BECK BOGERT & APPICE / 1973.5.14 / 日本武道館

ベック、ボガート&アピス(以下BBA)が来日した1973年も来日ラッシュだった。3月にはイエスとユーライア・ヒープの神と悪魔の対決。4月にはデヴィッド・ボウイ、そして5月には勢いガンガンのハンブル・パイとBBAが来日している。
BBAのアルバムを1枚しか出していないのに、いきなり武道館公演というのは当時としては異例の事だった。それだけ関心が高かったということであろう。

ロッド・スチュワート、ロン・ウッドらとのジェフ・ベック・グループを解散した後、同じくヴァニラ・ファッジを辞めたティム・ボガート(ベース)とカーマイン・アピス(ドラム)と新グループ結成を考えていたがベックの交通事故でそのプランは白紙になっている。ちなみにその時、ボーカルに予定されていたのは、ロッド・スチュワートであった。
ベックの交通事故で取り残されたボガートとアピスはカクタスを結成する事になる。にわかバンドらしくサウンドの方はヴァニラ・ファッジがよりハードになったような音でしかなかった。(個人的には嫌いでなかったが)
ベックの方も回復したものの2人が別のバンドを結成してしまったので、自らのバンドを結成する。いわゆる2ndジェフ・ベック・グループである。ドラムにコージー・パウエル、キーボードにマックス・ミドルトンを起用したこのグループは結果的に2枚の名作アルバムを残して解散する事になる。この頃からベックのサウンドは、ブラック音楽の下地を持ったフュージョン・サウンドの色を残している事から、このバンドでの経験はのちのベックにとって大きな糧となったに違いない。
ベックのバンド解散、カクタスの解散で、ついに満を持した感じでBBAが結成される。ただ大きな誤算がもう一つあった。ボーカルに予定していたロッド・スチュワートがロン・ウッドと結成したフェイセスで大きな成功をあげていたため不参加だった事だ。従ってトリオでのバンド結成となる。

スタジオ録音のデビュー・アルバムを引っさげて来日したBBAは超満員の武道館で演奏を開始した。オープニングはシングル・カットもされて耳慣れたスティービー・ワンダーのカバー曲『迷信』。当時、初めて耳にするトーキング・モジュレーターの音で会場を盛り上げる。ベック以降、日本人のギタリストもトーキング・モジュレーターを使用する事が多くなったが、クチにチューブを咥えてギターの音とユニゾンで声で音を出し、それをイコライズィングするわけだが、このエフェクトの最大の欠点はやたら「唾液」が出てくることだ。従って、痴呆のようにヨダレだらけでギターを弾いているギタリストがたくさん出現した。その点、ベックは美しく演奏していたあたりも名ギタリストのいわれかもしれない。

曲は、曲目表にもあるように、デビュー・アルバムからはほとんど演奏し、更には、ジェフ・ベック・グループ時代の曲まで演奏した。懸念されたボーカルもカーマイン・アピス、ティム・ボガートがハイトーン・ボイスでうまくこなしていた。
武道館のステージ上にメンバーが3人だけというのは見た目ではかなり珍しく、存在感のあるバンドであった事は確かだ。ただ、メンバー3人というといまだにクリームの幻影があった時代なので、自然にクリームより「すごい」ことを期待していたファンが多かったようだ。
確かにテクニックにおいてはクリームに負けないものは持っていたのだが、どうにもスリルに欠けていたような気がした。ソツがないというか、ジャム・セッションを見せられているような感じというのが、一番適切な表現のような気がする。
とにかく音がでかいというのもBBAの印象である。しかも全員、楽器に関してはリーダーで、リード・ギターVSリード・ベースVSリード・ドラムという感じ。それが一番如実に現れた曲が『レディ』。ライブ・レコードで聴いても分かるようにとにかく喧しい。でもカッコいい。困ったもんだ。
アンコールの『プリンス』から『ショットガン』へのメドレーは彼らが通過してきた音楽を全て感じられるほど素晴らしい演奏であった事はぜひ伝えるべきだと思っている。

最後に、クリーム、GFR、BBAなどロック最強トリオと呼ばれるグループは多いが、私が最強トリオと呼べるのは残念ながらクリーム、GFRでもなくBBAでもなく、ポリスだと信じている。

■演奏曲目■

-迷信
-君に首ったけ
-ジェフズ・ブギー
-ゴーイン・ダウン
-ブギー
-モーニング・デユー
-スイート・スイート・サレンダー
-リヴィン・アローン
-アイム・ソー・プラウド
-レディ
-黒ねこの叫び
-ホワイ・シュド・アイ・ケア

アンコール:
-プリンス〜ショットガン
関連記事

DEEP PURPLE / 1972.8.17 / 日本武道館


DEEP PURPLEが初来日公演を果たした1972年も前年1971年の外タレ元年に劣らずの来日ラッシュだった。その年に来日公演をしたのは、CCR、PINK FLOYD、TEN YEARS AFTER、PROCOL HARUM、EL&P、T・REX、3 DOG NIGHTなど。

DEEP PURPLE公演は夏のど真ん中、8月17日に東京は武道館で1回、大阪はフェステイバル・ホールで2回だったと思う。大阪フェスティバル・ホールでロックのコンサート、しかもDEEP PURPLE、今からは想像もできないでしょ?
来日した時のDEEP PURPLEは第2期とされているメンバーで、ボーカル:イアン・ギラン、ギター:リッチー・ブラックモア、ベース:ロジャー・グローバー、ドラム:イアン・ペイス、キーボード:ジョン・ロードの5人。
ちょうど「MACHINE HEAD」をリリースした後の来日であった。

会場の武道館は大物ロック・バンドのコンサート会場としては定番になりつつあったが、当時の我々からすると大きすぎて、イヤなところという感じがしていた。
というのは、翌年来日するDAVID BOWIEやHUMBLE PIE、YESなんかは渋谷公会堂クラスでコンサートをしているからだ。
そう言えば、最近の部類に入ってしまうが、U2も初来日コンサートは渋谷公会堂だったっけ。

DEEP PURPLEは『MACHINE HEAD』で日本でも大ブレイクしたものの、イメージ的にZEPPELINより格下、という感じが当時あったような気がする。そんな評判をいっぺんに吹き飛ばしてしまったのが、この来日公演であった。この時の公演は後に『IVE IN JAPAN』としてリリースされたことはあまりにも有名だが、当時は日本だけの限定発売だったと記憶している。

会場は何故だか分からないが、なんとなく優等生的なロック・ファンが多かったような気がする。
そんな違和感もオープニングの『HIGHWAY STAR』のイントロがフェード・インぎみに鳴り響いたとたんにどこかへ行ってしまった。それほど、この公演のオープニングはインパクトがあった。おそらく、私が見た数多くのロック・コンサートの中でも1番かもしれないと思うほどの印象だった。たまに『LIVE IN JAPAN』を聴くとその当時を思い出し、聴くたびに鳥肌が立つほどだ。
ジョン・ロードのキーボード間奏のあと、ついに待っていたリッチーのギター。アルバムで聴きなれたフレーズが聴こえてくるともう涙、涙。武道館中こだまするリッチーのギターは滑らかでかつストロング。これほどストラトの特性を知り尽くしているギタリストはそうざらにはいないと言う感じだった。
興奮の1曲目が終わると間髪いれずに2曲目『SMOKE ON THE WATER』。ギター小僧なら誰でも一度は弾いてみたあのフレーズ。もう興奮状態はすでにレッド・ゾーンを突破して右にくっついたままという感じだ。
3曲目『CHILD IN TIME』へと続き、さらに興奮のレベルは下がることはない。『
STRANGE KIND OF WOMAN』『LAZY』そして最後の曲『SPACE TRACKIN'』まで、演奏のレベルは非常に高く、ややもするとありがちな、ステージ上のメンバーのみが楽しんでいるだけのような無用に長いソロ演奏もなく、素晴らしいの一語に尽きるものであった。
アンコールは、シングルでおなじみの『BLACK NIGHT』『SPEED KING』。演奏時間自体は1時間半に満たないものだったと思うが、満足度は100%を軽く超えるものだった。DEEP PURPLEはこの来日公演でZEPPELINとも肩を並べ、確実に大物としてこれ以降君臨していく事になる。

リッチーがギター・パフォーマンスでストラトを叩きつけ、壊すシーンがあったのだが、壊す直前に一度、ステージ上から消えるのだが、実はギターをチェンジしていて、壊したのは、フェルナンデスのストラト・モデルだったなどという噂も後日談としてでていた。
翌、73年にも同じメンバーで再来日を果たしたDEEP PURPLEは、武道館で2公演を予定していた。しかし初日の公演で、演奏曲目が、前年と同じことで怒ったファンがアンコール前の曲で放ったロケット花火がリッチーの足元で爆発し、それに怒ったメンバーがアンコールをしなかった。そのため大暴動となり、武道館の蛍光灯は槍投げの槍のごとく投げつけられ、アリーナのパイプイスも投げられ山積み状態、壁の時計も引きちぎられるという暴動が起こり、翌日の公演は中止という事件にまで発展した。

■演奏曲目■

-ハイウェイ・スター
-スモーク・オン・ザ・ウォーター
-チャイルド・イン・タイム
-ミュール
-ストレンジ・ウーマン
-レイジー
-スペース・トラッキン

アンコール:
-ブラック・ナイト
-スピード・キング
関連記事

LED ZEPPELIN / 1971.9.23 / 日本武道館


この年、1971年は「外タレ元年」と言っていいほど、今まで考えられないぐらいの注目ロック・バンドが来日コンサートを行なったと記憶している。2月にBST、4月にはFREE、6月にChicago、7月にGFR、8月はPINK FLOYD、そしてツェッペリンの後にはELON JOHNも来日している。
どうして急にこんなことになったのかは、当時高校生だった自分にはわからなかったが、全部見るにはお金がなさすぎたという悩みがあったことだけは記憶している。
当時のチケットの値段はS席が2800円ぐらい、C席まであってそれが1500円だったと記憶している。チケットの発売方法は今のようにオンライン・システムなどないので、全てプロモーターの事務所とプレイガイドでの手売りのみ。従って、渋谷のプレイガイドでは売り切れたが、上野のプレイガイドにはまだ売れ残っている、よし!そっちに行こうなどという状況がしょっちゅうだった。今、改めて思い出してみると間抜けな話のようだが、その時代を反映しているエピソードのひとつでもある。

でツェッペリンだが、4枚目のアルバム、俗称『4シンボルズ』をリリースした直後の来日だったようだ。来日2ヶ月前に当時の後楽園球場でグランド・ファンク・レイルロード(GFR)が雨の中でのロック・コンサートという一般新聞にも掲載されるようなムーブメントを起こしていただけに、ツェッペリンへの期待感は大変高かった。

コンサートは、当時、唯一ツェッペリンのライブを聞くことができる海賊盤『ブルベリーヒル』と構成はほとんど一緒。
オープニングは、3枚目のアルバムからシングル・カットされた『移民の歌』。この曲以外にオープニングは考えられないというほど、印象的なフレーズが鳴り響くと、ステージ上には、ミュージック・ライフで見たままの4人が立っていた。ジミー・ペイジは、それで弾けるのと言うぐらいストラップを長くして低い位置でギターを弾きまくる。ロバート・プラントはローウエストのジーンズにボレロ風のジャケットを素肌にまとっている。ジョン・ポール・ジョーンズはひかえめに黙々とベースを弾いている。ジョン・ボーナムは暴れん坊のごとく体全体でドラムを叩く、全く想像していたとおりの絵ずらであった。2曲目の『ハートブレイカー』へは切れ目なく、メドレーで突入。その後、ブルースを基調にした『貴方を愛し続けて』へと耳慣れた曲が続く、今思うと音はかなり悪かったんだと思う。ベースの音がモコモコ武道館中を包んでいたような気もする。
ちょっと意外だったのが、ジミー・ペイジの演奏がかなり荒かったことだ。しかもミス・トーンも多かった。これがライブの醍醐味さなどと無理に納得していたものの、翌年の再来日の時もそうだったこととあわせ考えると、これは何だったんだろう?もしかしてあまり巧くないのでは?とも考えられる。
更に、『幻惑されて』ではジミー・ペイジのギター・サイケデリックな世界が展開されるのだが、ギター・ソロが延々30分近くも続くと贔屓目で見ていても辛くなってしまう。それは『モビー・ディック』でのジョン・ボーナムのドラム・ソロでも同様のことが言えてしまう。
しかし、『天国への階段』でのジミー・ペイジの12弦と6弦のツイン・ネックのギターは、これまた写真で見た通りのカッコよさだったし、『胸いっぱいの愛を』でのロバート・プラントとジミー・ペイジの絡みは何のかんの言ってもやはり存在感がある。

トータルで考えると、ツェッペリンのコンサートが目の前で行なわれているという夢のような現実に本来、粗(アラ)と思えるようなものも全て帳消しされてしまったと言うことなのかもしれない。
ちなみにこの日の演奏時間は、アンコールの『ミュニケーション・ブレイクダウン』まででおおよそ2時間。次の日は2時間半、チャリティーとして行なわれた広島でのコンサートは3時間半だったようだ。
今考えると、ツェッペリンのコンサート自体は、それほどスゴイものではなかったのかもしれない。しかし、長い目で考えると、記憶に残るコンサートであったことだけは事実である。

■演奏曲目■

-移民の歌
-ハートブレイカー
-貴方を愛し続けて
-ブラックドッグ
-幻惑されて
-天国への階段
-祭典の日
-ザッツ・ザ・ウェイ
-カリフォルニア
-モビー・ディック
-胸いっぱいの愛を
〜ハロー・メリー・ルー
〜ア・メス・オブ・ブルース
〜ハウ・メニー・モア・タイムス
〜ユー・シュック・ミー
〜胸いっぱいの愛を

アンコール:
-コミュニケーション・ブレイクダウン
関連記事
七曜表
11 | 1999/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先(五十音順)
過去の全記述
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福


柴犬・福と大福の飼い主をやってました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか・・・。

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。「倉庫」もぜひ覗いてやって下さい。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Facebook
Facebookも細々と参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

タグ一覧

シン・コロナ 新型コロナウイルス コロナウイルス お邪魔虫 葛西臨海公園 失踪犬 細柴 渡辺直美 厄日 百々(モモ)ちゃん 日光浴 肉球の感触 スタジアム裏 朝から満腹 城南島 田園調布 情操教育 桜チェック チャンスくん 猛暑日 オモチャの価値観 用足しタイム 雨をしのいで ミーハー道 躾け本 視界良好 お強請り ビスコくん 結婚できない男 言葉遊び 頑張って歩いた 2007年3月11日(日) 人ごみ訓練 歩行者天国 低い体高 石橋チェック 贅沢散歩コース 2007年3月4日(日) 故事ことわざ辞典 2007年3月3日(土) イベント自粛 貯まるオモチャ ゆったり散歩 お呼ばれ カジです 写真撮り忘れ 破壊行為ナシ かた焼そば 日曜らしい朝散歩 2007年3月1日(木) 暖冬にも程が・・・ 2007年3月2日(金) 架空の時代 生活ぶり 羽根木公園 写真の背景 blogの浸透 写真は犬を表す 犬を見れば飼い主分かる 2007年3月7日(水) 世代交代 2007年3月9日(金) 2007年3月8日(木) 充実日 2007年3月6日(火) 素敵なオモチャ 完全貸切 チョンイル ハンガイン キムスヒョン 公園育ち チャンヨンナム 雑なオープニング 強風 コロナパニック 2007年3月10日(土) 2007年3月5日(月) 四季こそ良薬 梅より水 ワンワン 他の国では 犬の鳴き声 聞こえ方の違い ヘロヘロ 耳の構造 2007年2月22日(木) 散歩貯め 同期柴 訊けない 花より海 隣町散歩 2007年2月21日(水) ヨダレの勲章 エンジン全開 食えない奴 非は認めず 小泉センセ 環境大臣 小泉進次郎 朝散歩不参加 立派な大臣 客観的 お声がけ 待ち人来たる 雨降り直前 2007年2月20日(月) 普通の政治家 令和体験 2007年2月23日(金) 有栖川公園 2007年2月28日(水) 美味しくないとマズイの差 犬に甘えた店 2007年2月27日(火) 犬OKなだけ 2007年3月12日(月) 春気配 オリンピックの年 東京事変 うるう年じゃない 閏年じゃない 2007年2月 日替わり弁当 サービスコーヒー こんにちは 2007年2月24日(土) 寒の戻り 2007年2月25日(日) 1000円以下が基本 井之頭五郎 2007年2月26日(月) 怪しい定義 おろしポン酢 大ぶりの鳥肉 鳥胡椒焼き 中村屋 海が見える公園 ライブ決行 2007年3月15日(木) 血液検査 それが問題だ 大福嫌いな一週間 過保護飼い主の悩み 遊びが一番 2007年4月2日(月) 2007年4月3日(火) 素っ裸 出会いの季節 新人 2007年4月6日(金) 2007年4月4日(水) 首輪 満開桜 アーク桜フェア 別腹散歩 蘇生 2007年3月29日(木) 大福の流儀 挨拶いろいろ 挨拶様々 隣町の海 2007年3月30日(金) 2007年4月1日(日) 桜の休日 アキちゃんは大福が苦手 2007年3月31日(土) 桜チェック行脚 タロウくん 2007年4月5日(木) とんがり 時代錯誤 アート ドッグアートエクス 桜の終焉 2007年4月10日(火) 箱崎 2007年4月11日(水) 湾岸あたり 2007年4月13日(金) 2007年4月12日(木) 使用人 下僕 花びら絨毯 開花情報 銀座の野良犬? 調子今イチ 2007年4月7日(土) 結果-オーライ 武勇伝 2007年4月8日(日) マニフェスト 2007年4月9日(月) 名残桜 地域密着 投票日 統一地方選挙 2007年3月28日(水) 未来の予感 冬海 隣浜 2007年3月17日(土) 小学生男子 2007年3月16日(金) 一直線 土日の散歩風景 2007年3月18日(日) 2007年3月19日(月) 服従心 不思議ワールド 記憶回路 アウエー公園 閑散 売上げ3割減 怪しい人の図式 2007年3月14日(水) 番犬気質 2007年3月13日(火) 豆太くんのママ しいちゃん 海まだ寒し 潮風を察して 風に舞うビニール袋 1000円 死のルート 収容犬 苦いサイト お見通し 察する空気 必要なし 実名報道を 伏せ字や顔ボカシ 極悪動物病院 桜はまだまだ 桜巡りは来週 blog導入 お試し期間 2007年3月26日(月) 2007年3月27日(火) 大人は踏まない 春の嵐 2007年3月25日(日) 2007年3月24日(土) 若い芽を摘む 2007年3月20日(火) 思考回路 おいで もういいよ 不憫な戸惑い 飼い主の気持ち愛犬知らず 愛犬の気持ち飼い主知らず 2007年3月22日(木) 2007年3月23日(金) 寒い春 お出かけナシ週 2007年3月21日(水) 忙しい朝 送料無料 79日の命 大福に加護を 山口県生まれ 2007年1月17日(水) 持ちつ持たれつ 共に成長 嫌いな道 2007年1月18日(木) 同等クラス 吠える犬 2007年1月19日(金) 頑張れ! 元気が何より 基本我慢の子 2007年1月16日(火) コリアンタウン 冬仕様 2007年1月14日(日) 2007年1月13日(土) 水辺の遊び場 2007年1月12日(金) お初場所 ほぼ平常化 パパさん飼い主 韓ドラ土産 私の名前はキム・サムスン 2007年1月15日 よそよそしさ ママさん飼い主 吠え癖 外だからOK 怪しい接近 ハンター 2007年1月25日(木) 獣医師の言葉 お腹は大事 お腹浴 来られる側 遊びの一環 2007年1月27日(土) デカイ! 五反田 ロケ地巡り 2007年1月26日(金) 2007年1月24日(水) 東京湾の水面 嫌いな言葉 癒される リラクゼーション・マッサージ 落ちた 人のことは言えない 2007年1月21日(日) 元気をもらう 2007年1月22日(月) 2007年1月23日(火) 散歩圏 打合せに同席 バカ飼い主の極み アグネスもどきで 一番大きい 一番小さい 2007年1月2日(火) 引き綱 初走り 土手散歩 戌年から亥年へ 次は12年後 初ガジ 偉大なるワンパターン 明日から日常 スペシャルなボール 新年3日目 2007年1月3日(水) 新聞休刊日 2007年1月1日(月) 躾け本に反して 2006年12月30日(土) 井の中の蛙 犬が主役 年末年始モード 2006年12月29日(金) 年末カフェ パーマ 団地のオバハン 一緒のテーブル 来年もよろしく 許す範疇 催促ポーズ 2006年12月31日(日) 目がキラキラ Myself ヌクヌク クルエラさん 温々 腹這い 意外に機敏 2007年1月9日(火) 2007年1月10日(水) サブくん バニラちゃん ミントちゃん ウエンディちゃん 2007年1月11日(木) 町内一の長寿柴 超ド級 2007年1月8日(月) 長散歩 2007年1月5日(金) 得した気分 三連チャン 2007年1月4日(木) 三連荘 嬉しい遭遇 2007年1月6日(土) 柴犬らしい所作 皮膚疾患改善 笑顔満載 遠征散歩 2007年1月7日(日) 巨大タワシ 築地場内 品評会 キャップ 2007年2月14日(水) 故Y弁護士 過去の映像 懐かしい姿発見 筋肉質 合成か否か LAライフ 知識不足 ポパイ 昔は幼稚だった 要らぬ考え 癖になりそう 優れモノな場所 2007年2月11日(日) 3連休 真実の改ざん 気配を読む ビームに負けて おいて行かれたくない 正しい休日の過ごし方 ポカポカ背中 万引き家族 2007年2月12日(月) ポン・ジュノ パラサイト 第92回アカデミー賞 2007年2月15日(木) oasis 休日らしい休日 似て非なる言葉 夕方から晴天 どしゃ降りの休日 くすんだ色の歯 2007年2月18日(日) 体重測定 送料込み ルール 公園多し 2007年2月19日(月) 差別と区別 事実と真実 過ぎたるは ホワイトニング HIV 愚かなる自分 いかがわしいこと 濃厚接触 レッチリ Red_Hot_Chili_Peppers 2007年2月16日(金) バカ飼い主丸出し 歯が命 白すぎる歯 ガッちゃん夫妻 2007年2月17日(土) いつ着ける? 2007年2月10日(土) 純血種 2007年2月2日(金) 閑散なオフィス街 デルフィ 2007年2月1日(木) 待てと来い ドッグランでも基本 散歩環境 2007年2月3日(土) 黒柴ちゃん 2007年2月4日(日) レイナ ビマー モモちゃん怒る 愛犬の命綱 基本があっての命綱 里親探し 熱しやすく冷めやすい しょっぱい話 お米はお初の匂い 2007年1月28日(日) お米販売センター 飼い主をさがす会 里親の適性検査 暖かさに誘われて 2007年1月31日(水) 2007年1月30日(火) 新鮮なアングル 2007年1月29日(月) 容認 虫の居所 気持ちを汲む 2007年2月9日(金) ないものねだり 具合が悪い時は喋って欲しい 人の特権 話ができること お出かけ日和 トイレ休憩 犬にリスペクト 犬はお見通し テレビマンとしての良識 バラエティ 2007年2月13日(火) 2007年2月8日(木) 職務質問されたらアウト ケリー 2007年2月6日(火) 懐かしアワー 2007年2月5日(月) タイプ 嫌いな子 お仕事との闘い 出る時は出る ビデオ→DVD 散歩アイテム 2007年2月7日(水) 腸の活性化 分かっているけど マリンスタジアム裏 PATE屋 2007年7月2日(月) 鹿児島生まれ 風花 名前と顔 2007年7月1日(日) 急増柴族 韓日共催ワールドカップ 2007年7月3日(火) 梅雨らしい日 2007年7月5日(木) 2007年7月4日(水) 千差万別 毛色・毛質 犬種より個体 ガッちゃんパパ お出かけナシ 2007年6月28日(木) 短頭種 思案どころ 朝露 2007年6月27日(水) 時間差 2007年6月29日(金) 犬に甘えて 2007年6月30日(土) 安寧 平均値の維持 手抜き多し 犬関わる仕事 人もワンコも危機は一緒 中国野菜 井の中の蛙は幸せ 空の高さ 隣の水は甘い 2007年7月10日(火) 仕方ないなぁ 犬嫌いにならないように 2007年7月11日(水) 診察室 装着が楽 2007年7月13日(金) 湿気多し 曇天何より 立ち合い 2007年7月12日(木) 還元 2007年7月9日(月) 2007年7月7日(土) いらっしゃい ミサキちゃん 2007年7月6日(金) 手作り食 まだマシ 行き違い 2007年7月8日(日) 地球温暖化防止活動 LIVE_EARTH ミミズ ◯◯銀座 グロいネタ どんな思い? 連続会い ドッグラン料金 2007年6月16日(土) 駐車場料金 住環境 ムツゴロウさん 2007年6月15日(金) 身につまされる 悪性メラノーマ 無垢な寝姿 2007年6月17日(日) 言葉なし 飼い主さんの気持ち 東大動物病院 マズルのない子 聴覚 犬の認識 お代わり 2007年6月12日(火) お手 待て要らず 好きそれぞれ 2007年6月11日(月) わんこネット コミュニケーション 水辺ライン 2007年6月14日(木) 2007年6月13日(水) ようこそ宮崎商店 個人ホームページ 大福が好きな子 特別視 早め亭 帰り支度 2007年6月24日(日) 御影用水 ファミリーと一家 エンボカ アウトレット 2007年6月25日(月) 駐車場建設 2007年6月26日(火) 遊び場が消える 町の変化 淋しい変身 2007年6月23日(土) ピレネー 個体識別不能 値段関係なし 増えた柴族 2007年6月18日(月) よそ行きの大福 つつましい 2007年6月19日(火) 頻度高 2007年6月22日(金) カフェ・カーム 2007年6月21日(木) 2007年6月20日(水) 知り合い多し 嵐の前に 台風上陸か 嬉しさ全開 何よりの活力 貸切ビーチ シャンプー前にひとっ走り 心が狭い王選手権保持者 2007年7月29日(日) 2007年7月30日(月) 休息ポイント ドッグラン登録 スタンダードプードル 梅雨明け? 2007年7月31日(火) 休憩=オヤツ 地面より高い位置 具詰まり 圧縮型 剥がれたポスター 精鋭2人 立て看板 必殺仕置き人 あんみつ羊羹 2007年7月27日(金) 密閉 密接 経済再生優先 2007年7月28日(土) 厚生労働大臣 経済再生担当大臣 密集 アウエー スパンキー 2007年8月6日(月) 類は何とか 匂いフェチ 太陽の匂い 2007年8月5日 暑さに負けず 徒党 伝染 遊びモード バテ具合 用足しついでに 炎天下なのに 同期組 2007年8月7日(火) 犬に優しくない施設 2007年8月4日(土) 自主ルール制定 賢いな 犬関連の人 梅雨明け宣言 思い出逃避 2007年8月1日(水) 2007年8月2日(木) 暑いから程々に お台場ちょっとコム 冒険王 2007年8月3日(金) ハッスル 散歩時間はやめる イタリアン 青山三丁目 羞恥心ナシの飼い主 タイソンくん 性欲丸出し 2007年7月17日(火) 嬉しい晴れ散歩 タイソン 無事再会 犬コミュニティ ドラマロケ地 アットホームダッド ミーハー ラ・フェット多摩南大沢 2007年7月18日(水) 遠出 自責の念 飼い主の思い 365CALENDAR エントリー 365カレンダー 2007年7月14日(土) 意外に淡白 重馬場苦手 4月19日 2007年7月15日(日) 嬉しい報告 無事保護 2007年7月16日(月) お仕事も完了 台風の油断 2007年7月19日(木) 隣町の浜 2007年7月24日(火) 姉妹のように 鎖国 関所 県内に支社 物流 相性悪し 我が侭な大福 2007年7月26日(木) おサレなランチ ライトアップなオアシス 2007年7月25日(水) 我慢のガッちゃん 感染者数ゼロ 掃除の邪魔 濡れ芝嫌い 2007年7月21日(土) お仕事ぶり 2007年7月20日(金) あてつけ 宿命的お付き合い 芝生仕様 登録制 ビマくん 2007年7月23日(月) 犬好きの編集者 2007年7月22日(日) ビジター 自分チの犬が好き 2007年6月10日(日) 後手後手 安倍政権バッシング 緊急事態宣言 置いて行かれたくない 休息 2007年5月5日(土) 批判多いSNS 遠吠え投稿 ゴールデンウイーク最終日 水たまりの公園 雨で〆 2007年5月6日(日) 次なる総理 野党の責任大きい 2007年5月4日(金) 買い物お供 2007年4月30日(月) 嬉しい誤算 意外な優れモノ 渋滞回避 耳かけ大渋滞 オーバーヘッド型マスク 2007年5月1日(火) 雨を回避 GW後半 どこでも遊ぶ 2007年5月3日(木) 2007年5月2日(水) 海大好き 2007年5月7日(月) やっと平日 革製ボール 程良い硬さ 2007年5月11日(金) ラッシャー木村 紛失前提の名入り 現地調達のオモチャ 諦め良い 2007年5月12日(土) 3つめの小学校 2007年5月14日(月) 陸の孤島 子供達と大福 柴な風景 2007年5月13日(日) 名前入りオモチャ 2007年5月10日(木)  嬉ション Newモモ 2007年5月8日(火) GW開け バスケットコート 2007年5月9日(水) 新柴犬 楽か手抜きか アンテナ耳 メールで打診 編集会社 ムック 耳かけ型のイヤホフォン 2007年4月29日(日) 時間よ止まれ まだ5歳 5才 2007年4月19日(木) 順番待ち マーキング? もう5歳 まだ5才 2007年4月20日(金) もう日常 リキくん Adidas 2007年4月21日(土) アディダス 2007年4月18日(水) 自主トレ 高島屋 2007年4月15日(日) ガッちゃん圧勝 パテ屋 2007年4月14日(土) あっちゃこっちゃ ダメ犬になれる方法 ジェントルリーダー 2007年4月17日(火) 公園めぐり 我がまま娘 2007年4月16日(月) クチ輪 誕生日翌日 2007年4月22日(日) 約2年ぶり 豆太朗ママ 2007年4月27日(金) スネークマン・ショー 岩井勇気 クラウス・ノミ 檜町公園 グレートデーン 見慣れぬ動き 体操 2007年4月28日(土) 醤油の魔人 塩の魔人 ハライチ ドリームマッチ2020 調整の甲斐もなく 2007年4月24日(火) 微調整 2007年4月23日(月) Wel亀 丸柴 2007年4月25日(水) 何様? ジョーズ 品薄 大好き 2007年4月26日(木) 女傑 ダブル記念日 フレブル感 代々木公園 ウッドチップ 2007年6月1日(金) タロウ 夢は体験の中から 思い出作り お散歩MAP 2007年6月2日(土) しわ寄せ 皺寄せ 2007年6月3日(日) スタッフ力 連チャン 100CLUB にんげんドキュメント 老犬クー太18歳 揃い踏み 2007年5月29日(火) リードさばきA多頭飼い 2007年5月28日(月) 気持ち良う散歩 梅雨間近  ちょうだい デジャブ 2007年5月31日(木) セーフ 2007年5月30日(水) 本物は? 同じ相手 押さば引け 日陰歩き 生きる知恵 水飲み場の把握 水分補給 正す 2007年6月7日(木) 頼もしい 2007年6月8日(金) そーぶくん 破壊はしない 2007年6月9日(土) チョーシ屋 梅雨入り間近 後押し 助長 会場視察 ビーチバレー 2007年6月5日(火) ファミレス 引かば押せ 2007年6月4日(月) 体力消耗 2007年6月6日(水) 富川アナウンサー 感染者差別 報道ステーション 懐かしい顔ぶれ プチ同窓会 心地良い夕方 2007年5月27日(日) fumo 100club 日程消化試合 2007年5月18日(金) 神経質 移動は無理 犬が好きも様々 馬肉フード 大福のオモチャ 2007年5月20日(日) 色落ち 日焼け 2007年5月19日(土) スペア購入 頑固 ハウス事情 あうん 飼い主さん次第 2007年5月15日(火) パートタイム裁判官 正しいワンコの散歩 タレント犬 遊ぶ時は遊ぶ 2007年5月16日(水) 安上がり 2007年5月17日(木) 自然の恵み 松ぼっくり軍団 自給自足 夕方シャンプー まさかのシャンプー 従順 2007年5月25日(金) シロツメクサ 冬は夏を 猛暑の予感 夏は冬を かろうじてセーフ 雨予報 抵抗感ナシ 居心地悪そう ポッサム 2007年5月26日(土) パラパラ雨 2007年5月24日(木) 鬼畜飼い主 名残惜しい 痛い目に 特訓相手 2007年5月21日(月) 疲労困ぱい ウトウト 2007年5月22日(火) お立ち寄り 2007年5月23日(水) 犠牲はいつも犬 アピール 定休日 右か左か 少しマシ