人生旅もかき捨て

旅の恥がかき捨てならば、人生旅もかき捨てで良いかな・・・と、「加齢な日々」を過ごしています。そして、絶賛!愛犬柴犬・大福♀ロス継続中!です。

 

Category: ■ エンタメ > 懐かしライブ   Tags: ---

Response: --  

DAVID BOWIE / 1978.12.12 / NHKホール

デヴィッド・ボウイのコンサートは今まで5回見たことがある。
1973年はグラム・ロックの雄として、1983年のシリアス・ムーンライト・ツアーは最上級のエンターテナーとして、1990年のサウンド・アンド・ビジョン・ツアーはボウイの集大成のコンサート、TIN MACHINEに関してはいまだによく分からないコンサートだった。そして1978年のコンサートはSTATION TO STATIONやLAWを中心にした構成でボウイの一番アバンギャルドでワイルドかつ繊細なコンサートとしていまだにファンには語られているものだった。
この他に80年代後期にグラス・スパイダー・ツアーというコンサートがあったが、この時はステージセットの骨組みとなった蜘蛛をデザインしたセットが日本の会場では設置できない(ドームでも無理だった)ということで来日公演は実現しなかった。

78年のコンサートは日本武道館とNHKホールで行われたが当時は武道館は会場が大きすぎるということと音響が最悪ということで音楽ファンには今イチ評判の悪い会場だった。今ではビッグ・ネーム・アーティストのコンサートはほとんどが東京ドームだから武道館でやるとなると小さいホールで見られるということになるから時の流れとは恐ろしいものだ。
で、78年のボウイのコンサートはNHKホールで見ることができた。NHKが時々放送していたヤング・ミュージック・ショー(恥かしい番組名だなぁ)の収録があったからNHKホールのコンサートが実現したのだと思う。

オープニングはギターのカルロス・アルマーが指揮棒を持って指揮者のごとくサウンドを操る『ワルシャワの幻想』。ボウイも演奏者の一員となってキーボードを弾いていた。ステージ右手のキーボードを弾いていたのはトッド・ラングレンのユートピアのメンバー、ロジャー・パウエル。そしてこの時はまだ無名だったギタリストのエイドリアン・ブリュー。エイドリアン・ブリューはこの曲では出番がないらしくギターを持ってただニヤニヤしているだけだった。しかもスーツのズボン風のワイドパンツの中にアロハシャツをズボンに入れこんでいるという妙ないでたちが印象的だった。
ほとんどインストゥルメンタルだった「ワルシャワの幻想」の後は、妙にリズムがうねっている『ヒーローズ』が始まる。この1曲のサウンドでこの日のコンサートのできがものすごく良さそうだと予感させるにじゅうぶんなサウンドだった。
案の定、その後の曲は濃厚なサウンドで前半部のピークは『フェイム』でむかえた。エイドリアン・ブリューのプログレ的なギター・ワークとロジャー・パウエルのこれまた個性的すぎるキーボードの絡み合いは絶妙を通り越して鳥肌ものだった。
そして次の『美女と野獣』が終わったところで第1部が終了。当時、1部と2部に分かれているコンサートなどなかったのでこの構成にも観客は驚いた。

興奮醒めやまぬまま第2部と移る。暗闇から聴こえてくる単調などラムの音・・・大ブレイク・アルバム「ジギー・スターダスト」からの『5年間』だ。この曲から『サフラゲット・シティ』まで一気にボウイのロック・スターとしての本領発揮のシーンが続いた。ロックン・ロールぽい曲が多いがロジャー・パウエルとエイドリアン・ブリューがいる限りありきたりのロックン・ロールなどになろうはずもない。会場は音の渦でまさにプログレ・ロックン・ロールといった感じだった。
そしてコンサートはこの日の極みともいえる『ステーション・トゥ・ステーション』へと進み最高潮をむかえる。
アンコールの『TVC15』『ステイ』『愛しき反抗』でもサウンドのうねりは続き、コンサート終了後も心地よい疲労感に見舞われたのは私だけではなかったと思う。
ステージ後ろに無数に配列された蛍光管のモノトーンを基調にした照明がショーをサポートしていたのも印象的だった。

幸いこの時、NHKで放送されたヤング・ミュージック・ショーのビデオが家にあったので見てみたが、今見ても全く色あせることなくボウイの充実期のライブとして立派に再現されていた。私の宝物のひとつとして永久保存版になるであろう。
ちなみにこの時期の貴重なライブ音源はアルバム「STAGE」としてリリースされている。

■バックアップ・メンバーズ■

エイドリアン・ブリュー(g)
カルロス・アルマー(g)
サイモン・ハウス(vn)
ジョージ・マレイ(b)
チェスター・トンプソン(dr)
シン・メイズ(key)
ロジャー・パウエル(key)

■演奏曲目■

第1部:
-ワルシャワの幻想
-ヒーローズ
-ホワット・イン・ザ・ワールド
-ビー・マイ・ワイフ
-ジーン・ジニー
-ブラックアウト
-疑惑
-壊れた鏡
-フェイム
-美女と野獣

第2部:
-5年間
-ソウル・ラブ
-スター
-君の意思のままに
-ジギー・スターダスト
-サフラゲット・シティ
-アートの時代
-アラバマの月
-ステイション・トゥ・ステイション

アンコール:
-TVC15
-ステイ
-愛しき反抗

Category: ■ エンタメ > 懐かしライブ   Tags: ---

Response: --  

ELTON JOHN / 1974.2.2 / 日本武道館

今週エルトン・ジョンの来日公演が行われたばかりだ。実は、行こうか行くまいかとさんざん迷って結局、行かなかったのだが、公演日が近づくにつれて後悔してきていたのだった。こういう後悔するコンサートは、だいたいが後に話題になるコンサートだったりするからますます後悔してしまうのだ。

1974年のコンサートはエルトン・ジョンの2度目の来日公演だった。この年の私は、1月にシルバー・ヘッドを見てマイケル・デバレスの期待はずれの容姿に落胆し、期待していなかったロリー・ギャラガーではその熱きステージに圧倒された。そして武道館のムーディー・ブルースではレコード通りに演奏してしまうプログレの力量に翻弄されてと新年早々ロック漬になっていた。更にはエルトン・ジョンのコンサートの後にはロッド・スチュワートのフェイセスのコンサートも控えているというロック小僧にとってはまさに狂喜乱舞の年だった。

この年は、原宿にやっと人が集まり始めた頃で吉田拓郎などFOR LIFEレコードのミュージシャンが集まっていた「ペニー・レイン」という喫茶店・スナックが話題になっていた頃だ。
我らブリティッシュ・ロック小僧にとっては表参道、伊藤病院の路地に「HELP」というトンガリ・ファッションの店が集まった集合店舗が話題だった。その中にあった「SCANDAL」。この店の服はサテンの服から豹柄、ロンドン・ブーツ、ツギハギジーンズとまさにブリティッシュ・ロック一色のデザインでロック小僧にとってなくてはならない店のひとつだった。
エルトンの2度目の来日で名作『黄昏のレンガ路』は来日記念盤としてリリースされた。当時のエルトンはT-REXやDAVID BOWIEと並んでグラム・ロックの代表格とされていたのでこの「SCANDAL」の洋服を買ってコンサートに向かったロック小僧も数多くいたのだった。

コンサートは、来日記念盤の『黄昏のレンガ路』からのレパートリーが主軸となり過去のヒット曲を散りばめたものでエルトンのコンサートの中でも最もクオリティの高いコンサートだったと後まで言われる素晴らしいものだった。
場内が暗転して響き渡る奥深いシンセサイザーの音、その瞬間『黄昏のレンガ路』のオープニングにもなっている「Funeral For A Friend( Love Lies Bleeding)」であることはすぐに分かった。前半部はほとんどインストルメンタルで後半にググッと盛り上がるこの曲で今回の来日公演の素晴らしさはすぐに予測することができた。大袈裟ではなくこの1曲でこの日のコンサートの良し悪しは決まったといってもいいだろう。
盛り上げたとたんに2曲目の『僕の歌は君の歌』そして『Candle In The Wind』とバラードで攻め込めあたりも心憎い選曲だ。
そして圧巻は何といっても『Bennie And The Jets』単純なリズムにエルトンのシャウト気味の歌とシンセの掛け合いが絡むこの曲は会場を最高潮の興奮に包み込んだ。
コンサートはその後もアップ・テンポの曲とバラードとを上手く緩急つけて最後の『Crocodile Rock』、アンコールの『Saturday Night's Alright For Fighting』へとなだれこむ。当時のコンサートでは当たり前だったハイテンションでコンサートは終わったのであった。

このコンサートのサポート・メンバーはよく覚えていないのだが普通よりも長めのタムタムを使っていたドラムのナイジェル・オルソンは確実にいたし、他のメンバーもアルバム『黄昏のレンガ路』に参加したメンバーだったように思う。ソロ・アーティストのコンサートの場合、アルバムに参加したメンバーがそのままコンサート・ツアーに参加する時は間違いなくクオリティの高いものなっていたようにも記憶している。だからコンサート日程が発表されると、どのようなメンバーで来日するのか非常に興味があったものだ。

エルトンのコンサートは私の記憶の中でも素晴らしかったし、当時のコンサート・レビューでも評価は高かった。私が見たのは東京公演2日目だったのだが、残念なことに前日の初日のコンサートでは曲数が大幅に少なかったと聞いている。当時のいろいろな外タレの来日公演を思い出してみると、初日はいろいろな意味でのゲネプロ的な意味あいのコンサートとしか考えられないような手抜きがあったのも事実だ。実際にチケットが売り切れるのは最終日が一番最初、初日は一番最後に売り切れていたようだ。
エルトンのコンサートは幸いにして良い公演日に出会えたのでラッキーだった。

■演奏曲目■
-Funeral For a Friend(Love Lies Bleeding)
-Your Song
-Candle In The Wind
-Hercules
-Rocket Man
-Bennie And The Jets
-Daniel
-This Song Has No Title
-Honky Cat
-Goodbye Yellow Brick Road
-The Ballad of Danny Bailey(1909-1934)
-Don't Let The Sun Go Down On Me
-Elderberry Wine
-I've Seen That Movie Too
-All the Young Girls Love Alice
-Step Into Christmas
-Crocodile Rock

アンコール:
-Saturday Night's Alright For Fighting

Category: ■ エンタメ > 懐かしライブ   Tags: ---

Response: --  

EMERSON LAKE & PALMER / 1972.7.22 / 後楽園球場

ちょうどこのコンサートの1年前にグランド・ファンク・レイルロード(GFR)の伝説のコンサートが同じ後楽園球場で行われた。新聞の社会面的には暴動を引き起こしたコンサートだったので、後楽園球場の使用に関してかなり厳しいものがあったのではないだろうか。向こう一年使用禁止みたいな。そのぐらい勘ぐりたくなるほど久しぶりスタジアム・コンサートだった。

共演(前座)でFREEが出演したのだが、1年前に日本のロック史を変えるぐらいのコンサートをしてくれた姿はそこにはなく、ひどい状態(手抜き)でFREEは再来日した。メンバーは、ポール・ロジャース(Vo.G)、サイモン・カーク(Dr)、ラビット(Key)、山内テツ(b)の4人なのだが、当時のFREEは解散、再結成問題のさなかの来日だったと思う。ギターには、オリジナル・メンバーのポール・コゾフが来日するはずだったが、結局、姿は現さずにギターをポール・ロジャースが担当して、どうにかその場を切り抜けた印象しか残らない演奏をやってしまった。

FREEの手抜き演奏が終わって、いよいよEL&Pのステージだ。1年前のGFRのコンサートよろしく今回も雨混じりのコンサートだ。ステージはセカンドベース上、客席はスタンドのみ。これもGFRの時と同じだ。遠目で見てもキース・エマーソンのキーボード類が壁のごとくステージ上に並んでいるの圧巻だった。
歓声の中、1曲目『ホウダウン』が始まる。来日記念盤ともなった『トリロジー』からのこの曲はまさにオープニングにふさわしく、弾き始めのキース・エマーソンのシンセサイザーの音で会場はすっかりEL&Pの世界に引き込まれる。
興奮冷めやらぬうちに2曲目。聞き覚えのあるイントロは『タルカス』。会場は大興奮なのだが、皆んなの興味は「タルカス」がフル・バージョンで演奏されるかどうかにあった。演奏が進むにつれてどうやらフル・バージョンで演奏することが分かり、再び大興奮となる。
「タルカス」の後は、1stアルバムからグレッグ・レイクの叙情的(当時そう言われていた)なボーカルをフィーチャーした『石をとれ〜ラッキー・マン』と続く、そしてついに『展覧会の絵』のフル演奏に突入する。
「展覧会の絵」のイントロで場内は完全にヒート・アップするのだが、途中、キース・エマーソンがNICE在籍時からのお馴染みのパフォーマンス、ハモンド・オルガンの鍵盤にナイフを刺して音をキープするという場面では日本公演用に日本刀を使ってのサービス精神を見せてくれた。更にミニ・ムーグのシールドを長くしてステージから降り、ピッチャーズ・マウンドのあたりまで出てきてムーグのソロ演奏をするなど、気難しいと噂されていたキース・エマーソンのサービス精神旺盛なパフォーマンスは意外な驚きでもあった。
「展覧会の絵」が終了して、コンサートは終了。最近のコンサートと違ってアンコールを求める手拍子はおざなりではなく、当時の客たちは手が痛くなるほどの手拍子でアンコールを求めていたのが思い出される。
そして再びEL&Pの3人が登場。アンコール曲はNICE時代の名曲『ロンド』。この曲もキース・エマーソンの独演場だった。

演奏時間は90分程度だったと思うが、またしても後楽園球場のコンサート史に新たな1ページを加えた感動的なコンサートであった。

■演奏曲目■

-ホウダウン
-タルカス
-石をとれ〜ラッキー・マン
-展覧会の絵

アンコール:
-ロンド

Category: ■ エンタメ > 懐かしライブ   Tags: ---

Response: --  

YES / 1973.3.9 / 渋谷公会堂


この年、ロックバンドとしての来日はイエスが最初だったのではないかと思います。この後、ユーライア・ヒープ、デビッド・ボウイ、ハンブル・パイ、ベック、ボガート&アピスとこの年も来日ラッシュになります。
特に、ユーライア・ヒープの来日はイエスとほぼ同時期であったため、「神VS悪魔」の対決などといわれ音楽雑誌を中心に前煽りされていました。
しかし、ユーライア・ヒープのライブはイエスの素晴らしさには程遠く、もし勝負づけするのであれば、10:0というほどイエスの圧勝でした。

イエスは前年「イエス・ソングス」というアナログ盤で3枚組のライブ・アルバムをリリースしていました。そのライブ・アルバムがあまりに素晴らしかったので、来日公演は相当期待されていました。
実際、演奏はほぼ「イエス・ソングス」の再現で、各メンバーの細かなテクニックを垣間見ることができました。来日メンバーは5人で、ボーカル:ジョン・アンダーソン、ギター:スティーヴ・ハウ、ベース:クリス・スクワイアー、キーボード:リック・ウェイクマン、ドラム:アラン・ホワイト。
当時の私の記憶を探ると、ドラムがビル・ブラッフォードならもっと良かったのにという印象を持っていたと思います。アラン・ホワイトはどうもスタジオ・ミュージシャンの匂いがしてロックという香りがしなかったという印象を持っていたと思います。それを割り引いても、イエスの演奏は素晴らしいもので、後まで語り草になるものでした。

場内の明かりがフェード・アウトで消えていくと、ストラビンスキーの「火の鳥」が流れてきます。徐々に曲が盛り上がった頃には、メンバー5人が暗いステージの上でスタンバイしています。
カウントもなしに、いきなりオープニングは『シベリアン・カトゥール』。全く「イエス・ソングス」の再現。生身のメンバーが演奏している姿はレコードからは全く想像できないものでした。ジョン・アンダーソンは小柄で線が細い感じ。クリス・スクワイアーはものすごい長身で190センチはゆうにありそう。リック・ウェイクマンは引きずらんばかりのスパンコールのマントをまとっています。スティーヴ・ハウは神経質そうに猫背でギターを弾いています。スティーヴはジャズぽいセミ・アコのギターを持っているものの、彼の前にはギター・スタンドが3本セットしてあり、曲の途中でも弾き分けます。
演奏は完璧に計算されているのでしょう。テープでは?と思うほど「イエス・ソングス」と同じです。要所要所に各メンバーのソロ・パートが盛り込まれていて、リック・ウェイクマンのソロは壮大かつ大袈裟でまさにこれぞプログレという感じ。スティーヴ・ハウは「イエス・ソングス」の中では『ムード・フォー・ア・デイ』1曲でしたが、他に『クラップ』も披露し、クラシック・ギターの腕前も見せつけてくれました。
演奏時間はおおよそ、2時間20分。各メンバーのソロ・パートでも全く間のびすることのない完璧なまでのイエス・ワールドでした。
イエスの曲は変則拍子も多いのですが、ベースが7拍子、ギターが5拍子で演奏するというまさに神業的なものもあり、プログレの醍醐味を十分堪能させてくれました。

ご存知のように、この後のイエスは頭デッカチになりすぎ、より難解な方向に進んでいき、メンバー同士の音楽性の違いという、ロック・バンドの定番ともいえる理由で解散を余儀なくされます。
80年代に新生イエスとして一瞬、注目を浴びるのですが、イエスが存在していた意味を大きくアピールできたのが、この時期の活動だったと思います。

私は、本当に良い時代を体験できたと思います。

■演奏曲目■

-オープニング(火の鳥)
-シベリアン・カトゥール
-アイヴ・シーン・オール・グッド・ピープル
-燃える朝焼け
-カラー・オブ・ザ・レインボー
-ジョン・アンダーソン・ソロ〜さくらさくら
-スティーヴ・ハウ・ソロ
〜ムード・フォー・アーデイ〜クラップ
-アンド・ユー・アンド・アイ
-危機
-リック・ウェイクマン・ソロ〜ハレルヤ
-ラウンド・アバウト

アンコール:
-ユアーズ・イズ・ノー・ディスグレイス
-スターシップ・トゥルーパー

photo by Kimio Yokohataさん

Category: ■ エンタメ > 懐かしライブ   Tags: ---

Response: --  

GRAND FUNK RAILROAD / 1971.7.17 / 後楽園球場


グランド・ファンク(以下GFR)の当時の日本での紹介のされ方は、世界で一番音が大きいバンド。LED ZEPPELINの前座をやり大アンコールでZEPPELINの出番がなくなった。など、勇ましいものばかりだった。デビュー・アルバムと2ndアルバムを聴くかぎりでは、それほどハードな印象を受けなかったが、3rdアルバムとして発売された2枚組ライブアルバムで噂は本当かもしれないと、興味は最大限にアップした記憶がある。それほど、このライブアルバムのできは素晴らしいものだった。

そして、いよいよそのライブに触れるチャンスがやってきた。1971年は2月にBS&T、4月にFREE、6月にはCHICAGOが来日していて、日本のロック元年と呼べるような年であった。GFR来日後はPINK FLOYD、LED ZEPPELINも来日するわけだからまさにロック元年であったのだと思われる。
そのGFRの来日コンサートは、なんと後楽園球場で行われるとあって、期待はますます高まった。今でこそスタジアムでのコンサートは当たり前であるが、GFRの後楽園球場コンサートは史上初と言えるものだったと思う。なにしろ、あのBEATLESでさえ、武道館だったし、GFRの後に来日するLED ZEPPELINも武道館でのコンサートだったのだから、GFRのすごさが分かると思う。
ちなみに当時のスタジアム・コンサートはスタンド席のみで、現在のようにアリーナ席はなかった。ステージは、セカンドベース近辺に作られたので、客席まではかなりの距離があり、今考えるとおおよそ間抜けな感じもするが、当時としては画期的だったのだ。

当日は、前座として、日本の女性ロック・シンガー、麻生レミとカナダのロック・バンド、マッシュマッカーン(ちょうど一発ヒットの『霧の中の二人』というのがタイムリーに流行っていた)がGFRを盛りあげる?はずだった。
しかし、実際にGFRを盛りあげたのは、前座の2組ではなく、自然の気象状況だった。星さえ見えていた空が、マッシュマッカーンの最後の曲あたりで、急に暗雲が立ち込めてきたのだ。そして、マッシュマッカーンの曲が終わる頃には、雷をともなった豪雨となってしまった。
本来であれば、20分程度のインターバルでGFRがヘリコプターで登場。というような演出が考えられていたようだが、30分、40分たっても、GFRは出てこない。そうこうしているうちに、会場内に、中止の噂が流れ始め、にわかに客席が騒がしくなってきた。それまで緊張感のなかった報道陣にやっと活気が出てきて、観客をカメラに収めたりし始める。
そして、1時間を経過した頃、「暴動」という雰囲気が客席に伝わってくる。なんでも、入れない客1200人がゲートをこじ開け侵入しようとしているという話が伝わってくる。イヤ〜な雰囲気が立ち込めてきた時、場内に当時の人気DJ、糸居五郎の声でアナウンスが流れる。「皆さん、グランド・ファンクは必ず、演奏をやると言っています。もうしばらく待ってください」もうこれで場内は一気にヒート・アップ。映画「ウッド・ストック」の一場面のようにどこからともなく「No Rain、No Rain」の声が聞こえ、スタジアム中に伝染し、大合唱となる。

マッシュマッカーンの演奏終了後、1時間半が経過。雨は全く降りやむ様子はないが、ついにGFRの登場となる。1塁側ダッグアウトから見慣れた3人が出てくる、マーク・ファーナーはすでに上半身裸で登場。ドン・ブリュワーはアフロ・ヘアーで長身。メル・サッチャーは思ったより華奢な感じだ。
耳をつんざく、とまではいかなかったが、雰囲気的にはじゅうぶんそんな感じに思えてしまうほどの自然現象による演出効果であった。
演奏は、ライブ・アルバムと全く同じ構成で進んでいく。オープニングは『Are You Ready?』、ハイライトはやはり『Heartbreaker』。会場全体で「ハートブレイカー」の大合唱。そして最後の曲、アニマルズのカバー曲『孤独の叫び』で興奮は最高潮となる。
演奏時間は1時間10分と短かった。しかし、誰一人、不満漏らす者はいなかったと思う。たぶん初めてロックの洗礼を受けたとような感じがしたのではないだろうか。

翌日、スポーツ紙はもちろん、一般新聞でもコンサートは騒動として報道された。もし、天気が良くて普通にコンサートが行なわれていたとしたら、GFRのコンサートはそんなに一般レベルまで話題にならなかったかもしれない。結果的にGFRは、ロック・ファンだけではなく社会をも巻き込んだコンサートを行ったことになったのではないだろうか。
後日談として、その日のコンサートは、感電の恐れがあったので、全てテープによるものだったというようなことが噂になったが、このコンサートに参加した者にとっては、そんなことはどうでも良いことだった。

■演奏曲目■

-アー・ユー・レディ
-パラノイド
-イン・ニード
-ハートブレイカー
-マーク・セズ・オーライト
-T・N・U・C
-孤独の叫び

写真提供:70's Rock 秘蔵写真館 rare pic.
08 2022 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福


旅の恥がかき捨てならば、人生旅もかき捨てで良いかな・・・と、「加齢な日々」を過ごしています。
愛犬柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか・・・。

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。「倉庫」もぜひ覗いてやって下さい。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Facebook
Facebookも細々と参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福の生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

目録
検索の窓
twitter
ランキング
[ジャンルランキング]
ペット
62位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

25位
サブジャンルランキングを見る>>
過去の全記述
タグ一覧

大福 築地市場 築地飯 エンタ全般 ガッちゃん 雑感 場外 場内 今宵のお供 中央区 音楽 大福_Instagram もんぜき通り 若葉 千代田区 200字 アンディ ふぢの シャンプー日 本種 枝の舞 訃報 映画 築地 港区 江東区 シャンプー 現地調達オモチャ ラーメン 餃子 段ボール アキちゃん 丸ちらし ダービー 友達犬 交通会館 おじさまと猫 売れ残り猫 桜井海 ワンタンメン 銀座 有楽町 新都心のオアシス リフエちゃん 瀬川 人形町 オモチャ 幕張新都心 ふくまる 鳥藤 富岡八幡宮 ラン丸 田園茶房 小田保 時代のモノサシ 海遊び とゝや やじ満 まぐろ丼 モモちゃん 2014年11月 中華丼 2013年9月 アリス お台場 韓国映画 中華そば SNS 海の公園 grape あけぼの 2015年1月 韓国エンタ 競馬 魚竹 美容室 地回り 2014年12月 禄明軒 ららぽーと豊洲 2015年2月 茅場町 神保町 ガッちゃんママ 韓国料理 ドッグカフェ Twitter 韓国ドラマ 鳥藤分店 鳥藤場内 東陽町 朝ラー 代官山 シュウマイ 2015年3月 ダンボール 軽井沢 2014年8月 2014年9月 2015年4月 Facebook 花時計 丸の内 野次犬 横浜 カレー ロッド・スチュワート 豊洲市場 ランチ 現地調達 市場飯 昭和48年 同期犬 新橋 フォーシーズン 冷やし中華 鳥近 魚四季 ととや タンメン エビフライ CoCoちゃん ベスト盤 鮭焼 走り回り 1973年 日本橋 花時計の公園 カッパ隊 一味唐辛子 2014年10月 木場 クロくん ビニール袋 裸族 刀削麺酒家 シンガポールチキンライス 磯野家  潮風公園 スヰートポーヅ iPhone 中栄 まだん 西銀座JRセンター David_Bowie 新富町 串カツ 一人走り ジャックラッセル サブちゃん 躾け ボルゾイ アジフライ 長生庵 ヒレカツ シューマイ 花姫号 サービス丼 半チャンラーメン 焼鳥丼 和風スパ 青葉の森公園 孤独のグルメ チャンスくん 空くん シン・コロナ もも肉 挨拶 月島 印度カレー 熱烈歓迎 Shi-Ba 餃子ライス 裏原 さんちゃん マスゴミ 青山墓地 クリスマス つくね ラルフ Rod_Stewart 楽しそう フリスビー 貸切 ゆうちゃん むさしや ゴン CoCo 小学生 グリ ビスコ にぎり1.5人前 昭和 腹あて 天房 哀しい だるまや ハヤシ 昭和49年 Christmas_Toys 待て 門前仲町 1989年 担々麺 ニュー新橋ビル サディスティック・ミカ・バンド 寝姿 チャーハン ノーリード にぎり あおりいか 1974年 お出かけ スイートポーヅ 大好物 パピー 交通公園 ムサシヤ ダイちゃん ドッグラン 姉御柴 忖度 備忘録 オムドライ 小学生の友達 天敵 大福ロス 個体の特性 インド料理 ボール カマルプール お土産 ハムエッグライス のりべー 縫いぐるみ 1.5人前 デヴィッド・ボウイ ロン・ウッド 酉の市 カッパ 悲しい ハツ串 ハスキー お仕事 たわ言 Pink_Floyd 1972年 町中華  交通飯店 オフリード 犬種の特性 台所 百々ちゃん デジビデ 久しぶり 浅草 カニクリームコロッケ 千秋 KYな大福 平耳 熱中症 テンジャンチゲ セクハラ 1991年 家族記念日 柴犬 ビーフカレー オムライス KYビル 違和感 謝罪 FUNKY 食す 立ち入り禁止 Faces かねよ食堂 昭和51年 初詣 1976年 チャーシュー ランちゃん カニコロッケ 合がけ テレビ朝日 オジヤンカフェ Rolling_Stones ねぎ豚冷やし 誕生日 ボール遊び 海柴 ニューカマー きくらげ・肉・玉子炒め チャングム 拾い食い 独り占め スーパーボール コロくん リフエ 晴海ふ頭 千葉都民 放置ウンチ ゴールドくん 宿敵  TOKIA きじ ブレなし フレブル おもてなし 土手コース アキ おでん とうめし 麻布十番納涼まつり 平成3年 ポール・マッカートニー 昭和47年 Wings WOWOW 漬けまぐろ 焼ばら海苔そば 1975年 東日本大震災 皇居 北京 銀座インズ2 ゴジラ 東京オリンピック バカ飼い主 オヤツ命 トホホ 花より団子 ハンバーグ 韓国 blog 加藤和彦 来い 引越し 夕散歩 水餃子 台場 1983年 平成元年 奇珍 年中行事 豊洲 柴道 退屈 被害者の会三人衆 冷し中華 來々軒 CM 天ぷら定食 鶏吸いと卵かけご飯 喜怒哀楽 御法度 新参者 留守番 飼い主の責任 朝散歩 ルネ 価格破壊 雨散歩 玉子焼き 飼い主次第 以心伝心 日々日常 ガン見 黒柴 極細ちぢれ麺 花島公園 ウェンディ 価値観 出ずっぱり 友達犬発見 新型コロナウイルス オヤツ ジャレ合い 松ぼっくり お好み定食 海南鶏飯 カオマンガイ ハウス 食雑感 ミッドタウン 閉店 姉さん座り 蔦屋書店 師走 銀座一丁目 先輩柴 怖い顔 待ち伏せ 日比谷公園 松本楼 お好み焼 昭和50年 カレンダー 仏頂面 地震 平成11年 太麺 福と大福の間 こだわり 旧地 新宿 個人情報 1999年 秋田犬 昭和度 柴田部長 和テイスト 2003年 平成15年 傷だらけの天使 アホ飼い主 ローリング・ストーンズ LINE 1980年 昭和55年  選挙 同期 麻布十番 渋谷区 集中力 横須賀 走水の浜 Japan 手拭い 海鮮丼 原宿 ポテトサラダ 天ぷら 細麺 巨大トイレ マイケル・ジャクソン 寝相 ロック喫茶 定番 ゴールデンウィーク 木須肉 サントラ 玉子 大根 親戚繋がり 半チャーハン 爆睡 安定の一品 想像力 田園調布 第三台場 フジテレビ パリパリ鶏ももの西安揚げ 桜情報 稲毛の浜 散歩コース 伸びるリード 千ヶ滝 狂犬病予防接種 お邪魔虫 新宿三丁目 昭和52年 ウォルター 噴水 インドレストラン ピンク・フロイド 公園 干し豆腐の和え物 フェルト サービス定食 1977年 京橋 匂いつけ モモ ワンパターン 一人遊び スイートポーズ 仲好し 魚河岸三代目・千秋 浴衣 目ヂカラ 大福グッズ ゴールデン 切ない Atlantic_Crossing 2002年 死語 血統名 ドッグショー Paul_Mccartney ほぼ200字日記 安倍首相 和詩倶楽部 ウィングス 桐島かれん 星取り表 日々徒然 スマホ 2013年11月 2015年6月 田向建一 ヒート 江戸川 尚宮 きょうのわんこ 掘り掘り ジャパン アゲワンタン 思いやり  日向ぼっこ 里帰り 一期一会 合いがけ Tシャツ 佐野研二郎 豚玉 着衣 パピヨン ぽち袋 フライ盛り合わせA 寝落ち Apple 大晦日 ネギ天カレーそば 焼売 まるよ フェルト大福 五目ワンタンメン 魚がし横丁 炒飯 ネチケット 昭和64年 銀鮭 神宮外苑 クリスマス・グッズ かきめし 熊手 五目焼きそば コロッケ 酸辣麺 2014年5月 2014年6月 ハチ公 Suzanne_Vega スザンヌ・ヴェガ 家庭内ジプシー スネークマンショー Tried_and_True お迎え いいね! 後輩柴 平成2年 1990年 海浜幕張 台風 テレ朝 イスラム国 会津若松 韓国エンタ全般 ヘアーサロン 携帯電話 過労犬 もんじゃ 葉っぱ デジカメ ギックリ腰 葉っぱの舞 お仕事ポイント ヤル気満々 台東区 ジャリコ 銀座インズ3 ジャポネ 醤油ベース 南青山 マウント お疲れモード メンチカツ You_Tube 相性 ワクチン接種 幕張の浜 カフェ飯 休息日 町内散歩 未知との遭遇 富麗華 葛西臨海公園 百々 ラジオ体操 臨機応変 13日の金曜日 一緒に行きたい 浜町公園 第2巻発売決定 猛暑 北の丸公園 福山雅治 ご都合主義 近為 近為・深川1号店 誰? 京あわせ 漬け物 怪しい人 アークヒルズ サスケ 獣医師 ジュンコちゃん 630円 サッカーボール 1971年 タンギョー ランチ難民 盲導犬 ペットロス 仔柴 ハムカツ朝定食 間違い探し 幕張メッセ 友だち犬 参議院選挙 ヤラセ おかず 動物病院 ビンゴ 五目そば タービュレン 犬OK  アメリカ 嫌い お気に入り 大爆走 九十九里浜 お多幸・本店 嬉しそう 長春館 エアコン フェイセス 飼い主 稚鮎 天丼 焼肉弁当 イチゴ テレビ 600円 五輪エンブレム 日本橋三越 ショップ マツコの知らない世界 広島 ナポリタン 大相撲 Mountain マウンテン パピーパーティー だるまそば 抜け毛 幕張 長野智子 誠実 とり煮込みそば 六本木 香妃園 萩原健一 喫煙 日本映画専門チャンネル 平成16年 玉子スープ 豊洲移転 破壊しない 咬む 噛む 麻辣刀削麺 さくらちゃん 宝物 境界線 佳肴みを木 日本酒 韓流 みを木 死の概念 目黒 胡瓜の一本漬け スジポン 大混雑  北京ダック 被害者の会 1997年 平成9年 プリンちゃん ら抜き言葉 タイムスリップ 台風一過 河尚淑 青山霊園 多香 だひゃん 盗用疑惑 ニール・ヤング 巨大広場 毛皮 人質 エルトン・ジョン シャンプー日限定雨女 昭和60年 豊ちゃん 卵スープ炒飯 Neil_Young 東京マラソン ハチ T-SITE 忠犬ハチ公 あろいなたべた 節分 1985年 イルミネーション 北朝鮮 昭和58年 怖い ベイタウン レバニラ炒め丼 恵比寿 クリスマス・イヴ ペットショップ イカフライ 駐車監視員 カキフライ 肉豆腐 TSUTAYA マイクロチップ 新メニュー ガッちゃんチ 昭和56年 みんみん 1981年 表情 晴天 ドライカレー 珉珉 旅立ち 威嚇 宮廷女官チャングムの誓い 反則技 韓国時代劇 かわうそ君 カメラ目線 苦手 笑顔 再会 ジョニ・ミッチェル 殺処分 狂犬病 千葉 犬好き 赤坂 DVD 天晴 感謝 コメント そよいち 危機管理 東京新聞 居眠り KY お疲れ様 ムースーロー 町内祭り 快楽追求型 工事中 中国 ボーダーコリー ビル風 海風 明日は我が身 ラン フルスロットル 選挙ポスター とうめし定食 スジ 食文化 フライング GW 整合性 共謀罪 東野圭吾 固定電話 上野 お参り クロ ハイテンション 災害 聞き分け 900円 目の前の現実 新散歩コース 湿疹 憂さ晴らし 触られ放題 お目々キラキラ 迷惑顔 ニューフェイス 辰の字 花の美術館 ボヘミアン・ラプソディ 私の名前はキム・サムスン 厄日 辛抱強い 秋の気配 旧地へ 北京オリンピック タロウくん ハナちゃん 移転 タジタジ 隅田川 絶賛発売中 ソン・イェジン ペットショップ出身 田中食堂 柴パラ メリハリ 推して知るべし 神保町すずらん通り店 すずらん通り 新潟カツ丼タレカツ タレカツ 表参道 ゴールド 木村拓哉 ショコラシック リーズナブル 平常心 鮭と鰆 コンセプト・アルバム シン・ゴジラ 世知辛い スンドゥブチゲ 安定感 長ネギ 下克上 アントニオ猪木 先輩犬 恐怖心 下半身に人格ナシ チーズクルチャ ペットボトル グッド!モーニング センス 失敗 マイク・ガーソン 富士山 井の頭公園 目線の先 コーギー 海の土手コース オリジナル 迷惑 美味しい  赤坂見附 津波 立ち込み のりべーさん 世知辛い世の中 トランプ大統領 日本の四季 犬の生活 先代柴 福の誕生日 大福が苦手 手強い 都知事選 イカフライライス 春の気配 枝っぷり 迎撃 エリック・クラプトン グリパパ 威風堂々 町内 ゴルフボール 物色 平成14年 昭和46年 一目置く 焼肉 命日 練り歩き アクビ 築地魚河岸 後輩犬 移転延期 演出 ダラダラ dancyu 大福の仲間たち 焼鳥弁当 神楽坂 ポートタワー 大山鶏炭火焼 クリスマスモード フレディ・マーキュリー リードは命綱 一家 怪しい 元気が一番 先輩風 ヤンちゃん 厨房命 TOYS_CLUB 満面笑み 番犬 運動公園 築地本願寺 駒沢公園 ルーティン Welcome 真如揚げ 登校散歩 ビッグサイト オートクチュール まったり 甘えん坊 中皿ライス 安定 生姜風味 校庭 本末転倒 オアシス お利口さん 赤だし 日本橋ふくしま館_MIDETTE 暑い かつ丼セット ドロドロ 犬捨て お仕事2回 山柴 柴CDケース 煮こごり 興味なし 大長今 顔馴染み お立ち台 排気ガス 予定変更 一緒にお出かけ 若い芽 メイちゃん エンタメ 城南島 ハァハァ リトマス試験紙 カテゴリー 勘違い 火事が心配 アイコンタクト お預かり 茜浜 コタロウくん 赤坂サカス ワクチン 愛の不時着 ヒョンビン 北朝鮮風味 ビニール遊び 夏の風物詩 ミサキちゃん ビームに負けて 言葉遊び 視界良好 雨をしのいで お強請り 大福ぐるみ ソファー 毛利庭園 親バカ ホジュン エンボカ 歩行者天国 右か左か 水辺ライン 用足しタイム ピレネー 神経質 リキくん コロナウイルス 猛チャージ 肉球の感触 ビスコくん HACHI どうしたものか 言語道断 


Archive

RSS