時間単位の講習で1日3時間で4日間というスタイルが多いようだ。引越し前に住んでいた市でも受講者と同時に講師と補助講師を募集していたので厚かましく講師として応募したところやらせてもらうことになった。
ボランティアなのかと思っていたら1講習あたり42,000円の謝礼が出ることになり、これはしっかりやらなくては申し訳ないとPCの基本を自分なりに復習したりとけっこう大きなイベントになってしまった。
初めて講習に参加してみて驚いたのは、20人1クラスなのだが圧倒的にお年寄りが多いことだった。しかも、そのほとんどが一度もパソコンに触ったことがない人ばかりだ。
IT革命、インターネット、メール、これらの言葉がいかに世の中に浸透しているか改めて認識してしまった。皆さん一生懸命なので教える身としては襟を正してしまうほど責任感じてしまう。
それに比べて主催する市のほうは呑気というかやっぱりお役所というか、熱意をまったく感じることができない。国から予算をあてがわれたので使い切るしかないという姿勢が見え見えだ。まるで年度末の予算合わせの意味のない道路工事のようだ。
受講を終えた人たちのほとんどが、この続きはいつやるのかと思っているようだ。実際、私に質問してくる人も何人もいたほどだ。市の方針としては、一人でも多くの人にパソコンのイロハ(日本語入力、インターネット、メールの送受信)を教えるということにあるようで次なる展開などまったく考えていない。だから興味という木に登らせておいて梯子を取り払ってしまう、という感じがしてしまう。もちろん、来年14年度以降は国から予算も出ないであろうから市としても財政的に続きをやることはできないだろうし、するつもりもないだろう。
講師をさせてもらって思ったことは、私ごとき若輩者を先生と言って一生懸命聞いてくれるお年寄りたちのバイタリティのすごさだった。いくつになっても興味という好奇心を失わない素敵な姿には見習うことがたくさんあった。来年、2月まで続くようなので期間中は一生懸命指導させていただこうと思っている。

■海外旅行見送る

我が家では1年に1回は海外旅行をする計画が暗黙の了解で存在している。一番最近行ったのは2000年12月のバンコク・プーケットだったから1年が経過してしまった。毎年秋ごろからカミさんが旅行雑誌やらパンフレットを家に持ち帰ってくるようになるといよいよ今年も来たかという感じになるのだが、今年は9月のテロ事件の影響でカミさん自ら「今年はやめよう」という申し出があった。テロ事件の影響がこんなところにも出ているという感じだ。
世間的にも日本人の海外旅行は激減しているようだ。その反面、国内旅行は大人気でどこの観光地も満員御礼らしい(沖縄を除いて)。
相次ぐ海外旅行のキャンセルで倒産した旅行代理店も数多くあると報道もされていた。スカパーでハワイから放送していてる番組があるが、この放送を見てもワイキキのビーチは閑古鳥状態なのが分かるほどだ。
クリスマスに再度、大規模なテロ行為があるとも噂されているが、果たしてこの状況はいつまで続くのだろうか。我が家もこの状況をどのように受け止めていくのかおおいに気になるところである。

21世紀最初の年はニューヨーク・テロ事件というとてつもない事件が代表的な出来事になってしまった。
先日、テレビでイカとタコの生体について放送しているのを見たがその中で出てくる時代背景は2000万年前とかだった。1000年を1センチとして考えてモノサシを作ったとすると2000年はたった2センチだ。我々が生きている時代はその2センチの中のほんの少しということになる。そんなちっぽけな時代の渦の中で皆んなもがきながら一生懸命生きているわけだ。せっかくこの時代に生をもらったのだから私も精一杯もがいて生きてやるぞぉ、と思う年末なのだった。

■番外:福、来たる

今年のまとめなどと言っていたら、クリスマス前に我が家に山口県生まれの牝の柴犬がやってきた。早速、名前を考えた結果「福(ふく)」と命名。福の参加により我が家の来年の動きも大きく変化していくことだろう。名前のとおり「福、来たる」となることを願っている。
関連記事

DAVID BOWIE / 1978.12.12 / NHKホール

デヴィッド・ボウイのコンサートは今まで5回見たことがある。
1973年はグラム・ロックの雄として、1983年のシリアス・ムーンライト・ツアーは最上級のエンターテナーとして、1990年のサウンド・アンド・ビジョン・ツアーはボウイの集大成のコンサート、TIN MACHINEに関してはいまだによく分からないコンサートだった。そして1978年のコンサートはSTATION TO STATIONやLAWを中心にした構成でボウイの一番アバンギャルドでワイルドかつ繊細なコンサートとしていまだにファンには語られているものだった。
この他に80年代後期にグラス・スパイダー・ツアーというコンサートがあったが、この時はステージセットの骨組みとなった蜘蛛をデザインしたセットが日本の会場では設置できない(ドームでも無理だった)ということで来日公演は実現しなかった。

78年のコンサートは日本武道館とNHKホールで行われたが当時は武道館は会場が大きすぎるということと音響が最悪ということで音楽ファンには今イチ評判の悪い会場だった。今ではビッグ・ネーム・アーティストのコンサートはほとんどが東京ドームだから武道館でやるとなると小さいホールで見られるということになるから時の流れとは恐ろしいものだ。
で、78年のボウイのコンサートはNHKホールで見ることができた。NHKが時々放送していたヤング・ミュージック・ショー(恥かしい番組名だなぁ)の収録があったからNHKホールのコンサートが実現したのだと思う。

オープニングはギターのカルロス・アルマーが指揮棒を持って指揮者のごとくサウンドを操る『ワルシャワの幻想』。ボウイも演奏者の一員となってキーボードを弾いていた。ステージ右手のキーボードを弾いていたのはトッド・ラングレンのユートピアのメンバー、ロジャー・パウエル。そしてこの時はまだ無名だったギタリストのエイドリアン・ブリュー。エイドリアン・ブリューはこの曲では出番がないらしくギターを持ってただニヤニヤしているだけだった。しかもスーツのズボン風のワイドパンツの中にアロハシャツをズボンに入れこんでいるという妙ないでたちが印象的だった。
ほとんどインストゥルメンタルだった「ワルシャワの幻想」の後は、妙にリズムがうねっている『ヒーローズ』が始まる。この1曲のサウンドでこの日のコンサートのできがものすごく良さそうだと予感させるにじゅうぶんなサウンドだった。
案の定、その後の曲は濃厚なサウンドで前半部のピークは『フェイム』でむかえた。エイドリアン・ブリューのプログレ的なギター・ワークとロジャー・パウエルのこれまた個性的すぎるキーボードの絡み合いは絶妙を通り越して鳥肌ものだった。
そして次の『美女と野獣』が終わったところで第1部が終了。当時、1部と2部に分かれているコンサートなどなかったのでこの構成にも観客は驚いた。

興奮醒めやまぬまま第2部と移る。暗闇から聴こえてくる単調などラムの音・・・大ブレイク・アルバム「ジギー・スターダスト」からの『5年間』だ。この曲から『サフラゲット・シティ』まで一気にボウイのロック・スターとしての本領発揮のシーンが続いた。ロックン・ロールぽい曲が多いがロジャー・パウエルとエイドリアン・ブリューがいる限りありきたりのロックン・ロールなどになろうはずもない。会場は音の渦でまさにプログレ・ロックン・ロールといった感じだった。
そしてコンサートはこの日の極みともいえる『ステーション・トゥ・ステーション』へと進み最高潮をむかえる。
アンコールの『TVC15』『ステイ』『愛しき反抗』でもサウンドのうねりは続き、コンサート終了後も心地よい疲労感に見舞われたのは私だけではなかったと思う。
ステージ後ろに無数に配列された蛍光管のモノトーンを基調にした照明がショーをサポートしていたのも印象的だった。

幸いこの時、NHKで放送されたヤング・ミュージック・ショーのビデオが家にあったので見てみたが、今見ても全く色あせることなくボウイの充実期のライブとして立派に再現されていた。私の宝物のひとつとして永久保存版になるであろう。
ちなみにこの時期の貴重なライブ音源はアルバム「STAGE」としてリリースされている。

■バックアップ・メンバーズ■

エイドリアン・ブリュー(g)
カルロス・アルマー(g)
サイモン・ハウス(vn)
ジョージ・マレイ(b)
チェスター・トンプソン(dr)
シン・メイズ(key)
ロジャー・パウエル(key)

■演奏曲目■

第1部:
-ワルシャワの幻想
-ヒーローズ
-ホワット・イン・ザ・ワールド
-ビー・マイ・ワイフ
-ジーン・ジニー
-ブラックアウト
-疑惑
-壊れた鏡
-フェイム
-美女と野獣

第2部:
-5年間
-ソウル・ラブ
-スター
-君の意思のままに
-ジギー・スターダスト
-サフラゲット・シティ
-アートの時代
-アラバマの月
-ステイション・トゥ・ステイション

アンコール:
-TVC15
-ステイ
-愛しき反抗
関連記事

東京物語 / 奥田英朗



携帯のない時代の青春

久雄が行きたいのは東京の大学だった。
学部など問題ではなく、東京なら坊さんの大学でもよかった。
とにかくこの退屈な町を出たかった。
エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りしてしまうこの町を。

この本の表紙帯にはこう書いてある。けっして面白い本ではない。しかし、どこか惹かれるものがある。それはたぶんノスタルジーということだと思う。作者の奥田さんは1959年生まれ。50年代生まれという括りで言えば同年代と言えなくもない。しかも私めと同じロック好きの少年、青年期だったらしい。

話は、6編のエピソードでまとめられている。それぞれが時間軸によって分かれ、その時代に起こった出来事をモチーフにしながら時代を再現している。そして主人公の田村久雄の心の成長も東京の移り変わりと同時に変化していく。
田村久雄は弱小広告代理店に勤務している。1980年12月9日の話から物語は始まる。雑用に追われる1980年の師走の1日の出来事を読むことによって村田久雄の性格や背景などを知ることができるエピローグ的なスタートだ。この日、ニューヨークでジョン・レノンが射殺されるという衝撃的な出来事が起きたことをこの章を読むことによって思い出すことができる。
物語の中では、田村久雄がこのニュースを東京のどこかで知るわけだが、私自身もこのニュースを同じ東京で聞いたことをすぐに思い出すことができた。東京のどこで、どんな服を着ていたかも明確に思い出すことができたので驚いた。田村久雄(作者の奥田さん?)の琴線に触れる出来事がいちいち自分自身と一致するから面白く読めたのかもしれない。見るものの感覚、仕事上での驕り思い上がり、対人関係、恐ろしいほど一致する部分が多かった。

最初のエピソードから次は、1978年4月4日に少し戻ることになる。この日、田村久雄は名古屋から上京したのだった。この日のエピソードは後楽園球場で行われたキャンディーズの解散コンサートだ。この出来事を主軸に母に付き添われて上京した主人公の東京1日目が描かれている。
この章で初めて主人公が最初は勉学のために上京したことを知ることになる。しかも予備校通いを目的にした浪人生として。

物語は一浪後、大学に入学した一年生としてのエピソード。仕事が認められてきて東京生活も慣れてきた頃。結婚ということを意識せざるえない年齢になってきた頃。そしてまさにバブルが弾ける寸前のある1日と展開していく。

自分自身を投影することができたからアッという間に読破することができた。あくまでも自分の年齢的な背景がフィットしたから面白かっただけなのかもしれない。
だからこれは正直、声を大にして人に薦められる本ではないのかもしれない。時間が余っている人。50年代後半から60年代前半生まれの人は読んでみて面白いと思うかもしれない。できれば音楽好きの人なら、なお良しと言うところか。

■ あの日、聴いた歌 1980/12/9

■ 春本番 1978/4/4

■ レモン 1979/6/2

■ 名古屋オリンピック 1981/9/30

■ 彼女のハイヒール 1985/1/15

■ バチュラー・パーティー 1989/11/10
関連記事
七曜表
11 | 2001/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先
過去の記述
QRコード
QR
お立ち寄り
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも言いますか・・・。
ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。
福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。
寄合処
昔ながらの「掲示板」。写真も貼れますのでご利用ください。
大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。
Instagram
大福の足跡を当時の写真で振り返っています。

タグ一覧

吉祥寺本店 町中華 交通飯店 丸メンチ 手強い 銀座さとう イ・ビョンフン オランダ  森友学園 築地店 お疲れモード お出かけ 束の間 311 きくらげ・肉・玉子炒め コインロッカーの女 七番房の奇跡 国際市場で逢いましょう 走り回り 獄中花 食雑感 友達犬発見 迎撃 小鉢 パピー 拾い食い まぐろ 2003年総括 2004年1月1日 東京ニュース通信 おせち料理 2004年スタート 2004年1月2日 ご利益 平成29年 昭和歌謡 青山レイニィ・ナイト ジャケ写 ウィークエンドの公園通り 2017年 シングル盤 2003年12月31日 影は生きている証 恋の山手線 2004年1月5日 申告必要 玉ネギ 不親切 見直しが必要 Softbank光 オプション カレーライス 2004年1月6日 落ち着いた 定位置 その後更に上昇 犬茶屋.com ネットの犬サークル ジャック・ニコルソン ディパーテッド 鈴木啓之 追いかける側 元気に遊ぶ 普通の週末 2004年1月3日 正月終了 日常の始まり 鬼の居ぬ間 Black_Mass ジョニー・デップ ブラック・スキャンダル 初遊び 2004年1月4日 小顔 豚キムチ炒め オリコン シングルチャートTOP20 ジプシー・キングス 池波正太郎 中村吉右衛門 鬼平犯科帳 ラインナップ 顔ぶれ George_Michael ワム ジョージ・マイケル 刺身 2003年12月26日 飼い主親睦会 英国風 新しい洋服 2003年12月24日 首飾り クリスマス・プレゼント ペシッ! フェルトガッちゃん お馴染みのポーズ 南青山 冷やしそば 2003年12月25日 低調 たかなチャーハン 野菜味噌そば 一年中冷やし中華 ニラ玉 Wham! ラスト・クリスマス 廃止論 原発=悪 ゼロ 2003年12月29日 三色カレー 食べログ の風潮 簡単には反対できない 2003年12月30日 いつも見ている 揚げ茄子ポン酢 初夢 生活の糧 推進派 南インド料理 ダバインディア 雪景色 満喫 2003年12月27日 エイズ Last_Christmas Careless_Whisper ダイシンボルガード 赤頭巾ちゃん気をつけて 2003年12月28日 深川不動尊 日本初の現金自動支払機 アポロ11号、人類初の月面着陸 女性30才定年制無効 東京レコード散歩 大島 Derek_&_The_Dominos エリック・クラプトン デレク&ドミノス お気に召さず おニュー 真っ白 スワンプ LAYLA 大泣き 飲食店全面喫煙 注射 血便 2004年1月19日 2004年1月18日 牛乳 2004年1月17日 威風堂々 デヴィッド・ボウイを見たか? 2017年2月1日号 根性論 チグハグ感 尚衣院サンイウォン 傷だらけのふたり キオスクじゃない 昭和感 総武線 秋葉原 ミルクスタンド 禁煙 飲食店 大川端探偵社 最後の晩餐 遺作 脇役 曽根晴美 東映 高城組組長 神山繁 紙本 文字本 電子本 一緒に登校 2004年1月21日 目先の楽しさ 何かいる 2004年1月24日 ホカホカ 公的禁煙化 禁煙化で店が廃業 喫煙者の甘え 喫煙者のマナー フカフカ 虫干し 2004年1月20日 木の上 妄想ゲーム 好きな曲 Favorite_Song 京都女子駅伝 ものすごく犬が好きなこと 自分のハウス 熟睡 安住の地 2004年1月10日 没後1年 ボウイ特集 銀座店 トリオ・ザ・大福 しめ飾り 2004年1月12日 タフィ 2004年1月11日 岡埜栄泉 いつもの公園 2004年1月9日 2004年1月8日  平成 後編 64(ロクヨン) 前編 棒フェチ 崎陽軒 ロザン 宇治原史規 菅広文 京大芸人式日本史 町内の小学生 空き缶  携帯屋 最低レベル 思い出の道 眩しい 2004年1月15日 走る姿 できれば関わりたくない 忍耐力養成ギプス 鼻を隠す 空気を読む 落ち着く 2004年1月16日 Goodbye_Yellow_Brick_Road アンディ・フレイザー ポール・コゾフ  ショウ 開店 2004年1月13日 大きすぎる お年賀 かとう 2004年1月14日 Free Heartbreaker 里親 運命 ドヤ顔 2004年1月7日 有馬記念 清掃員の人の嘆き メモリーズ追憶の剣 見上げて催促 2003年11月26日 2003年11月25日 づけまぐろ丼 殺人の輪廻 傷だけのふたり 姉さん座りシャンとしたり 某T書店 2003年11月27日 嫌韓派 韓高邦低 親韓派 左足ブレーキ 連鎖 2003年11月24日 冬の海辺 ウォルター・ベッカー Morph_the_Cat ドナルド・フェィゲン Kamakiriad 人がいない 貸切 踏み間違い 高齢者ドライバー事故 ブレーキ アクセル 海付きドッグラン ブック・ソムリエ? 取り扱いナシ ホーム&アウェー どこでもホーム 2003年12月1日 2003年11月30日 しばせん 90、91頁 見張り トイレの鍵  カキ豚玉 歌詞が入ってくる 好き? LIVE_2014 演歌 My_Dog!My_Style! 2003年11月29日 爆睡 都内半日 お疲れ 2003年11月28日 又吉はアリ 決め手は受賞 自信満々 お笑い作家 全幅の信頼 不思議な自制力 破壊活動しない 床置き 蔵出し 中途半端 見切り発車 行動力 評価は? 素早い行動 トランプ新大統領 キル・ビルvol.1 安倍・トランプ会談 1965年 昭和40年 2003年11月20日 犬は器物 大卒初任給:約2万円 吉展ちゃん事件解決 キーストン都バス・ワンマン化 マルコムX暗殺 2003年11月19日 鬼畜 肉まん 杏仁豆腐 半チャーハン 麻婆丼セット 女子に優しい 担々麺セット 2003年11月18日 歯があたっている 人は優しい 器物 人は残酷 毒入り 毒入りソーセージ 2003年11月21日 見逃すはずがない イジメ 避難イジメ 勝手に解釈 自分のフィルター 文字面のイメージ 余震 大人の偏見_子に影響 タワマン税制 毎日がイベント プレ・オープン 追いかけるのは珍しい 2003年11月23日 根っ子は同じ ホスピタリティ バカ犬=バカ飼い主 ミッキーアイル 浜中俊 マイルCS 主流はどっち? 塩味ベース 醤油味ベース 8日間騎乗停止 降着ナシ 2003年11月22日 バカ犬 ムチ打ち 落馬 騎手適性 2003年12月2日 大福が苦手 視線の先 ちょっといい話 2003年12月16日 2003年12月15日 腹時計 ラーメンの小池さん Sade シャーデー 鶏白湯スープ 2003年12月17日 蒸し鶏ご飯 魚河岸食堂・咖喱 Sade_Lovers_Live Sade_Adu 元気余り 2003年12月14日 コミュニケーション・ツール 2003年12月12日 2003年12月11日 イヤなプライバシー サラリーマンの生涯年収 楽しいプライバシー バッタリ 河岸の皆さん 玉子 チキンライス 大根 2003年12月13日 大福メニュー 見逃さない 2003年12月18日 後輩柴モモ ガウガウ挨拶 2003年12月22日 呼び戻し カタ焼きソバ 2003年12月21日 温度差 気づいたこと 現物メニュー 2003年12月23日 肉キャベツの味噌炒め 記憶の中の宝物 Number 17万7779人 焼飯 ほのぼの_お耳飛行機隊 生存確認 連絡先 リアル 年賀状 撮影 2014年1月29日発売号 2003年12月19日 撮影より遊び Dub Police レゲエ UB40_LIVE 遊んでいる姿が一番 高報酬 ご都合主義のプライバシー 2003年12月5日 2003年12月7日 お人好し イイ人 シンクロ 付き合い スダレ 絶妙な接客 典獄署 チャングム チョン・ダビン チン・セヨン 2003年12月6日 採用 リアルな社会 空中戦 ゴールデン・カップス BS-TBS 2003年12月3日 常連客の心得 噛み合わない 名残惜しい見送り 神格化 伝説 2003年12月4日 デジビデ ウォッカ・コリンズ アロー ルイズルイス加部 キョンちゃん ウンチ拾い サブミッション 2003年12月9日 技アリ 初動が肝心 準芸能人 不倫報道 ゴンちゃん 愛のムチ 師走 芸能人のプライバシー 2003年12月10日 しじみ汁 かけ汁 局アナ 式典 2003年12月8日 喧嘩じゃない クリームシチューと味噌汁 鶏と白菜のクリームシチュー定食 松屋 豊洲IHIビル店 ビデオならでは ターゲットマーク Quadrophenia カーリング 四重人格 Who モッズ クリスマスカード リード奪う 54人の戦国武将 武将力分布図 戦国武将の解剖図鑑 ペリカン 肉屋 価格破壊 政治力 人望 2004年3月7日 CoCo 統率力 武力 財力 知力 焼豚ライス 浅草橋 陳建一麻婆豆腐店 陳建一 陳建一麻婆豆腐店:木場店 蕎麦バル かけそば 豆腐の味噌漬け ヨーカドー 深川ギャザリア 池田屋 台東区 擬人化 色違い 2004年3月6日 みかん 偶然の出会い 春風亭昇太 藤村紀子 かわなべきょうさい 歌川国芳 河鍋暁斎 Bunkamura ゴールドマン 2004年3月10日 平成23年 2004年3月12日 アクシデントその後 山本亜季 ヤル気満々 2004年3月11日 これぞ暁斎! 男女平等度ランキング 渋谷公会堂 2004年3月8日 初来日 巨大化 U2 BOY 木々 春は遠そう 妥当? 平和度指数ランキング 180ヶ国中 報道の自由度ランキング 交通公園 大海老天丼 大海老天丼と一口そば 2004年2月28日 うるう年 抜け道 裏道 意外な事実 深刻な問題 2月29日シャボン玉 狂牛病 アジアなら 国力ダウン 大チョンボ アカデミー賞 鶏インフルエンザ 西高東低 カーナビ弊害 売上げ減 中西俊夫 PLASTICS 縄跳び 2004年2月26日 中国侮蔑 メンマ 2004年2月27日(金) 無垢 飼い主の役目 営業妨害 目配り気配り 毒物混入 眠り 2004年3月1日 空中浮遊 ミント 意味不明 マウント 2004年3月3日 プライバシー フライ盛り合わせA 2004年3月4日 義理母 麻布・川上庵 川上庵 落ち着き 遊び方に変化 くぐらない 2004年3月5日 芸能人 安倍夫人 キャンドウ 100円ショップ Can_Do Lightningケーブル 月参り Lightningケーブル保護カバー ボールペン バネ 私人 参議院予算委員会 公人 歯石 2004年3月2日 走り合い SAシューズ 真面目は損 死にたいわけではない 正直は損 証人喚問 束の間の晴れ 世が末 生きていたくない 敗北感 政治家 トランプ ミニ・チャーハン 黒フレブル 棚の上 2004年3月24日 2004年3月23日 好みの味噌汁 ながらスマホ 二宮金次郎像 画期的 ボーデグラヴェン 思い出せない ながらスマホ用信号 給食 除夜の鐘 洋服 女性陣からは不評 2004年3月22日 ネット繋がり 挨拶廃止 大統領 印象操作 マンネリ 定番 バーニーズ 薬浴 匂いづけ ヘドロ ブレがない 食の繋がり 飲み物付き 2004年3月29日 180円 ホットドッグ 2004年3月28日 クォーターパウンド・ホットドッグ 2004年3月27日 蒸し茄子と唐辛子のすり鉢和え どんたく 2004年3月25日 使わない言葉 政治の場 忖度 そんたく 大福ウェア 散歩コート 黄ニラ焼きそば 中国セロリと押し豆腐冷製 一凜 東京チャイニーズ一凜 2004年3月26日 柴仲間 2004年3月21日 格闘 絶妙 申し分なし シャンプー診断 引きずらない 2004年3月15日 出しのタイミング 2004年3月16日 カステラ 長崎堂 2004年3月17日 刀削麺ロボ 海を感じる 小エビの特性マヨネーズ炒め アクシデント 2004年3月14日 ホソノ オーツカシューズ ロック小僧 四谷三丁目 SA_Shoes ロンドンブーツ 2004年3月13日 犬の鼻 コース  蕎麦 義理母の匂い 利き鼻 お初 楽しみ 有楽町線 2004年3月20日 ドラキュラ もち明太もんじゃ もんじゃ 老舗 雨散歩 雨の日ルック 横綱と幕下力士 追求側の役不足 地方自治法100条 百条委員会 お仕事ナシ 豊洲市場問題  ガウガウ遊び 誤知識 一人歩き 誤情報 体重による基準 2004年3月18日 生後700日目 拡散 使い回し 2004年3月19日 復活 DeNA キュレーション まとめサイト シナチク 排除感 お手つき攻撃 マリモ 風見柴 2004年2月2日 大関力士碑 いか・たらこクリーム・スープスパゲッティー 離愁 ロミー・シュナイダー 春の気配 学校への連絡はFAX 2004年2月4日 不倫愛 ジャン・ルイ・トランティニアン 戦争 豆撒き式 月始め参り 変態 同性愛者 性癖 接近 2004年1月31日 怪しいアプローチ 保育士 着替え 2004年2月1日 始動 味噌汁(玉子入り) 産婦人科医 オムツ替え 直電はダメ メール連絡もダメ 長い朝散歩 きつね庵 海辺の土手コース 2004年2月8日 我三昧 シジミ汁 京うどん お揚げさん 2004年2月9日 2月7日 自家製ちりめん山椒ごはん サラダ 特性きつね おばんざい 2004年2月7日 イカフライライス 気が抜ける 2004年2月6日 2004年2月5日 他人との関わり なりすまし 連絡帳 不幸な犬の事件 ムツゴロウ動物王国 週刊ポスト ビートたけしの21世紀毒談 小学館 テレビじゃ言えない ビートたけし 終日禁煙 三色丼 置き石 持ち去り 貼り紙 親子丼しお二号 UFOの目撃者 親子丼しお 守り神 2004年1月27日 英国服 お腹を守れ 2004年1月25日 誰か発見 復調 2004年1月29日 ブルーカラー ホワイトカラー 手でちょっかい 焼きしゃぶ お花見 2004年1月22日 廉価本 背伸び Rolling_Stone 青春 日本語吹替 脳天気 アテレコ 何を見ている 2004年1月23日 ワンタン ワンタン麺 お店 大好き好き好き 2004年1月28日 キャベツと大根菜のきざみ 銀座1丁目 串・チキンランチ カレー味チャーハン My枝 モデル りんぞー Shi-Ba(3月号) 枝っぷり 歯の痕 歯形 バブルの象徴 ステイタス マイケル・ムーア 着地点 マドンナ 有名人 反トランプ派 就任反対デモ 後進国 サタンの爪 平野ノラ TZ-802型 昔の携帯電話 枝の旋回 2004年1月26日 着ぐるみ 大量廃棄 2004年2月23日 緊張 何を 海を見て 我慢 2004年2月22日 それぞれの秋 懐かしい動作 平和 ジャスミンタイ八重洲店 2004年2月21日 木下恵介 固定電話 山田太一 2004年2月20日 やっかみ 角兵衛獅子 2004年2月19日 芸能界の体質 5万円の給料 出家 嫌いな仕事 野次馬 飼い主の寛容さ 進撃の巨人 大根役者 A_LIFE 水原紀子 木村拓哉 八重洲 タイ料理 午後3時終わり 公共工事 最終金曜日 プレミアムフライデー 置物 景色を見る 雇用促進 有給 解雇 クビ コース変更 誰か来た 曖昧な表現 2004年2月25日 可哀想 2004年2月24日 出家引退タレント 給料 ネットサーフィン お多幸 トムヤムソースパクチー炒飯 丸善 大卒初任給 アビーロード 何のため? どういう意味? 表示 停留所 ハーフメンチカツ 芸能界引退 アイドル 2004年2月14日 はまぐりオフ 創作インド料理 飼い主それぞれ 迂闊 2004年2月13日 飼い主オフ 九十九里 タイガース 沢田研二 ヒューマン・ルネッサンス ザ・タイガース 向島 お留守番 参議院議員 ボコボコ 音楽を聴く テレビに見入る 2004年2月10日 食品期限 食品廃棄 賞味期限 声優の声 非日常的 2004年2月12日 ツイート 誰か来た? コップ 2004年2月11日 GS トータル・アルバム 2004年2月17日 WAX 似て非なるもの クイーン ボンジョビ ヴァン・ヘイレン K-POP バラード 上海麺 ヤワラカイヤキソバ バトミントン バドミントン 染みる 2004年2月18日 サザンオールスターズ ルパン三世 銀座ファイブ店 タイ屋台料理 ティーヌン 間寛平 2004年2月15日  お手軽感 ナンプラー pepacafe_FOREST ジャーニー 井の頭公園 2004年2月16日 3ショット 古本