2001年私的重大ニュース

今年もそろそろ終わりに近づいている。社会的にもいろいろあったが、それらを含めて今年を振り返ってみることにした。年末のテレビ特番のように「今年の重大ニュース」という感じだ。

■引越しをした

千葉県八千代市から千葉県千葉市美浜区に7月12日に引越しをした。以前の八千代市は千葉県でも内陸側で都心と成田空港に行く時のちょうど中間地点あたりだった。従って海外旅行に行く時は大変便利なところだった。
新しい所は幕張新都心といって幕張メッセや千葉マリンスタジアムがすぐそばにあるところで海まで5分もかからないところだ。
海が見えるということはなかなか精神的に良いものでウォーキングも楽しくできたりする。海に近いところの建物というのは塩害対策がしてあるとのことだが、こればっかりは住んでみないと分からないから今のところ何とも言えない。
今回の引越しの最大のテーマは物を捨てることだった。特に本やビデオ、洋服などをかなり大胆に処分した。おかげで今度の住まいの納戸は今のところ比較的ゆったりとしている。ただ、何でも溜め込む癖があるので注意せねばならない。

■ニューヨーク同時多発テロ

日本時間の9月11日の夜10時、ニュース・ステーションを見ていたら渡辺真理が毎度おなじみの大げさなで表情で世界貿易センタービルに小型飛行機が衝突した。と第一報を報じた。すぐさま普段あまり見たこともないスカパーのCNNチャンネルに切り替えた。
同時通訳の話しぶりだとどうも小型飛行機ではなく旅客機らしい。これは大変だと思っていたら仕事で帰りが遅くなっているカミさんから電話が入って駅まで迎えに行くことになってしまった。車の中で状況を話すと早く帰ってテレビ見たいと言う。すぐさま帰ってテレビをつけると何と先ほどの絵とは様子が違っていて噴煙が増えているではないか。この時点でテロ行為であるらしいと報じられていたので我が家でもそれなりのパニックになってしまった。その後については毎日のニュースで見てのとおりだ。ただ犯行の主犯容疑者といわれているオサマ・ビンラディンをオサマ・ビンラディン「し」と言っていたので我が家ではオサマ・ビンラディン「師」なのかと思っていたら、何と「氏」だったので何だかなぁ、と驚いてしまった。
結局、WTCビルは倒壊してしまったが、古い映画でニューヨークの全景シーンなどで2棟ともさん然とそびえ立っているのを見るにつけ、事の大きさを実感してしまう。
ニューヨーカー達のインタビューもかなり報じられていたが、最初の頃のインタビューで「なぜ、我々がここまで世界から嫌われているのか考える必要もある」と言っていたのが印象的だった。

■4回目の年男

今年は巳年だったが何と生まれて4回目の年男だった。4回目というとちょっと考えてしまう。1回前の3回目の時が36才。この時も「あ〜ぁ、歳とったなぁ」と思ったことを昨日のことのように覚えている。そして次の5回目は60才。てことは還暦だ。そして6回目はというと・・・だめだ、やめておこう。年男の回数で考えると人間の人生などはかないものだということを痛感してしまう。
オリンピックをあと何回体験するのだろう。ワールドカップは?映画はあと何本見るのだろう?本はあと何冊読むのだろう?旅行はどこに行くのだろう?なんて考え始めるときりがない。
幸い良き伴侶に恵まれたので楽しさ重視の人生を過ごしたいと思うのであった。

■韓国女優、イ・ヨンエに会い損なう

韓国映画「JSA」に出演した女優イ・ヨンエがプロモーションで来日した。
ニュース・ステーションにも出演して司会の久米宏がグニャグニャになってしまったほどの美人だ。記者会見後に控え室でちょこっと会える段取りをふんで意気揚々としていたのだが、日程の変更により他の用事と重なってしまいNGになってしまった。
ネットで知り合った女の子が韓国から里帰りしていて、ちょうど記者会見の日に会う約束をしていたのだった。しかもカミさんが毎度のことながらお化粧品の買い物を頼んだりもしていたので、他の日に変更してくれと言い出せなかったのだった。言えば何の問題もなく変更してくれたであろうが、変なところが昔かたぎというか、最初に決めたことが最優先という自分なりのルールがあったりするから困ったものなのである。
イ・ヨンエは「JSA」でブレイクする前からお気に入りだっただけに少しばかり残念だった。正直言うと相当残念であった。

■母親の胃癌手術

会津若松に住む母が9月に胃癌の手術をした。初期発見ということで胃の3分の2を摘出した。術後は良好で今では意識の中では食欲もあるという。もちろん、体のほうは目が欲するほど食べものを受け付けないようだが。
少し前までなら癌というと致命的な病気の感があまりにも強かったが、最近では初期発見であれば必ずしもそうでもないようだ。手術時間も短いし、執刀医師も手慣れた感じがした。
今回の手術で初めて人間の内臓というものを見た。切除された胃は思っていた以上に大きかった。そして驚いたのが癌細胞の小ささだった。ほんのわずかな湿疹のようなものが人間の体を蝕むことを考えるとやはり病気は恐いと思った。
カミさんも同様で来年からは結婚記念日に人間ドックに泊まりこむかなどと話あった。
母親の具合はその後良いみたいだが、人間の体の弱さと病気の恐さを感じた経験であった。

■韓国語教室にまた通う

一時期、韓国語を習いに新聞系のカルチャーセンターに通っていたが、生徒数が減りすぎて一時閉鎖になったのは去年のことだった。その後、再開の案内ももらったのだが、韓国語を習う目的意識もあまりなくなってしまい、通わなくなってしまった。
通わなくなってからもNHKのテレビとラジオは欠かさず見聞きしていたが、さほど覚えてもいない知識の忘れる速度は速いものであっと言う間に当初の目標だった挨拶程度に戻ってしまった。このまま忘れていくのだろうな、と思っていたら引越した所のすぐ隣の駅にカルチャーセンターがあり、そこに韓国語教室があった。
一度見学に行ったら人数も4名ぐらいだったので9月からまた通うことにした。カルチャーセンターなので勉強勉強していないので本気で学ぼうとするにはどうかと思うが、授業料は3ヶ月で18,000円。この金額で忘れ防止になるなら良かろうと思っている。
この手の学習は先生との相性が最大のポイントだと思うのだが、日本に住んで7年になるという韓国人の女性教師は教える意欲が高い人なのでもう少し続けてみようと思っている。しかし、韓国語を使うステージがまったくなさそうなので覚えてどうするのか、という最大の問題は抱えているのであった。

■ノートパソコンが来た

WindowsもXPが発売されたが、夏前の我が家のPC環境は化石状態だった。OSはWindows95のまま、ハードディスクは増設しても8GB、メモリーも96MBの環境だった。おまけに通信環境はISDNのまま。しかしながらマシーンの調子は驚くほど良くて新機種購入後もいまだに我が家のメイン機種に君臨している。
その新機種がやってきたのは引越しをしてすぐだった。史上最悪のOSと評判のWindowsME搭載のSONYのvaioだ。XP発売間近ということもあって驚くほど安く手に入れることができた。最終的にはXPにバージョンアップするので今のところお遊びでしか使っていないが、スペックを見ると前機種とあまりに違うので驚いてしまう。
それにしてもWindows95のPC界での扱いはひどいものだ。最近のアプリケーション・ソフトなんかWindows95では使うことができない。マイクロソフト社でもオフィシャルなサポートは今年の3月で終了したといっているほどだ。
こういう状態だと我が家のメイン機種の世代交代もそう遠くはないのかもしれない。メイン機種はデスクトップと決め込んでいるのでニューフェイスの登場も時間の問題か。

■IT講習の講師

森前首相が推進していたIT革命の一環が退陣後の今年度に反映している。各市町村では今年4月から地域住民を対象にしてIT講習なるものを実施している。方法は各市町村ごとに違うみたいだが、だいたいが12時間単位の講習で1日3時間で4日間というスタイルが多いようだ。引越し前に住んでいた市でも受講者と同時に講師と補助講師を募集していたので厚かましく講師として応募したところやらせてもらうことになった。
ボランティアなのかと思っていたら1講習あたり42,000円の謝礼が出ることになり、これはしっかりやらなくては申し訳ないとPCの基本を自分なりに復習したりとけっこう大きなイベントになってしまった。
初めて講習に参加してみて驚いたのは、20人1クラスなのだが圧倒的にお年寄りが多いことだった。しかも、そのほとんどが一度もパソコンに触ったことがない人ばかりだ。
IT革命、インターネット、メール、これらの言葉がいかに世の中に浸透しているか改めて認識してしまった。皆さん一生懸命なので教える身としては襟を正してしまうほど責任感じてしまう。
それに比べて主催する市のほうは呑気というかやっぱりお役所というか、熱意をまったく感じることができない。国から予算をあてがわれたので使い切るしかないという姿勢が見え見えだ。まるで年度末の予算合わせの意味のない道路工事のようだ。
受講を終えた人たちのほとんどが、この続きはいつやるのかと思っているようだ。実際、私に質問してくる人も何人もいたほどだ。市の方針としては、一人でも多くの人にパソコンのイロハ(日本語入力、インターネット、メールの送受信)を教えるということにあるようで次なる展開などまったく考えていない。だから興味という木に登らせておいて梯子を取り払ってしまう、という感じがしてしまう。もちろん、来年14年度以降は国から予算も出ないであろうから市としても財政的に続きをやることはできないだろうし、するつもりもないだろう。
講師をさせてもらって思ったことは、私ごとき若輩者を先生と言って一生懸命聞いてくれるお年寄りたちのバイタリティのすごさだった。いくつになっても興味という好奇心を失わない素敵な姿には見習うことがたくさんあった。来年、2月まで続くようなので期間中は一生懸命指導させていただこうと思っている。

■海外旅行見送る

我が家では1年に1回は海外旅行をする計画が暗黙の了解で存在している。一番最近行ったのは2000年12月のバンコク・プーケットだったから1年が経過してしまった。毎年秋ごろからカミさんが旅行雑誌やらパンフレットを家に持ち帰ってくるようになるといよいよ今年も来たかという感じになるのだが、今年は9月のテロ事件の影響でカミさん自ら「今年はやめよう」という申し出があった。テロ事件の影響がこんなところにも出ているという感じだ。
世間的にも日本人の海外旅行は激減しているようだ。その反面、国内旅行は大人気でどこの観光地も満員御礼らしい(沖縄を除いて)。
相次ぐ海外旅行のキャンセルで倒産した旅行代理店も数多くあると報道もされていた。スカパーでハワイから放送していてる番組があるが、この放送を見てもワイキキのビーチは閑古鳥状態なのが分かるほどだ。
クリスマスに再度、大規模なテロ行為があるとも噂されているが、果たしてこの状況はいつまで続くのだろうか。我が家もこの状況をどのように受け止めていくのかおおいに気になるところである。

21世紀最初の年はニューヨーク・テロ事件というとてつもない事件が代表的な出来事になってしまった。
先日、テレビでイカとタコの生体について放送しているのを見たがその中で出てくる時代背景は2000万年前とかだった。1000年を1センチとして考えてモノサシを作ったとすると2000年はたった2センチだ。我々が生きている時代はその2センチの中のほんの少しということになる。そんなちっぽけな時代の渦の中で皆んなもがきながら一生懸命生きているわけだ。せっかくこの時代に生をもらったのだから私も精一杯もがいて生きてやるぞぉ、と思う年末なのだった。

■番外:福、来たる

今年のまとめなどと言っていたら、クリスマス前に我が家に山口県生まれの牝の柴犬がやってきた。早速、名前を考えた結果「福(ふく)」と命名。福の参加により我が家の来年の動きも大きく変化していくことだろう。名前のとおり「福、来たる」となることを願っている。
関連記事

DAVID BOWIE / 1978.12.12 / NHKホール

デヴィッド・ボウイのコンサートは今まで5回見たことがある。
1973年はグラム・ロックの雄として、1983年のシリアス・ムーンライト・ツアーは最上級のエンターテナーとして、1990年のサウンド・アンド・ビジョン・ツアーはボウイの集大成のコンサート、TIN MACHINEに関してはいまだによく分からないコンサートだった。そして1978年のコンサートはSTATION TO STATIONやLAWを中心にした構成でボウイの一番アバンギャルドでワイルドかつ繊細なコンサートとしていまだにファンには語られているものだった。
この他に80年代後期にグラス・スパイダー・ツアーというコンサートがあったが、この時はステージセットの骨組みとなった蜘蛛をデザインしたセットが日本の会場では設置できない(ドームでも無理だった)ということで来日公演は実現しなかった。

78年のコンサートは日本武道館とNHKホールで行われたが当時は武道館は会場が大きすぎるということと音響が最悪ということで音楽ファンには今イチ評判の悪い会場だった。今ではビッグ・ネーム・アーティストのコンサートはほとんどが東京ドームだから武道館でやるとなると小さいホールで見られるということになるから時の流れとは恐ろしいものだ。
で、78年のボウイのコンサートはNHKホールで見ることができた。NHKが時々放送していたヤング・ミュージック・ショー(恥かしい番組名だなぁ)の収録があったからNHKホールのコンサートが実現したのだと思う。

オープニングはギターのカルロス・アルマーが指揮棒を持って指揮者のごとくサウンドを操る『ワルシャワの幻想』。ボウイも演奏者の一員となってキーボードを弾いていた。ステージ右手のキーボードを弾いていたのはトッド・ラングレンのユートピアのメンバー、ロジャー・パウエル。そしてこの時はまだ無名だったギタリストのエイドリアン・ブリュー。エイドリアン・ブリューはこの曲では出番がないらしくギターを持ってただニヤニヤしているだけだった。しかもスーツのズボン風のワイドパンツの中にアロハシャツをズボンに入れこんでいるという妙ないでたちが印象的だった。
ほとんどインストゥルメンタルだった「ワルシャワの幻想」の後は、妙にリズムがうねっている『ヒーローズ』が始まる。この1曲のサウンドでこの日のコンサートのできがものすごく良さそうだと予感させるにじゅうぶんなサウンドだった。
案の定、その後の曲は濃厚なサウンドで前半部のピークは『フェイム』でむかえた。エイドリアン・ブリューのプログレ的なギター・ワークとロジャー・パウエルのこれまた個性的すぎるキーボードの絡み合いは絶妙を通り越して鳥肌ものだった。
そして次の『美女と野獣』が終わったところで第1部が終了。当時、1部と2部に分かれているコンサートなどなかったのでこの構成にも観客は驚いた。

興奮醒めやまぬまま第2部と移る。暗闇から聴こえてくる単調などラムの音・・・大ブレイク・アルバム「ジギー・スターダスト」からの『5年間』だ。この曲から『サフラゲット・シティ』まで一気にボウイのロック・スターとしての本領発揮のシーンが続いた。ロックン・ロールぽい曲が多いがロジャー・パウエルとエイドリアン・ブリューがいる限りありきたりのロックン・ロールなどになろうはずもない。会場は音の渦でまさにプログレ・ロックン・ロールといった感じだった。
そしてコンサートはこの日の極みともいえる『ステーション・トゥ・ステーション』へと進み最高潮をむかえる。
アンコールの『TVC15』『ステイ』『愛しき反抗』でもサウンドのうねりは続き、コンサート終了後も心地よい疲労感に見舞われたのは私だけではなかったと思う。
ステージ後ろに無数に配列された蛍光管のモノトーンを基調にした照明がショーをサポートしていたのも印象的だった。

幸いこの時、NHKで放送されたヤング・ミュージック・ショーのビデオが家にあったので見てみたが、今見ても全く色あせることなくボウイの充実期のライブとして立派に再現されていた。私の宝物のひとつとして永久保存版になるであろう。
ちなみにこの時期の貴重なライブ音源はアルバム「STAGE」としてリリースされている。

■バックアップ・メンバーズ■

エイドリアン・ブリュー(g)
カルロス・アルマー(g)
サイモン・ハウス(vn)
ジョージ・マレイ(b)
チェスター・トンプソン(dr)
シン・メイズ(key)
ロジャー・パウエル(key)

■演奏曲目■

第1部:
-ワルシャワの幻想
-ヒーローズ
-ホワット・イン・ザ・ワールド
-ビー・マイ・ワイフ
-ジーン・ジニー
-ブラックアウト
-疑惑
-壊れた鏡
-フェイム
-美女と野獣

第2部:
-5年間
-ソウル・ラブ
-スター
-君の意思のままに
-ジギー・スターダスト
-サフラゲット・シティ
-アートの時代
-アラバマの月
-ステイション・トゥ・ステイション

アンコール:
-TVC15
-ステイ
-愛しき反抗
関連記事

東京物語 / 奥田英朗



携帯のない時代の青春

久雄が行きたいのは東京の大学だった。
学部など問題ではなく、東京なら坊さんの大学でもよかった。
とにかくこの退屈な町を出たかった。
エリック・クラプトンもトム・ウェイツも素通りしてしまうこの町を。

この本の表紙帯にはこう書いてある。けっして面白い本ではない。しかし、どこか惹かれるものがある。それはたぶんノスタルジーということだと思う。作者の奥田さんは1959年生まれ。50年代生まれという括りで言えば同年代と言えなくもない。しかも私めと同じロック好きの少年、青年期だったらしい。

話は、6編のエピソードでまとめられている。それぞれが時間軸によって分かれ、その時代に起こった出来事をモチーフにしながら時代を再現している。そして主人公の田村久雄の心の成長も東京の移り変わりと同時に変化していく。
田村久雄は弱小広告代理店に勤務している。1980年12月9日の話から物語は始まる。雑用に追われる1980年の師走の1日の出来事を読むことによって村田久雄の性格や背景などを知ることができるエピローグ的なスタートだ。この日、ニューヨークでジョン・レノンが射殺されるという衝撃的な出来事が起きたことをこの章を読むことによって思い出すことができる。
物語の中では、田村久雄がこのニュースを東京のどこかで知るわけだが、私自身もこのニュースを同じ東京で聞いたことをすぐに思い出すことができた。東京のどこで、どんな服を着ていたかも明確に思い出すことができたので驚いた。田村久雄(作者の奥田さん?)の琴線に触れる出来事がいちいち自分自身と一致するから面白く読めたのかもしれない。見るものの感覚、仕事上での驕り思い上がり、対人関係、恐ろしいほど一致する部分が多かった。

最初のエピソードから次は、1978年4月4日に少し戻ることになる。この日、田村久雄は名古屋から上京したのだった。この日のエピソードは後楽園球場で行われたキャンディーズの解散コンサートだ。この出来事を主軸に母に付き添われて上京した主人公の東京1日目が描かれている。
この章で初めて主人公が最初は勉学のために上京したことを知ることになる。しかも予備校通いを目的にした浪人生として。

物語は一浪後、大学に入学した一年生としてのエピソード。仕事が認められてきて東京生活も慣れてきた頃。結婚ということを意識せざるえない年齢になってきた頃。そしてまさにバブルが弾ける寸前のある1日と展開していく。

自分自身を投影することができたからアッという間に読破することができた。あくまでも自分の年齢的な背景がフィットしたから面白かっただけなのかもしれない。
だからこれは正直、声を大にして人に薦められる本ではないのかもしれない。時間が余っている人。50年代後半から60年代前半生まれの人は読んでみて面白いと思うかもしれない。できれば音楽好きの人なら、なお良しと言うところか。

■ あの日、聴いた歌 1980/12/9

■ 春本番 1978/4/4

■ レモン 1979/6/2

■ 名古屋オリンピック 1981/9/30

■ 彼女のハイヒール 1985/1/15

■ バチュラー・パーティー 1989/11/10
関連記事
七曜表
11 | 2001/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
Twitter
ご贔屓先(五十音順)
過去の全記述
QRコード
QR
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。重度の大福ロス(ペットロス)者でもあります。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか...
ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。
福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。
大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。
Instagram
大福の足跡をその当時の写真で振り返ってます。
Twitter
あまりつぶやいていませんが...
Facebook
地味に参加しています。

タグ一覧

桜井海 売れ残り猫 おじさまと猫 grape ふくまる 900円 柴犬ファミリー2005年版 常連の品格 フジテレビ 家電連鎖 パラディーゾ 秋の気配 ボウ ムースーロー 再掲載 串かつメンチセット定食 改装 半チャン ラーメン塩 中村文造 噂の東京マガジン 飼い主次第 フェリックス・パッパラルディ ジロー Shi-Ba繋がり ストレス 僕のワンダフル・ライフ 災害 お参り 日陰 家族の一員 救助 犬は救助対象外 2004年7月9日 潜望鏡 安定の一品 九州大雨 SPOT スポット血液検査 防衛大臣 逆上女性議員 森友・加計問題 敗因分析 チワワのクゥちゃん 皮膚アレルギー 2004年7月13日 皮膚疾患 2004年7月7日 原因の本質 2004年7月10日 認知度 町内の名物 未遭遇 重ねマスク 子供用車イス マスクおばさん ヘルプマーク マーク ルチャ・リプレ マズル 冷却装置 2004年7月12日 歴史的大敗 2004年7月11日 ローラ・ダーン ツイン・ピークス_The_Return 権利の主張 ハイテンション ナオミ・ワッツ 裕木奈江 現実主義 見えないヘルプ ピーカー に非ず 3頭飼い 冷蔵庫の音 In_th_ Flesh ごま油風味 多忙 過労犬の一日 朝から晩まで Pink_Floyd_Exhibition 2004年7月1日(木) 娯楽 寛容 批判 英ブル ファルコン 2004年6月30日 分離不安 オス 倉敷市 こたろう 迷子柴 波打つ背中 胃液 玉島 阿賀崎 ショップ経由 親離れ 家が一番 休憩中 2004年6月29日 住みにくい国 町の定食屋 飼い主の責任 第3話 呑気 一人ボール遊び 大福仕様 2004年7月5日 名前は大切な贈り物 2004年7月6日 2004年7月8日 東京都議会議員選挙 聞き分け 大島売店 食べ物命 2004年7月4日 自民党完敗 パンダの縫いぐるみ 家族記念 存在感 我が家の一員 2004年7月2日 成犬 2002年7月2日(火) パンダ模様 東京都議会選挙 都民ファーストの会圧勝 打っても響かない太鼓 2004年7月3日 パンダ 自民党惨敗 Wink 凹む 第5話 叱られて 尻尾下がる 2004年7月30日 2004年7月27日 スーパーミラクルカリカリ エビ・アジ・ホタテ定食 2004年7月28日 話を理解 朝フライ カットは御法度 丸かじり 高須クリニック 佐村河内守 怪しい格好 出迎え 2004年7月26日 人は長生き 犬側からの視点 人間はエルフ チキンカレ- タンドールバル 森達也 FAKE 無料配布 KADOKAWA 本の旅人7月号 プログ 2004年7月29日 タンメンしゃきしゃき・新橋店 レディースセット 2004年8月3日 2004年8月2日 仕事始め フライング 2004年8月4日 執着心 ウケなくてが本分 ウケた コメンテーター ダジャレ デーブ・スペクター 解禁 2004年8月1日 ガジ朗 生命群として歴史の時間軸 630円均一 休日営業 遊び相手がいない 朝丼 2004年7月31日 増えるいっぽう 犬を介しての付き合い 駆け足の人生 ゲリラ豪雨 集合体 生命の時間枠 折易 誰もいない 2004年7月18日 友達待ち 機敏なゾンビ Dawn_of_the_Dead ジョージ・A・ロメロ ゾンビ お行儀 主治医 大きな音が苦手 音慣れ 警報音 踏切 2004年7月19日 知恵者 暑さしのぎ 飼い主の心 弔い 過酷な夏 ハーリア 1.5倍 2004年7月14日 竹内まりや キャベツ 忘れていた 2004年7月17日 第4話 いつまでも仲良く 2004年7月15日 偉大なるマンネリ 時のうつろい 女装 暑さのせい 奇人変人 2004年7月24日 覆す定説 耳がフタ システム不安定 マンボ 半炒飯 2004年7月25日 餃子3個 スペシャル・ランチ 韮と豚肉の野菜炒め 柴犬は水嫌い 2004年7月23日 8歳 写真撮影 早すぎる死 2004年7月21日 2004年7月20日 イガ栗 鳥藤場内店 印象誘導 2004年7月22日 ブルテリヤ 歩み寄る 自ら思い描く印象 思い込ませ メガシウマイ弁当 政府広報 2004年6月11日 砂まみれ Paris Fleetwood_Mac ボブ・ウェルチ French_Kiss つきじ獅子祭 厄除天井大獅子 2004年6月12日 2004年6月13日 Venus_And_Mars 神輿巡行 お歯黒獅子 渡御祭 Bob_Welch リバーシブル ビジュアル系 男は顔じゃない ガンとの因果関係 プルトニウム ベクレル シーベルト 2004年6月9日 帽子 ふじや 義理母上 2004年6月10日 温泉卵 陳建一麻婆豆腐店_木場店 クロ 目の前の現実 成立 テロ等準備罪 誰か来る? 草むら レスリー・ウェスト1973年 2004年6月15日 組織的犯罪処罰法改正案 日本の行く末 プロにお任せ アネシア・ナチュラルシャンプー 2004年6月16日 やってTRY! 2017年(平成29年)6月15日 レスリー・ウェスト 超過した場合 まだ もう 2015年(平成27年)6月12日(金) 丸2年 混合ワクチン 平和の維持 ファントム・オブ・パラダイス ジェシカ・ハーパー 3時間 24時間 前払い制 時間貸し駐車場 2004年6月14日 内部被爆 内部被ばく しょっぱい 味がしない 極上のラブソング ミック・ハックネル Simply_Red シンプリー・レッド こく うま味 努力に勝る天才なし 努力する天才 柴犬情報 2004年6月5日 好みの問題 化学調味料 2004年6月4日 社殿の写真 モガ 2004年6月3日 モボ 帝都 形良し 帝都東京を歩く地図 穴場中の穴場 人いない 社殿 メッシュのシート 修繕工事 日陰多い 車いない 最強 己を恥じる 梅雨入り かつ丼 2004年6月7日 トマトチャーハン 目からウロコ 西紅柿炒飯 2004年6月8日 梅雨の合間 大洗 原子力機構事故 躾けをしてもらう 言葉のマジック 晴散歩 見え方 資質の問題 羽毛布団 クネクネ 2004年6月6日 通訳者 橋本美穂 情熱大陸 ゴロンゴロン ゴシゴシ 良い悪いではない イヤな思いをさせた 喧嘩で謝る りゅうちぇる 笑うメディアクレイジー ヨダレ放題 酸味 薄いハム 余命80年 ツインピークス お披露目会 フリフリ・ツインズ 話モノ新作 生を受けた時 人の不幸は蜜の味 オッサン座り クララ・ハスキル 柴犬姉さん座り隊 2004年6月25日 残酷な生き物 小林麻央 フリフリ・ガールズ 2004年6月24日 自尊心 見栄 夏の香り 深緑の散歩道 ハナクソ猫 2004年6月22日 過去への旅路 2004年6月23日 常連の心得 価格設定 軟体 消化 収集 Clara_Haskil モーツアルト 秘密結社老犬倶楽部 2004年6月27日 人の都合 安楽死 犬の尊厳 犬(ペット)の尊厳 バランス感覚 困惑 レプトスピラ 2004年6月28日 有事 国民保護サイレン音 弾道ミサイル 尊厳 番号の選び方 One_from_the_Heart トム・ウェイツ ワン・フロム・ザ・ハート 脱オーディオ Mozart オーディオ・ヲタク クリスタル・ゲイル コッポラ 携帯電話 年齢の偏り 東京都議選 電話世論調査 2004年6月26日 粘土アート まる 心の病 自分を俯瞰で 心の余裕 心のリトマス試験紙 2004年6月18日 日なたを避ける 客観的にSNS 私刑 残留 都議会議員選挙 嬉しいお出かけ 嬉しい言葉 2004年6月19日 素敵なご婦人 ロック色排除 新旧洋楽 ずっとあなたが好きだった 冬彦 キーハンター 肺腺がん むせる 野際陽子 歴史が止まる 2004年6月17日 CD 80分 アーバン定食屋的ベスト盤 犬同士の会話 仲良し4人組 無害化不達成 仲卸業者 方針決定 二兎追うもの 市場移転問題 新メニューの開拓 豊満な胸 お気に入りの品 正妻 側室 ポストカード ぷく リラックス アウェー 2004年6月21日 面白Tシャツ ヴィレッジ・ヴァンガード 豊洲市場周辺 新散歩コース 豊洲問題 一部開園 豊洲ぐるり公園 7月7日(金) 2004年6月20日 妻の実家 1:6 妄想マッピングTシャツ 体重比 パラダイス 顔見せ興行 嘔吐 平成29年8月3日 共通キーワード 犬が好き 大福流挨拶 2004年9月27日 第11話 ふくまるのお留守番 2004年9月28日 デジカメ 公式ホームページ 武道館 ピョンチャン 平昌冬季五輪 怪しいオッサン 消えた日本 ちらし丼 エビ 遊技 キャリーバッグ 2004年9月25日 もんぜき通り復活 2004年9月24日 おねだりビーム 自分のもの 処分できず 躾け教室 訓練 貯まるいっぽう 2004年9月26日 2007年5月26日 日の丸 2004年9月29日 とんねるず 30年前 保毛尾田保毛男 特性把握 2004年10月1日 柴犬の特性 LGBT 時の流れ 雪見大福 月始め ひーまま ゆきみ 娯楽の制約 2004年10月2日 早朝営業 チキンカツ弁当 埋葬の時  地域猫 マレーシア 大きさ 白猫と老人 動物エピソード 2004年9月30日 弁当屋 ほわいと乳販店 築地ほわいと乳販店 憂さ走り 台風当たり年 千葉マリンスタジアム 1999年8月29日(日) 1着降着 ゲス騎乗 山手 千葉都民 2004年9月18日 半日東京観光 丹内祐次 斜行 TDS 犬には関係ない場所 TDR 東京ディズニーリゾート パトロールビデオ 2004年9月19日 議員辞職 比例区当選議員 おじさま目覚める 2004年9月16日 第10話 メニューは一つだけ 黒猫黒麻婆土鍋飯 麻婆 ドッグ・ワールド別冊 Let's山シバ海シバ! ちょうだい新しい 離党 2004年9月17日 納豆忘れた 海シバ担当 中島みゆき LIVE 唸り声 吠える 怪しい動き 2004年9月23日 夜間走行 ハイビーム 耳の角度 安室奈美恵 閉店セール 国民栄誉賞 アムロス 国民的 引退 右側空け 正しくてもできない 2004年9月20日 なくて七癖 チカラの抜き具合 大物感 縁会2012~13 空と君のあいだに 大福の癖 頭ペシッ 茨城 懐かしい WOODY 2004年9月22日 遊びの誘い 河本 変な看板 後日談 真犯人 エレベーター糞尿 飼い主ヘトヘト 中途半端な天気 ロングな散歩 無神経な対応 2004年10月16日 購入時期が同じ 連鎖怖い 故障 2004年10月17日 新装開店 記念品 2004年10月14日 SNSはOK 返納 盲導犬の人生 盲導犬団体 合図 ペットショップ批判 足蹴 2004年10月13日 それぞれの価値観 総務省 メールはダメ 選挙運動 開いてて良かった 雨の日の散歩回数 家電組合 家電互助会 リード咥え 不満のアピール 2004年10月20日 自公有利 インターネット投票 悪天候 2004年10月21日 困惑の小学生 実体験から 川柳 静岡大学 コピー広告 AI 人工知能 不在者投票 第48回衆議院議員選挙 台風前 ちょっと太め シャンプー日 2004年10月18日 とうめし定食 スジ 家電 iPhone6不調 顔面プレス 超大型台風 2004年10月19日 iPhone7 iPhone8 スプーン競争 遊び名人 2004年10月6日 晴れ散歩 お仕事なし 遊びには関係なし 2004年10月5日 長雨 お腹も快調 石油消費削減 海辺散歩 景色 2004年10月8日 何の夢? 2004年10月7日 夢見 お仕事ポイント 2004年10月4日 不可能 子猫物語 動物映画 犬パスポート 気疲れ 2004年10月3日 シェパードの撮影 野良犬トビーの愛すべき転生 晴朝 ストーカー 2004年10月15日 Purpose A_Dog's_ カレー蕎麦 ミニライス 2004年10月11日 雨続き サッカーW杯フランス大会 金融ビッグバン 台風被害 山一証券 ふて寝 可愛い 犯人捜し 2004年10月12日 粗相 故意 警告 危険回避 2004年10月10日 声がけで解決 負のチリツモ 情報共有 客側は知らない 平日限定サービス 知っているのは店側 月島もんじゃ 2004年10月9日 おかえりにゃさい 神田先生 第12話 お仕事もできた 大型台風 黒猫黒麻婆飯 赤坂店 2004年8月20日 3回目の参加 おやすみ_おじさま 要求貫徹 関係の変化 2004年8月19日 お疲れ様 愛煙家 身勝手 2004年8月21日姉御柴 厚かましい 鈍感 嫌煙家 吸っても良いですか 成犬扱い 仔柴扱い 種ちゃん ネット仲間 2004年8月16日 お休み_ふくまる 久しぶり 第7話 チャクラ 福の種 お盆休み 2004年8月18日 300グラム 200グラム ワイルドステーキ 大きな背中  仔犬の概念 深大寺そば 遊び方 2004年8月28日 フィッシュ・マサラ 入店システム 2004年8月29日 感情が顔に 2004年8月31日 風強し イタズラ顔 2004年8月30日 楽しくない話 犬の不幸話 町内祭り 艶姿 スタジアム整備費 2004年8月23日 2020年 コンパクト五輪 2004年8月22日 お座敷 2004年8月24日 2004年8月25日 2004年8月27日 お転婆 2004年8月26日 動画紹介 全力疾走 2004年8月15日 快楽追求型 デカ犬フェチ 中島春雄 ボーダーコリー 中国 2004年8月8日 食文化 ゴジラ・アクター シェー 八月の濡れた砂 ノーモア・ヒバクシャ シャンプー前 海が好き NantucketSleighride 2004年8月9日 OohLaLa 犬恐怖症 いか・たらこスパゲッティー 築地流 2004年8月5日 俳句 火事 2017年8月3日 火事の翌々日 第6話 野次犬男 2004年8月7日 火事跡 2004年8月6日 猫を飼ったんだ 被爆者 ヒバクシャ チャーリーハウス 懐かしの店 値段ではない 2004年8月13日 ソラ 火事の焼け跡 透明スープ トンミン 小型犬 2004年8月17日 攻撃は最大の防御なり 2004年8月14日 湯麺 ショップ出身 パピー・パーティー 寂れ感 世紀末感 2004年8月10日 二重被爆者 長崎 核兵器禁止条約 場末感 工事中 想像力 2004年8月12日 躾けはセンス 新しい公園 2004年8月11日 スフィンクス・ポーズ ビル風 タイムライン ハイライト ソフトタイプ 2004年9月11日 27時間テレビ にほんのれきし 最新情報 友達登録数 自家製ソーセージ 白桃のデザート スパゲッティー 楽しくない 掲示漏れ 興ざめ 勝海舟 勝海舟邸跡 聞き耳を立てる 2004年9月9日 誤飲 2004年9月8日 第9話 もみもみふくまる 下町の景色 下町風情 飼い主は受け皿 犬の運命 匂い嗅ぎに夢中 2004年9月10日 鯵・鱧フライ定食 2004年9月12日 過ごしやすそう 散歩コース 天国から来たチャンピオン 見てない景色 地続きの島 2004年9月14日 犬だらけの朝 GentlemenTakePolaroids DavidSylvian 家庭犬のDNA 黒猫夜 喉がカラカラ 手強いサッカーボール 2004年9月15日 動物救済便 サウスウエスト航空 従業員 2004年9月13日 30平方メートル 東京都 受動喫煙防止条例 厚生労働省 空中キャッチ 落ちるまで待てない ハービー イルマ 棄て主 人間子でもそうしますか 愛犬への愛情 第8話 放送禁止用語 エクソシスト 2004年9月3日 記憶力 覚えている テリトリー 見た イエロードッグプロジェクト TheYellowDogProject 月替わりのお参り 門仲 お参り散歩 スエーデン 黄色が目印 黄色いリボン 心が狭い 見張る人 大災害とペット レスキュー 舌が出るほど暑い 残暑 海風 2004年9月1日 悲しみの本質 不安感 2004年9月2日 フレンドリー ハリケーン・ハービー 連れて行ってもらえない 置いて行かれる 昭和横丁 2004年9月4日 ガス人間第一号 2004年9月7日 七人の侍 赤ひげ 土屋嘉男 X星人 葉っぱ 我が町内 顕性 潜性 劣性 優性 日本遺伝学会 お持ち込み アホなショッピングモール スーパーボール 大きなバウンド 2004年9月5日 The_Definitive_Collection 独り占め Steely_Dan 噛み触り 星野源 SNSの心得 2004年9月6日 livedoorNEWS オールナイトニッポン 名言 火事翌日