ダブル・ジョパディー / ネタばれ度:★☆☆ 



「ダブル・ジョパディー」が二重処罰の禁止の意味で、一度裁かれた者は同じ事件で二度裁かれる事はないということです。このタイトルの意味が分かってしまったところで、映画のストーリーというか想定についてのネタばれは、ほぼしてしまうわけです。従って、ネタばれしているところからの映画作りは相当難しいので、興味津々で見ました。

「ドライビング・ミス・デイジー」のブルース・ベルスフォード監督は、見事に娯楽サスペンスに仕上げています。やはり人間ドラマを作り慣れている監督の手腕というところなのでしょうか。
ヒロインのリビー演じるアシュレイ・ジャドが事件に巻き込まれていく過程での最初の10分ほどの中で、彼女の妻として、母としての環境、性格も表現しているし、何よりも速いテンポが素晴らしい。しかも、夫殺害の容疑での裁判シーン、刑務所内で事件の真相を把握した後、「ダブル・ジョパディー」という言葉を理解し、「ある決心」をするあたりも、ややもすると人間ドラマの部分に重きを置きすぎてベッタリした展開になってしまうところを、ざっくりと速いテンポで展開させるあたりにやはりベテラン監督の捨ててしまう(カットしてしまう)センスが感じられます。
思惑通り仮出所をはたしたリビーは、保護司のトラヴィス(トミー・リー・ジョーンズ)と出会います。ここからはリビーとトラヴィスの追跡劇が主体となって展開していきますが、アクション・シーンも見ごたえあるし、ラストに向かって進んでいくストーリーもどんどん引き込まれていく感じで全く見ているものを飽きさせません。
すっかり、映画に渋み、重みを出すために出てきたようなトミー・リー・ジョーンズには物足りない気がしないでもないですが、ヒロイン、アシュレイ・ジャドの様々な表情は久しぶりに素晴らしい演技をしていました。思わぬ拾い物をしたような満足感でした。
それと、変な邦題をつけずに原題通りに「ダブル・ジョパディー」というタイトルにしたUIPのセンスが光ります。

105分。監督:ブルース・ベルスフォード
関連記事

THERE'S THE RUB / WISHBONE ASH



ウィシュボーン・アッシュの1974年のアルバムです。
ギター・バンドは数多くあれど、ついつい忘れられがちなのがウィシュボーン・アッシュです。とりたててビッグ・セールスしたアルバムがないことと、日本の場合はレコード会社の力が弱かったことがさほど認知されなかった理由だと思います。

彼らのアルバムの中で抜群に水準の高いアルバムはこの「THERE'S THE RUB」です。アルバム・カバーは天才アート集団のヒプノシスが担当しています。アルバムは全6曲で収録時間は45分。どれもこれもツイン・ギターの音色、フレーズがいいし、歌のハーモニー、メロディーも素晴らしい曲ばかりです。オープンニングから最後の曲まで一気に聴いてこそ、このアルバムの持ち味が出るという意味ではアナログ盤よりCDの方が良いという感じがします。
イギリス出身のアーティストの歌声は、ロッド・スチュワートを筆頭に「哀愁」をおびているのが多いのですが、ウィシュボーン・アッシュのボーカル兼ベースのマーティン・ターナーの声もじゅうぶん哀愁をおびており、聴く者の気持ちによっては、悲しくせつなく聞こえる曲も少なくありません。しかも、そこにユニゾンを多用したツイン・ギターの音色ときては、涙がちょちょぎれんばかりです。
哀愁の歌声にギターの音色・・・とくればダイア・ストレイツのマーク・ノップラーを思い出す人も多いかもしれませんが、彼の場合は、バンドとは名ばかりで、本人以外のメンバーは彼のバック・アップ・メンバーとしての役割しか果たしていないので、バンドとは呼びがたいものでした。その点、ウィシュボーン・アッシュはメンバー・チェンジがあったもののバンドとして最後までツインギター・サウンドを追求していた点で大きく評価されるでしょう。
ギター・サウンドへのこだわりが出ている曲として、このアルバムのラスト・チューン「F・U・B・B」があります。約11分のこの曲はボーカルなしでのインストゥルメンタル曲です。当時ボーカルを入れないという試みはプログレッシブ系のバンド以外では大変めずらしいもので、ここにもウィッシュボーン・アッシュのこだわりと自信が感じられます。

このアルバムは、家で聴くのも良し、外で聴くのも良しの全天候型のアルバムですが、ドライブ中に(特に高速道路を運転中)聴く時は要注意です。あまりのギター・サウンドの気持ちよさにスピード・オーバーをしてしまうからです。それほどこのアルバムは聴いていて気持ちの良いものです。
関連記事

GRAND FUNK RAILROAD / 1971.7.17 / 後楽園球場


グランド・ファンク(以下GFR)の当時の日本での紹介のされ方は、世界で一番音が大きいバンド。LED ZEPPELINの前座をやり大アンコールでZEPPELINの出番がなくなった。など、勇ましいものばかりだった。デビュー・アルバムと2ndアルバムを聴くかぎりでは、それほどハードな印象を受けなかったが、3rdアルバムとして発売された2枚組ライブアルバムで噂は本当かもしれないと、興味は最大限にアップした記憶がある。それほど、このライブアルバムのできは素晴らしいものだった。

そして、いよいよそのライブに触れるチャンスがやってきた。1971年は2月にBS&T、4月にFREE、6月にはCHICAGOが来日していて、日本のロック元年と呼べるような年であった。GFR来日後はPINK FLOYD、LED ZEPPELINも来日するわけだからまさにロック元年であったのだと思われる。
そのGFRの来日コンサートは、なんと後楽園球場で行われるとあって、期待はますます高まった。今でこそスタジアムでのコンサートは当たり前であるが、GFRの後楽園球場コンサートは史上初と言えるものだったと思う。なにしろ、あのBEATLESでさえ、武道館だったし、GFRの後に来日するLED ZEPPELINも武道館でのコンサートだったのだから、GFRのすごさが分かると思う。
ちなみに当時のスタジアム・コンサートはスタンド席のみで、現在のようにアリーナ席はなかった。ステージは、セカンドベース近辺に作られたので、客席まではかなりの距離があり、今考えるとおおよそ間抜けな感じもするが、当時としては画期的だったのだ。

当日は、前座として、日本の女性ロック・シンガー、麻生レミとカナダのロック・バンド、マッシュマッカーン(ちょうど一発ヒットの『霧の中の二人』というのがタイムリーに流行っていた)がGFRを盛りあげる?はずだった。
しかし、実際にGFRを盛りあげたのは、前座の2組ではなく、自然の気象状況だった。星さえ見えていた空が、マッシュマッカーンの最後の曲あたりで、急に暗雲が立ち込めてきたのだ。そして、マッシュマッカーンの曲が終わる頃には、雷をともなった豪雨となってしまった。
本来であれば、20分程度のインターバルでGFRがヘリコプターで登場。というような演出が考えられていたようだが、30分、40分たっても、GFRは出てこない。そうこうしているうちに、会場内に、中止の噂が流れ始め、にわかに客席が騒がしくなってきた。それまで緊張感のなかった報道陣にやっと活気が出てきて、観客をカメラに収めたりし始める。
そして、1時間を経過した頃、「暴動」という雰囲気が客席に伝わってくる。なんでも、入れない客1200人がゲートをこじ開け侵入しようとしているという話が伝わってくる。イヤ〜な雰囲気が立ち込めてきた時、場内に当時の人気DJ、糸居五郎の声でアナウンスが流れる。「皆さん、グランド・ファンクは必ず、演奏をやると言っています。もうしばらく待ってください」もうこれで場内は一気にヒート・アップ。映画「ウッド・ストック」の一場面のようにどこからともなく「No Rain、No Rain」の声が聞こえ、スタジアム中に伝染し、大合唱となる。

マッシュマッカーンの演奏終了後、1時間半が経過。雨は全く降りやむ様子はないが、ついにGFRの登場となる。1塁側ダッグアウトから見慣れた3人が出てくる、マーク・ファーナーはすでに上半身裸で登場。ドン・ブリュワーはアフロ・ヘアーで長身。メル・サッチャーは思ったより華奢な感じだ。
耳をつんざく、とまではいかなかったが、雰囲気的にはじゅうぶんそんな感じに思えてしまうほどの自然現象による演出効果であった。
演奏は、ライブ・アルバムと全く同じ構成で進んでいく。オープニングは『Are You Ready?』、ハイライトはやはり『Heartbreaker』。会場全体で「ハートブレイカー」の大合唱。そして最後の曲、アニマルズのカバー曲『孤独の叫び』で興奮は最高潮となる。
演奏時間は1時間10分と短かった。しかし、誰一人、不満漏らす者はいなかったと思う。たぶん初めてロックの洗礼を受けたとような感じがしたのではないだろうか。

翌日、スポーツ紙はもちろん、一般新聞でもコンサートは騒動として報道された。もし、天気が良くて普通にコンサートが行なわれていたとしたら、GFRのコンサートはそんなに一般レベルまで話題にならなかったかもしれない。結果的にGFRは、ロック・ファンだけではなく社会をも巻き込んだコンサートを行ったことになったのではないだろうか。
後日談として、その日のコンサートは、感電の恐れがあったので、全てテープによるものだったというようなことが噂になったが、このコンサートに参加した者にとっては、そんなことはどうでも良いことだった。

■演奏曲目■

-アー・ユー・レディ
-パラノイド
-イン・ニード
-ハートブレイカー
-マーク・セズ・オーライト
-T・N・U・C
-孤独の叫び

写真提供:70's Rock 秘蔵写真館 rare pic.
関連記事

005.1999.06 / UHM JUNG HWA



オム・ジョンファといいます。韓国音楽に興味ない人にとっては初めて聞く名前だと思います。韓国音楽に興味ある人なら全員知っていると言っても過言ではないほどで、韓国の音楽界では知名度の高いスーパースターです。1999年10月に東京赤坂BLITZで「SuperStar from SEOUL 1999」というイベントが行なわれましたが、この時に日本で初のライブ・パフォーマンスを披露しました。

韓国では、シングル・レコードというのがないので、このアルバムは、1999年夏にリリースされた彼女の5枚目のオリジナル・アルバムになります。日本で韓国のアーティストが紹介される場合、ほとんどが「韓国の○○」と紹介されます。日本進出が大失敗に終わったS.E.Sがデビューした時は、「韓国のspeed」でした。オム・ジョンファが先のイベントに参加したときの紹介され方は、「韓国のマドンナ」でした。この表現が正しいかどうかは実際に見た人が判断する他はないと思います。無理に誰かに例えるのであれば、日本では工藤静香ではないかというのが私めの思うところです。

このアルバムのプロデュースはキム・チャンファンといって、これもまた「韓国の小室哲哉」などと紹介されている人で、韓国の音楽シーンでのキーマンと言える人です。アルバムは収録時間がおよそ45分、収録曲は11曲。いつも70分近くのCDを聴いている私たちには、短いというよりも、ちょうどよい長さのアルバムです。シングルがない代わりに一枚のアルバムの中から3曲ほどのビデオ・クリップを順次発表していくのが、韓国のレコード・プロモーションのおおよその流れです。このアルバムの中からも「モルラ」「FESTIVAL」の2曲がビデオ・リリースされていますが、どちらの曲も全く似ても似つかない作風、仕上がりです。この2曲に限らず、全体的にバラエティとんだ作風の曲が散りばめられています。唯一の共通項はダンス・ミュージックであることでしょうか。
このアルバムがリリースされた99年中期より韓国は日本でいうところの、テクノ、ユーロ両ビートが主流を占めています。このアルバムもそのさなかの発売なので、当然ダンス・ミュージックが主体になっています。ただ、単調なリズムの繰り返しと違って、彼女の曲は、どれもメロディがすごく耳に残ります。彼女の歌い方にどこか哀愁があることも他のダンス・ミュージックと一味違うところといえるのかもしれません。

外国の曲というと英語慣れしてしまっている私たちですが、韓国語で歌う彼女のダンス・ミュージックは必ずや満足のいくアルバムと自信を持ってのお薦めです。
なかなか手にしにくい韓国のレコードですが、タワーレコード、HMV、そして韓国街でちょっと意識して探して見て下さい。損は絶対にありません。日本での価格は、だいたい2200〜2500円ぐらいです。
関連記事

ブラック・レイン / ネタばれ度:★☆☆



松田優作の遺作となった「ブラック・レイン」、監督は「ブレード・ランナー」「エイリアン」のリドリー・スコット。出演は松田優作の他に、マイケル・ダグラス、高倉健、アンディ・ガルシア、若山富三郎。
日本のヤクザ抗争にニューヨーク市警の不良警察官がかかわることになり、日本の大阪を舞台に文化の違いの中で日米両捜査官の葛藤と友情を描いた作品。ストーリー的には特に面白味はないのですが、撮影に関しては見どころがたくさんあります。
特に圧巻なのは、大阪市で行なわれたロケ。一般道路上で撮影をするのですが、これには通常、警察に道路使用許可をとります。大阪府警も普通の映画のロケを想定して簡単に許可を発行したらしいのですが、このロケがすごい。白昼堂々の人止め、車止めの大がかりの撮影に、当日の交通は大パニックになったと思われます。その証拠に、追加撮影を行なおうと再度許可を大阪府警にとりに行ったようですが、大阪府警は許可を出さなかったというほどでした。結局、夜の大阪を車で走るシーンは香港で行なわれたとのことです。
大阪での夜のシーンがまた美しく、リドリー・スコット色を出しています。「ブレード・ランナー」で登場する未来のチャイナタウンの映像、色調を大阪の街で再現しています。霧に煙る中、照明が点滅する大阪の街は、いつも馴染んでいる大阪の景色とは全く異質のもので、監督によりこうも景色が違うのかと感心してしまいます。

出演者の中では、やはり遺作となってしまったからではないのでしょうが、松田優作が圧倒的な存在感を発揮しています。彼は自ら、オーディションを受けて出演しているのですが、この作品に対する思い入れが特別あったのでは、と思わせるほどの演技(特に表情)をしています。この作品に松田優作が出演するかしないかで、作品のできはおおいに変わったのではないでしょうか。
他の出演者の中には、ワンポイント出演でガッツ石松、島木譲二なども出ているのですが、日本映画などに出ているのとは違って、監督に(映画に?)何かを引き出されているような感じがします。女優では小野みゆきが出演していますが、彼女などを見ているとやはり身長の高い人はそれだけで存在感をアピールできるのだなと思ってしまうぐらいアメリカ映画に馴染んでいます。

この映画のもう一つのエピソードして、2通りのラスト・シーンが作られたという話が当時ありました。松田優作が死んでしまうラストと生きているラストとです。残念ながら公開されたラストのほうしか見ていませんが、もし事実なら、もう一つのラストもぜひ見たいものです。
1989年。125分。監督:リドリー・スコット。
関連記事
七曜表
01 | 2000/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 - - - -
近頃の記述
目録
検索の窓
記述の一覧

全ての記事を表示する

ご贔屓先(五十音順)
過去の全記述
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福

柴犬・福と大福の飼い主をやってました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。
只今、絶賛!大福ロス(ペットロス)継続中!

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか...

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

タグ一覧

200字 ゴールドくん 百々 芸能一家 タレカツ タジタジ ボヘミアン・ラプソディ Twitter的 散文 SNSの欠点 新潟カツ丼タレカツ 神保町すずらん通り店 モーターショー 日本シリーズ クリスマスモード カフェ飯 地元LOVE すずらん通り ご都合主義 真似っ子 CoCoちゃん 升本 TOYS_CLUB 築地場外市場 晴海ふ頭公園 フレディ・マーキュリー ドロドロ 出っぱ ジャックの宝庫 神田冬樹 極細ちぢれ麺 2005年9月28日 2005年9月27日 2005年9月26日 犬OKの宿泊施設 2005年10月5日 国際親善大使 ミックス 犬種の特性 2005年10月6日 ネット配信 2005年9月25日 見て見ぬフリ 時代なのか TSUTAYA離れ 迷い犬 水が出ていない ウイングス MRI ガッカリ 異常なこと Wild_Life 企画倒れ 2005年10月2日 休息ならず散歩 680円 リバーシティ 恋のチカラ 軽井沢プリンス 2005年10月3日 2005年10月4日 裸族が一番 金魚柄 手拭いアレンジ ZEST 2005年10月1日 Marty_Balin ハート悲しく マーティ・バリン 2005年9月30日 トレビアの泉 Hearts Jefferson_Airplane 東陽町店 AOR 犬差別 Jefferson_Starship 2005年9月29日 2005年9月23日 イライラ度アップ 2005年9月19日 悪知恵 2005年9月18日 ショコラシック 健さん お天道様 太陽浴 宝町 八丁堀 中華シブヤ 外飼い 室内飼い 2005年9月17日 場外はそのまま 窮屈な社会 具材 正論主義 サーカス 猿まわし 築地最後 2005年9月15日 軽自動車のボディ フェラーリのエンジン 2005年9月16日 耳が緊張 ハーモニカ 看板に偽りあり 2005年9月20日 憂国 軍用犬 靖国神社 2005年9月22日 会社の地力が分かる 表ナシ 2005年10月7日 下を見る時 インスタ 2005年9月24日 カオス 水曜定休 仔犬販売 不在対応 会社員 食糞はしない! 第31話 不細工な顔 楽しい顔 落ち葉遊び みんなのおかげ ふくまるの癖 ガッちゃんママ撮影 電話を受ける 軽井沢外伝 2005年9月21日 甘噛み 名店 2年遅れ リードの意味 沈みゆく太陽 2005年10月24日 地元は大混雑 2005年10月23日 サンデーランチ 2005年10月25日 庭園 右利き? 犬食文化 2005年10月26日 追尾者 飛び石 2005年10月22日 テレビショッピング ランチ穴場 奥深い味 鳥豆腐 2005年10月20日 同窓会 前金制 2005年10月21日 正直すぎ プライド ドタキャン ジュリー 犬は被害者 隠蔽の食文化 2005年10月27日 一粒のオヤツ 2005年10月30日ファミリー 白ソックス 大福との縁 安藤サクラ 2005年10月29日 一家 2005年10月31日余裕ナシの走り 2005年11月2日 鳥と鶏肉 極楽とんぼ 2005年11月1日 得手不得手 柄本時生 柄本佑 谷記_1号店 タン麺 錦糸町 谷記 価値観の相違 男性率高し 2005年10月28日 コメディー道中でござる 柄本明 劇団東京乾電池 角替和枝 認識済 同期三人衆 2005年10月19日 3歳牝馬 2005年10月10日 斤量 エルコンドルパサー G1勝ちナシ 面汚し 生傷女 2005年10月11日 2005年10月12日 インターネット時代の犬たち 怖くないのか 事故 子供の犬散歩 17着 クリンチャー 2005年10月8日 山下公園 ジモピー お膝元 バレンタイン神社 ワールドフェスタ・ヨコハマ2005 築地移転 攻防戦 技の応酬 2005年10月9日 動物保護 築地場内市場 無限に広がる犬友 合いもり丼セット 稲毛海浜公園 花の美術館 2005年10月16日 商品代金表示の統一 実質値上げ感 値上げ 味気のない空間 散歩コースのピンチ ターレー 2005年10月18日 2005年10月17日 しばらくはイイかな 10パーセント 税込 ボール探し名人 2005年10月14日 表向きの躾け 叱るパフォーマンス 2005年10月13日 秋華賞 2冠馬 消費税 税別 2005年10月15日 55kg アーモンドアイ マリンスタジアム 2005年9月12日 獺祭 だっさい ボール投げ 筋肉作り 散歩嫌い 散歩好き 島耕作 旭酒造 2005年8月15日 恒例 義援金 西日本豪雨 弘兼憲史 2005年8月14日 2007年6月8日 ご長寿柴 20歳 2005年8月13日 下北沢 F1 ロン 頑張ってとは言いづらい あやかりたい 8月10日 幻の18歳 ガッちゃんの誕生日 数えるさ 死んだ子の年 海女柴 1954年 よこしまな気持ち 月光仮面 下心丸見え 捜索開始20分 山口県 捜索ボランティア 2005年8月18日 クールビズ 2005年8月19日 ワールドバザール Aretha_Franklin アレサ・フランクリン 家でヒンヤリ 行方不明男児生還 テボギ 自衛隊発足 2005年8月16日 マリリン・モンロー来日 第五福竜丸 昭和29年 ゴールデンウエーブ 怖いモノ知らず ハムかつ定食 細切りキャベツ 2005年8月17日 感じる腕前 ハムステーキカツ 薄いハムカツ 世界1頭 MIX ウザがらている 空気読めない 2005年8月3日 空くんLove 2005年8月2日 乙女チック 2005年8月4日 暑い 水臭さ 老犬の重み 気遣い 犬の上下関係 めげずに遊ぶ パーソンラッセルテリア 会わなかった後悔 ウザがる 空気読めない大福 2005年7月31日 2005年7月30日 第27話 みんなのアイドル ポップス 2005年8月1日 緊縛ショー 最後の砦 ボンレスハム状態 グルグル巻 リード着けたまま走り合い 犬たちの世代交代 2005年8月5日 晒す 他人の不幸は蜜の味 辱め SNSの暴力 終わったな 日本人らしさ かつ丼セット 2005年8月11日 暑さの影響 2005年8月12日 どこに行っても同じ2人 お初コース ガッちゃん一家 犬とお金 ケンネル係数 秘密の場所 2005年8月8日 2005年8月7日 2005年8月6日 親方 理事長 選りどり見どり 長門裕之 DNA 2005年8月10日 おすまし 2005年8月9日 グランパパ Sisters_Are_Doin_It_For_Themselves Tom_Waits CSNY_1974 Crosby_Stills_Nash_Young CSNY ビックリの様子 2005年9月5日  2005年9月6日 無法地帯 禁句 日本一 自分好み 食記事 ドッグランの恐怖 やっぱり海 気ままな散歩コース いろいろな遊びバージョン 嬉しそうな大福 2005年9月3日 猫も棚から落ちる 喋らないことをイイことに 第29話 交番相談員 警察官OB 2005年9月4日 大福任せ 常識の範囲 駐車禁止標識 意識低すぎ 2005年9月7日 特別区 2005年9月11日 選挙の日 ほのぼのや ぷく・まる 2005年9月10日 柴っこ ギャン鳴き まん丸目 山シバ 軽井沢スカイパーク 2005年9月13日_14日 スイッチ 2005年11月3日  怒る フェーン現象 2005年9月9日 エキノコックス 寄生虫 専用ドッグラン 2005年9月8日 涼しい朝 トイプードル 第30話 不思議な生き物 サイズいろいろ シェルティー ヨーキー 犬関連の仕事 顔馴染み 2005年8月24日 嫌な思い出 老け役 小沢婦人代議士 必殺シリーズ 婿殿 悲劇のヒロイン気どり 犬捨て お金は潤滑油 2005年8月26日 鋼の錬金術師 等価交換の原則 2005年8月25日 菅井きん 紐リード 犬談議 2005年8月21日 ロケ多しの散歩コース 2005年8月20日 Crystal_Gayle フランシス・コッポラ 町内事情 屁理屈 2005年8月23日 首輪なし 冷やし酸辣麺 トリマーさん泣かせ 2005年8月22日 着信音の認識 怪しい大福 言い得て妙 高いリード 2005年8月31日 嬉しい朝散歩  学校再開 安いリード 2005年9月1日 2005年9月2日 井戸端会議 懲りない 無礼千万 招き手 2005年8月30日 距離感 着衣は嫌い 営業時間変更 飼い主の自己満足 2005年8月27日 第28話 誰よりパパさん インスタ参戦 2005年8月28日 拾い食い天国 2005年8月29日 祭りのあと 踏みつけ 選挙看板 イルカショー 挨拶が基本 トリオ・ザ・ジャック 2006年1月13日 2006年1月12日 岸恵子 兼高かおる世界の旅 旅人 サルーキ ビーグル 黒星スタート ショースポーツ 稀勢の里 消防柴 2006年1月14日 独り占め散歩 8.9kg 大福の仲間たち チャチャ dancyu ウンチ拾いボランティア 2006年1月9日 2006年1月8日 ガリバー状態 2006年1月10日 微雪 2006年1月11日 幼なじみ 暗黙のルール 右通行 左止まり 逆転優勝 2006年1月15日 2006年1月20日 仮店舗 運転柴 免許証不携帯 とどのつまり 2006年1月19日 東銀座 忘年会 2006年1月21日 どう感じているのか 安い 美味い 旨い 2006年1月18日 2006年1月17日 没イチ 言語道断 人気稼業 襲名 若柴 13代目市川団十郎 2006年1月16日 体隠しても耳隠れず 山田敬士 甘い処分 JRA騎手 除名が妥当 緊張感なし ミリちゃん 雪見ちゃん 食べられる 2005年12月31日 食べれる 訂正 遊びの記憶 字幕テロップ 犬に区切りナシ 毎日が日常 ヘッドレスト 2006年1月1日 周知されてない曲 聴いたことがない曲 レコード大賞 懐かしい記憶 怖い記憶 シーシェパード クジラを食べる文化 商業捕鯨 国際捕鯨委員会 しつけの学校 IWC脱退 2005年12月28日 表裏一体 年末モード 2005年12月30日 2005年12月29日 気が利かない 気が利く いつもと同じ一日 月日の区切りナシ 嗅覚 池の水ぜんぶ抜く 視覚 認識 天皇皇后両陛下 2006年1月5日 泥の宿命 長時間見続けられない 大福の勝ち ショッピング 2006年1月7日 原点回帰 2006年1月6日 字幕スーパー 長玉 2019年 平成31年 QUIET_PLEASE お仕事待ち だいちゃんサブちゃん 2006年1月2日 平成最後の年 2006年1月3日 ヲタク 写真小僧 2006年1月4日 山伏 参拝 偽装メール 質の低さ マスカレード・ホテル 長澤まさみ 2006年2月10日 勘違い学習 ガチャポン モモちゃんママ ロイヤルパーク・ホテル 2006年2月11日表参道 アルバイトだけの時間帯 深夜のオペレーション 解雇報告 同潤会青山アパート ヒルズ 2006年2月9日  鼻ET 時間の速さ 中堅 忠犬 2006年2月7日 ベイちゃん 焦り感 2006年2月8日 菜食主義 イノシシ 動物を食べること 豚コレラ ゴーストタウン 2006年2月14日 大〆 築地本願寺 2006年2月17日 親子丼 真如揚げ 焼鳥弁当 大山鶏炭火焼 環八 さくら坂 G1 フェブラリーステークス 駒沢公園 田園茶房 桜坂 辰の字 2006年2月16日 女性受賞者多し 地に墜ちたグラミー 不適切動画 表参道ヒルズ 神楽坂 迎賓館 第61回グラミー賞 2006年2月13日 大衆文化の流入制限 日韓関係 2006年2月15日 下見 新小学校 悪影響 2006年2月6日 同期な2人 2006年1月25日 大福に歴史あり 被写体 ハザードマップ 2006年1月24日 雪解け 2006年1月26日 肩すかしのお出かけ タクシー運転手_約束は海を越えて 2006年1月27日 大福の歴史のモノサシ 犬WEB お尻のポケット 水没 お気楽に お気軽に 朝夕雪散歩 雪景色2日目 企業は気の毒 2006年1月22日 忘年会シーズン 気づけ 不思議な景色 お約束 アイスバーン 雪景色3日目 2006年1月23日 光州事件 キム・サボク bio_ojiyan_cafe 表参道ヒルズオープン1週前 2006年2月4日 豊洲変身前 お出かけ虫 晴海ふ頭 新井浩文 韓国籍名 富士山と大福 いか・たらこクリームスパ 2006年2月5日 悪行 レーダー照射 2006年2月3日 以心不伝心 2006年1月29日 小さい子 実家オアシス 2006年1月28日 金砂福 文世光事件 情操境域 地域に貢献 2006年2月1日 2006年2月2日 1月は苦い思い出 1月最終日 2006年1月31日 飼い主の価値観 犬の価値観 冬が似合う 2005年11月20日 都会が似合う グレース 2005年11月19日 お出かけ日 マッタリ日 優勝パレード 自家製ベスト盤 東京の夜 2005年11月23日出っぱ 2005年11月22日 2005年11月21日 システム見直し 過渡期 2005年11月16日 よそ見 昭和のイメージ 2005年11月15日 2005年11月14日 昭和すぎる 2005年11月17日 人間 騙しは嫌い 第5回目 チキンスティック 2005年11月18日  古い曲ばかり 規制の中の自由 オモチャの宝庫 2005年11月28日小学生の友達 2005年11月27日 プログレ風 QUEEN Bohemian_Rhapsody 2005年11月29日 新柴友 2005年12月1日 犬OKの和食 町の秋景色 2005年11月30日 百々ちゃん 気まぐれ 2005年11月26日 ヅラ 姉歯 手強い枝 2005年11月24日 過去に生きる 思い出冬眠 電動車イス 飲酒 2005年11月25日 ラムネの瓶 面倒臭い世の中 不便さとのバランス 電動アシスト自転車 アモイ 厦門 美味しそうじゃない 暫定開通 飲食店街 グレーが基調 2005年11月6日 開市後約1ヶ月 2005年11月7日 咬まれたトラウマ 桃乳舎 小網町 読み逃げ ネットの覗き見 2005年11月8日 豊洲の開発 ホテル浦島 負けたくない宣言 最近の年長者 2005年11月4日 やっつけ仕事 松屋銀座 北海道展 不器用な生き方 砂の器 2005年11月5日 初めての場所 JUJU ドン吉 桜田ひより 本日のランチ 丸皿 占い師 2005年11月13日 2005年11月12日 野菜煮小皿 トンボ とんぼ イス寝 西北拉麺 汁なし 福建省 ばんめん 牛肉拌麺 シーベイラーメン 2005年11月11日 秋御用達 怒りの表現 卓袱台返し 使い回しの技法 熊手シスターズ 2005年11月9日 お酉様 工夫ナシ 正月番組 不思議な2人 Every_Picture_Tells_a_Story ひっつき虫 袖触れ合うのも 2005年11月10日 2005年12月2日 2005年12月3日 2005年12月20日 個性と好み 全天候型 Cafe_Bleu タイガー&ドラゴン スタイル・カウンシル SNS以前 2005年12月21日 真相 深層 迂闊発言 色盲 認識力 人力車 2005年12月19日 ザ・パシフィック 2005年12月18日 ラミ・マレック 犬を食らう 2005年12月17日 猟奇的犬事件 町内閑古鳥 年賀状の意味 ヘソ曲がり 面倒臭い奴 生存証明 親戚 友人 深窓 河野外務大臣 未更新 頑固者 赤い人 アンパンマン 2005年12月24日 汐留 昔のまま 優柔不断 年越し 2005年12月27日 12月26日 安定の和み 2005年12月26日 もも 柴族増殖中 葉っぱと風 ドライブレコーダー 風が吹けば 2005年12月22日 プラダ ゆず 売り上げ増加 証拠能力 トバッチリ 2005年12月25日 2005年12月23日 元モーニング娘。 あおり運転 怪しい 常に 焼ソバ 2005年12月7日 楽しさを与える義務 いつも前向き 虎ノ門ヒルズ 2005年12月6日 銀杏並木 四季のメリハリ 嬉しそうな2人 飼い主冥利 2005年12月10日 2005年12月9日 2005年12月8日 日比谷線 タカゲー そだねー 該当なし リードは命綱 2005年12月4日 館山 暴走? 2005年12月5日 トリマーさんの技 京浜東北線 新駅 山手線 高輪ゲートウェイ カルテ 2005年12月11日 区切りのない毎日 換毛期 夏に冬毛 2005年12月15日 銭勘定 腕達者 クチ達者 モコモコ 2005年12月16日 夜も 家の中も サングラス ポートタワー 夕暮れ 守秘義務 良い獣医師 爆弾小僧 2005年12月12日 爆弾貴公子 タイガーマスク 呑気に元気に ダイナマイト・キッド 後輩がたくさん 大福もお姉さん犬犬に 短文 2005年12月14日 犬OKのパスタ屋 大袈裟な再会 2005年12月13日 日航ホテルドッグカフェ