人生旅もかき捨て

旅の恥がかき捨てならば、人生旅もかき捨てで良いかな・・・と、「加齢な日々」を過ごしています。そして、絶賛!愛犬柴犬・大福♀ロス継続中!です。

 

Category: ■ エンタメ > 音楽   Tags: ---

Response: --  

ジプシー / 児島未散



「ヘタうま」という言葉がある。上手くはないけど味がある。という説明が一番良いのだろうか。「上手くはない」と言っているあたりに自分の思い入れが感じられる言葉でもある。できれば「ヘタ」とは言いたくない、という自分勝手な思い入れというか・・・。ローリング・ストーンズなどはこの「ヘタうま」の最高峰かもしれない。

児島未散もけっして歌が上手いわけではない。むしろ上手い、ヘタで分けるならヘタなほうなのかもしれない。しかし、雰囲気はじゅうぶんにありヘタというひと言で片づけることはできない。ある時はフランソワーズ・アルディのようでもあり、イ ジヨンのようでもあり、マリアンヌ・フェイスフルのようでもあり、ニコのようでもある。
彼女の歌声にはどの曲も水滴がついているようでドライな感じがしない。だからと言って決して暗いのでもない。彼女の歌の良さは雰囲気もそうだが、歌詞がはっきり耳に入ってくることもあげられる。これはとても大事なことであり難しいことでもある。歌声や歌いかたが耳にいってしまい、歌詞がすんなり入ってこないシンガーが多い中でとても貴重なことだといえる。サウンドの邪魔にもならず、歌詞の邪魔にもならず、しかも存在感を保つ歌いかた。これが児島未散の魅力といえるだろう。

この「ジプシー」というアルバムは1991年にリリースされた彼女にとって2枚目のアルバムだったと思う。と、あやふやなことしか言えないほど彼女のシンガーとしての歴史は短い。おそらくこのアルバムの後にもう一枚リリースして歌手活動はやめていると思う。
アルバムは全10曲でアルバム・タイトル曲の「ジプシー」はシングル・カットされチャートも上位に(10位以内)にランクされていたと思う。その時の1位は小田和正の「ラブ・ストーリーは突然に」だった、という時代背景だ。
「ジプシー」を始め比較的ミディアム・テンポの曲が多く、このテンポでこそ彼女の持ち味は発揮されていたと言えるだろう。

彼女は1967年生まれで俳優、宝田明の娘さんだ。ということは彼女のお母さんは1959年度のミス・ユニバース、児島明子だ。この2人の娘なので身長も168cmとスタイルもよい。容姿端麗ゆえに歌手という職業にもあまり執着心がなかったのかもしれない。しばらく表舞台から姿を消していた後、女優としてテレビで見かけることになる。「透明人間」「金八先生」に出演している。そしてその後はまた姿を消すことになる。少なくても私の知るかぎりでは。

人は偶然にも自分の実力以上の力を発揮してしまうことがある。彼女にとってもこの「ジプシー」は偶然の産物であり、明らかに自分の標準以上の出来になってしまったのだと思う。この偶然の産物がその後の彼女の生き方にどういう影響を与えたのか、今となってはその答えを自信を持って答えることはできない。ただ、このアルバムが「歌手」児島未散の存在を確実に残した名作であることは自信を持って言える。
このアルバムを入手することはかなり困難だろう。中古CDショップ、フリーマーケットで格安値段で売りに出ているのを見つけたなら、迷わずゲットすることをお薦めする。
関連記事

Category: ■ エンタメ > 映画   Tags: ---

Response: --  

アイアン・ジャイアント / ネタばれ度:★★☆ 



男のガキ心というのは永遠なのだろうか。この手の映画には、いい歳して泣けてしまう。女の人も泣いてしまうのだろうが涙の種類が違うかもしれない。別に任侠の世界とも違って男だけの世界なんて大袈裟なものではないのだが、何なんだろう。
アイアン・ジャイアントはアニメだ。しかもストーリーは単純明快でラストまで簡単に予想できる。絵もあっさりしていて簡単。なのに泣けてしまうのがアイアン・ジャイアント。

話は1957年のアメリカ、メイン州の港町ロックウェルでの話。嵐の夜に難破した船の乗組員が灯台の光と思って見たのが謎の物体。その物体に興味を持った9才の少年ホガースはある夜、家を抜け出して深い森の中を探検しに出かける。そしてそこで見たものはとてつもなく大きな鉄の塊・・・ロボットだった。ロボットは、どこか人間らしい部分を持っていて鉄を食べないと生きていけないらしい。その夜も鉄を求めて彷徨っていたが発電所の高架線に引っかかってしまい、あわや感電寸前のところをホガース少年に助けられる。
以来、ホガース少年とロボットとの交流が始まる。ホガースは、ロボットに言葉を教えようと試みる。意外なことにロボットは言葉を理解しようとする気配がある。ホガースは、ロボットに良い人(ヒーロー)と悪い人の違いを教える。結果、ロボットはスーパーマンを好むようになる。
町外れに住むスクラップ屋の理解者ディーンを得るがロボットの存在は秘密だ。しかし、不思議な事件が相次ぐこの町に政府調査員が現れ、いよいよロボットの存在を隠し切れなくなってしまう。
心優しいロボットだが、ひょんなことからこのロボットの意外な一面が分かってしまう。ロボットにオモチャの銃を向けたとたんにロボットの表情が一変する。このロボットを危険と見た調査員は政府に軍隊の出動を依頼し、ロボットを破壊しようとする。ホガースは誤解を解くべく必死に軍隊長を説得するがその甲斐虚しくミサイル発射のスイッチは押されてしまう。ミサイルは空高く発射され、ロボットのいるロックウェルの町に向かってくる。ホガースと見つめ合ったロボットは、ホガースに「あること」を語りかけてスーパーマンのポーズで空高くと飛んでいく・・・。

1957年は米ソ冷戦の真っ最中で人類初の人工衛星スプートニクが打ち上げられた年だ。宇宙や科学に対して大きな夢を持つことが出来始めた時代だ。宇宙元年から何年も経った今の時代、コンピュータの普及で社会はあまりにも便利になりすぎた。便利になりすぎて人間個々の人格も不確かなものになったのだろうか。
この映画の中で出たこんなセリフが印象的だった。「君が何になるのか、選ぶのは君自身だ」。
ロボット、アイアン・ジャイアントは、鉄人なのに目が言葉以上に語りかけてくる。ラスト・シーンがどうなるか、分かっているのに泣けてしまうこの映画、最後の最後にもうひとつのオチがある。そのヒントも映画の途中でちゃんと出てくるので見終わった後に思い出して楽しむことができる。

最初に書いた、男としての涙は悲しいだけでなくノスタルジーということなのかもしれない。ビデオで見る場合は、日本語吹き替えのほうをお薦めする。

1999年作品。87分。監督:ブラッド・バード(テレビ畑の人らしい)。
関連記事

Category: ■ エンタメ > 韓国エンタ   Tags: ---

Response: --  

JSA / ネタばれ度:★★★ 



映画の宣伝文句が「あの『シュリ』の記録を全て塗り替えた」とある。そこで『JSA』という映画を『シュリ』に比べて感想をいうのであれば、『シュリ』と同じくらいの面白さと言える。『シュリ』を面白いと思った人には同じように面白いだろうし、面白くないと思った人には同じように面白くない映画だということだ。

『JSA(共同警備区域JOINT SECURITY AREA)』は韓国では2000年9月に公開された。ということはその年の6月に実現した南北首脳会議の後のことで「統一」というキーワードのもと韓国の北朝鮮に対する印象が大きく変わりつつある状況での公開であった、と言うことだ。
実際、『シュリ』に登場する北朝鮮人民は特殊工作員ということもあって残酷、過激というイメージで描かれていた。しかし、『JSA』での北朝鮮軍兵士2名は心に血の通った人間らしい愛情と苦悩を持ち備えた人物として描かれている。このあたりも南北統一ムードのさなかでの公開、ヒットに大きな影響を与えたのかもしれない。

『JSA』は大まかに3部に分かれている。それぞれに「AREA」「SECURITY」「JOINT」と名前が付けられている。実際の「JOINT SECURITY AREA」とは逆の順番でだ。

「AREA」
深夜の板門店、共同警備区域北朝鮮側歩哨所から数発もの銃声が闇夜にとどろく。この銃声はすぐに両国国境軍の銃撃戦へと発展し38度線は一気に緊張する。
ことの真相の調査は両国合意のもとスイスとスウェーデンからなる中立国監督委員会に委ねられた。この調査の任を受けたのが韓国籍の父を持つスイス軍女性将校ソフィー・チャン少佐(イ・ヨンエ)だった。ソフィー少佐は韓国軍のイ・スヒョク兵長(イ・ビョンホン)と北朝鮮軍のオ・ギョンピル士官(ソン・ガンホ)らと会い陳述書を元に取調べを開始するが、双方の言い分は全く違ったものでどちらの陳述書にも疑問を持つことになる。

「SECURITY」
事件勃発の8ヶ月前、とある出来事がきっかけで韓国軍イ・スヒョク兵長と北朝鮮軍オ・ギョンピル士官、チョン・ウジン兵士(シン・ハギュン)との間に禁断の交流が生まれる。この交流にはナム・ソンシク一等兵(キム・テウ)も加わることになる。
4人の交流は危険であるがまさに禁断の果実のごとく悪魔的な魅力のあるものであった。いつかはやめなくてはならないと思いつつ続いた交流もイ・スヒョク兵長の除隊をきっかけに終止符をうつことになる。最後の夜はチョン・ウジン兵士の誕生日の日だった。そして事件勃発の日でもあった。

「JOINT」
明らかに何かが隠蔽されていることを確信したソフィー少佐の尋問はついにナム・ソンシク一等兵にも及んだ。だんだん事件の本質に近づきつつあるソフィー少佐だったが彼女の父も北朝鮮籍であった事実を知ることになる。更に、取調べ中に参考人の自殺未遂事件も起こり、志半ばにして任を解かれることになってしまう。
以上がストーリのあらましだ。事件の真相は映画のわりと早い段階で想像できてしまうが、見ている側のテンションを落とすことなく結論へと進んでいく。

韓国映画は見る側にとって大きなハンデというか問題点を持っている。まずは、スヒョク、ギョンピル、ウジン、ソンシクなどの名前だ。これがなかなか馴染みにくい。私など比較的慣れてきた方だが、たまに「今、誰の話?」などとブレーキがかかることがある。
それと呼称の問題。今回は出てこなかったかもしれないが、韓国の女性は血がつながっていない人に対しても目上の男性には「オッパ(訳は兄)」と呼ぶ。これなどは字幕泣かせだし慣れないと「そうか彼はお兄さんだったんだ」などと間違うことにもなる。『JSA』では「トンム(訳は仲間、同志かな)」という呼び方が禁断の交流の中で「ヒョン(訳は兄貴かな)」に変わっていく、あるいは「ヒョンと呼んでいいか?」などの会話にストーリーのひだを感じることができるのだろうが、それらの感覚がスムーズに見ている側に入り込んでこないあたりに韓国映画の難しさを感じてしまう。

もうひとつこの映画で残念なことは時間軸が前後して映像が組み立てられているので、一瞬いつの話なのか理解するのが難しいことだ。これは例えば、11月4日(事件発生1週間後)とか2月17日(事件発生8ヶ月前)などと事件発生を基点にして注釈を入れてくれたらもっと理解しやすかったかもしれない。

映画のラスト・シーンは静止画像で終わるが、これは映画の途中で何気なくカメラが拾ったカットの静止画像だ。韓国側から板門店を訪れた欧米観光団の女性の帽子が風で飛んでしまい北朝鮮側に入ってしまう。一瞬、ギョッとなるがオ・ギョンピル北朝鮮軍士官が埃をとりながら帽子を手渡す。その後にはチョン・ウジン兵士が行進をしながら見ている。韓国側では直立不動で任務推敲中ナム・ソンシク一等兵。写真を撮るのを静止しようとするイ スヒョク兵長。この画像に映っている北朝鮮軍兵士2名と韓国軍兵士2名の表情は素晴らしく、映画史上に残るラスト・シーンになるだろう。
もし、2度見る機会があれば最後の静止画像として使われる映像を動いている映像として映画の中で再確認してみたい。

北朝鮮兵士を演じたシン・ハギュン。この人は韓国のミュージシャン、POSITIONのヒット曲「I LOVE YOU」(尾崎豊のカバー)のミュージック・ビデオにも出演しているのが、顔の表情が素晴らしい役者だ。今後の韓国エンタ界を背負っていく人になるだろう。韓国軍兵士役のキム・テウの「なぜ?」というような困惑の表情も素晴らしかったし、自分の彼女の写真と言って韓国女優コ・ソヨンの写真を見せたのには笑った。ソン・ガンホは北朝鮮軍の職業軍人としての逞しさと人間としての懐の深さを表現してくれた。国境越しにナム・ソンシク一等兵を自国側に抱き寄せたシーンは素敵だった。
一方、思いがけず映画冒頭で最初にクレジットされたイ・ヨンエ。事実上の主役であるイ・ビョンホン。この2人の演技には賞賛するところはなかった。特にイ・ヨンエにいたっては登場の意味さえもあまりないような役どころだった。

ところで、イ・ヨンエのソフィー少佐は映画用の登場人物なのだが、なぜ任を解かれたのが今イチ分からなかった。最初から事件の究明を快く思わない人たちのセレモニー調査でしかなかったため打ち切るための理由が必要だったのだろうか。参考人の自殺未遂、父親が北朝鮮籍だということの発覚が原因なのだろうか。着任してから調べてすぐ分かるような身元調査なら派遣される前にじゅうぶん分かりそうなものである。

韓国には「シージャギ パニダ」という諺があるらしく「始めれば半分成し遂げたも同じ」という意味らしい。そして「ケンチャナヨ精神」というのがある。これは「No Problem」「大丈夫」なんて意味だろう。この2つが韓国映画の最大の欠点と言えるようだ。勢いはあるけど最後までテンションを保てない。だから「点」としては面白い部分はたくさんあるが、「線」や「面」として見ると不完全燃焼な部分が出てきてしまう。いわゆる「雑」なのである。だからなのか中途半端に面白い映画は多い。なかなか厄介である。

110分。監督:パク・チャヌク。

▼ ---------- ▼

ラスト・シーンの静止画はCG合成で作ったとの話あり。とすれば、動いている映像ではその静止画と同じシーンを発見することはできないようだ。(2001.5.23追記)
関連記事
05 2001 « »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福


旅の恥がかき捨てならば、人生旅もかき捨てで良いかな・・・と、「加齢な日々」を過ごしています。
愛犬柴犬・福と大福の飼い主をやっていました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか・・・。

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。「倉庫」もぜひ覗いてやって下さい。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Facebook
Facebookも細々と参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福の生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

目録
検索の窓
twitter
ランキング
[ジャンルランキング]
ペット
65位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

29位
サブジャンルランキングを見る>>
過去の全記述
タグ一覧

大福 築地市場 築地飯 エンタ全般 ガッちゃん 雑感 場外 場内 今宵のお供 中央区 音楽 大福_Instagram もんぜき通り 若葉 千代田区 200字 アンディ ふぢの シャンプー日 本種 枝の舞 訃報 映画 築地 港区 江東区 シャンプー 現地調達オモチャ ラーメン 餃子 段ボール アキちゃん 丸ちらし ダービー 友達犬 交通会館 おじさまと猫 売れ残り猫 桜井海 ワンタンメン 銀座 有楽町 新都心のオアシス リフエちゃん 瀬川 人形町 オモチャ 幕張新都心 ふくまる 鳥藤 富岡八幡宮 ラン丸 田園茶房 小田保 時代のモノサシ 海遊び とゝや やじ満 まぐろ丼 2014年11月 モモちゃん 中華丼 お台場 2013年9月 アリス 韓国映画 中華そば SNS 海の公園 grape あけぼの 2015年1月 韓国エンタ 競馬 魚竹 美容室 地回り 2014年12月 禄明軒 ららぽーと豊洲 2015年2月 茅場町 神保町 ガッちゃんママ 韓国料理 ドッグカフェ Twitter 韓国ドラマ 鳥藤分店 鳥藤場内 東陽町 朝ラー 代官山 シュウマイ 2015年3月 ダンボール 軽井沢 2014年8月 2014年9月 2015年4月 Facebook 花時計 丸の内 野次犬 横浜 カレー ロッド・スチュワート 豊洲市場 ランチ 現地調達 市場飯 昭和48年 同期犬 新橋 フォーシーズン 冷やし中華 鳥近 魚四季 ととや タンメン エビフライ CoCoちゃん ベスト盤 鮭焼 走り回り 1973年 日本橋 花時計の公園 カッパ隊 一味唐辛子 2014年10月 木場 クロくん ビニール袋 裸族 刀削麺酒家 シンガポールチキンライス 磯野家  潮風公園 スヰートポーヅ iPhone 中栄 まだん 西銀座JRセンター David_Bowie 新富町 串カツ 一人走り ジャックラッセル サブちゃん 躾け ボルゾイ アジフライ 長生庵 ヒレカツ シューマイ 花姫号 サービス丼 半チャンラーメン 焼鳥丼 和風スパ 青葉の森公園 孤独のグルメ チャンスくん 空くん シン・コロナ もも肉 挨拶 月島 印度カレー 熱烈歓迎 Shi-Ba 餃子ライス 裏原 さんちゃん マスゴミ 青山墓地 クリスマス つくね ラルフ Rod_Stewart 楽しそう フリスビー 貸切 ゆうちゃん むさしや ゴン CoCo 小学生 グリ ビスコ にぎり1.5人前 昭和 腹あて 天房 哀しい だるまや ハヤシ 昭和49年 Christmas_Toys 待て 門前仲町 1989年 担々麺 ニュー新橋ビル サディスティック・ミカ・バンド 寝姿 チャーハン ノーリード にぎり あおりいか 1974年 お出かけ スイートポーヅ 大好物 パピー 交通公園 ムサシヤ ダイちゃん ドッグラン 姉御柴 忖度 備忘録 オムドライ 小学生の友達 天敵 大福ロス 個体の特性 インド料理 ボール カマルプール お土産 ハムエッグライス のりべー 縫いぐるみ 1.5人前 デヴィッド・ボウイ ロン・ウッド 酉の市 カッパ 悲しい ハツ串 ハスキー お仕事 たわ言 Pink_Floyd 1972年 町中華  交通飯店 オフリード 久しぶり 台所 百々ちゃん デジビデ 犬種の特性 カニクリームコロッケ 千秋 平耳 浅草 KYな大福 テンジャンチゲ 熱中症 家族記念日 柴犬 オムライス 違和感 セクハラ 1991年 食す FUNKY 誕生日 KYビル 立ち入り禁止 Faces ビーフカレー かねよ食堂 昭和51年 初詣 1976年 チャーシュー 謝罪 カニコロッケ 合がけ 麻布十番納涼まつり オジヤンカフェ Rolling_Stones ねぎ豚冷やし テレビ朝日 ボール遊び きくらげ・肉・玉子炒め ニューカマー チャングム 拾い食い 放置ウンチ 独り占め スーパーボール ランちゃん リフエ 晴海ふ頭 千葉都民 ブレなし ゴールドくん おもてなし 宿敵 きじ 海柴 アキ  TOKIA フレブル おでん とうめし コロくん 土手コース WOWOW Wings 平成3年 昭和47年 皇居 東日本大震災 東京オリンピック ポール・マッカートニー 焼ばら海苔そば 漬けまぐろ バカ飼い主 北京 銀座インズ2 鶏吸いと卵かけご飯 オヤツ命 ハンバーグ トホホ 喜怒哀楽 花より団子 1975年 blog 加藤和彦 ゴジラ 引越し 夕散歩 水餃子 台場 1983年 平成元年 奇珍 年中行事 被害者の会三人衆 豊洲 柴道 黒柴 冷し中華 來々軒 CM 天ぷら定食 退屈 韓国 朝散歩 御法度 新参者 飼い主の責任 ルネ 玉子焼き 友達犬発見 価格破壊 雨散歩 飼い主次第 以心伝心 日々日常 来い 新型コロナウイルス 極細ちぢれ麺 花島公園 ウェンディ 価値観 出ずっぱり 食雑感 留守番 カオマンガイ 海南鶏飯 ジャレ合い 松ぼっくり 姉さん座り ミッドタウン ガン見 ハウス 師走 お好み定食 オヤツ 松本楼 待ち伏せ 蔦屋書店 銀座一丁目 日比谷公園 怖い顔 閉店 先輩柴 仏頂面 昭和50年 カレンダー 旧地 地震 福と大福の間 1999年 平成11年 太麺 こだわり 秋田犬 柴田部長 個人情報 昭和度 寝相 和テイスト 傷だらけの天使 2003年 平成15年 新宿 アホ飼い主 麻布十番 1980年 昭和55年  横須賀 LINE 選挙 お好み焼 渋谷区 同期 走水の浜 細麺 第三台場 Japan 手拭い 海鮮丼 ポテトサラダ 天ぷら ローリング・ストーンズ 巨大トイレ マイケル・ジャクソン 原宿 仲好し 玉子 定番 ゴールデンウィーク 木須肉 大根 爆睡 狂犬病予防接種 親戚繋がり 半チャーハン サントラ 安定の一品 稲毛の浜 桜情報 お邪魔虫 集中力 千ヶ滝 伸びるリード 想像力 フジテレビ 散歩コース 新宿三丁目 田園調布 インドレストラン 1977年 昭和52年 ウォルター ピンク・フロイド フェルト パリパリ鶏ももの西安揚げ モモ 公園 噴水 干し豆腐の和え物 ワンパターン 一人遊び 京橋 サービス定食 スイートポーズ 浴衣 ロック喫茶 匂いつけ 魚河岸三代目・千秋 目ヂカラ ゴールデン 大福グッズ 死語 Atlantic_Crossing 血統名 ドッグショー 切ない 星取り表 安倍首相 Paul_Mccartney 2002年 ウィングス ほぼ200字日記 桐島かれん 日々徒然 スマホ 2013年11月 2015年6月 着衣 尚宮  日向ぼっこ 江戸川 ヒート ジャパン 掘り掘り きょうのわんこ 田向建一 豚玉 一期一会 合いがけ ぽち袋 里帰り Tシャツ パピヨン 富麗華 佐野研二郎 和詩倶楽部 フライ盛り合わせA 寝落ち Apple 大晦日 ネギ天カレーそば 焼売 まるよ 思いやり 五目ワンタンメン 魚がし横丁 炒飯 ネチケット 昭和64年 銀鮭 神宮外苑 クリスマス・グッズ かきめし 熊手 五目焼きそば コロッケ 酸辣麺 2014年5月 2014年6月 ハチ公 Suzanne_Vega スザンヌ・ヴェガ 家庭内ジプシー スネークマンショー Tried_and_True お迎え いいね! 後輩柴 平成2年 1990年 海浜幕張 台風 テレ朝 イスラム国 会津若松 韓国エンタ全般 ヘアーサロン もんじゃ ヤル気満々 台東区 過労犬 携帯電話 お仕事ポイント デジカメ 葉っぱ マウント お疲れモード ジャポネ 福山雅治 1971年 銀座インズ3 ジャリコ メンチカツ 南青山 醤油ベース 葉っぱの舞 ギックリ腰 幕張の浜 カフェ飯 百々 ワクチン接種 休息日 アゲワンタン 葛西臨海公園 町内散歩 ラジオ体操 猛暑 一緒に行きたい 相性 You_Tube 13日の金曜日 臨機応変 北の丸公園 第2巻発売決定 浜町公園 ビンゴ ご都合主義 誰? 獣医師 ジュンコちゃん 近為・深川1号店 近為 サスケ 漬け物 京あわせ 盲導犬 間違い探し 未知との遭遇 フェルト大福 五目そば サッカーボール 630円 ペットロス 仔柴 ランチ難民 アークヒルズ タンギョー 参議院選挙 ヤラセ 犬OK 友だち犬 幕張メッセ 動物病院 おかず 怪しい人 お多幸・本店  ハムカツ朝定食 タービュレン 嫌い アメリカ 嬉しそう 九十九里浜 大爆走 お気に入り ナポリタン 飼い主 マツコの知らない世界 焼肉弁当 天丼 長春館 フェイセス 日本橋三越 テレビ 稚鮎 エアコン 広島 五輪エンブレム ショップ パピーパーティー イチゴ 喫煙 マウンテン 長野智子 Mountain だるまそば 抜け毛 盗用疑惑 誠実 大相撲 六本木 平成16年 とり煮込みそば 香妃園 日本映画専門チャンネル 萩原健一 600円 噛む 破壊しない 宝物 KY 咬む さくらちゃん 玉子スープ 境界線 死の概念 あろいなたべた 幕張 日本酒 佳肴みを木 目黒 みを木 麻辣刀削麺 胡瓜の一本漬け  プリンちゃん 大混雑 北京ダック 平成9年 被害者の会 ら抜き言葉 多香 台風一過 スジポン タイムスリップ 河尚淑 だひゃん 青山霊園 1997年 ニール・ヤング 巨大広場 毛皮 人質 エルトン・ジョン シャンプー日限定雨女 昭和60年 豊ちゃん 卵スープ炒飯 Neil_Young 東京マラソン ハチ T-SITE 忠犬ハチ公 移転 節分 1985年 イルミネーション 北朝鮮 昭和58年 怖い ベイタウン レバニラ炒め丼 恵比寿 クリスマス・イヴ ペットショップ イカフライ 駐車監視員 カキフライ 肉豆腐 TSUTAYA マイクロチップ 新メニュー ガッちゃんチ 昭和56年 みんみん 珉珉 1981年 表情 晴天 ドライカレー 旅立ち かわうそ君 宮廷女官チャングムの誓い 居眠り 威嚇 反則技 カメラ目線 韓国時代劇 苦手 笑顔 再会 ジョニ・ミッチェル 殺処分 狂犬病 千葉 犬好き 赤坂 DVD 天晴 感謝 コメント そよいち 危機管理 東京新聞 韓流 豊洲移転 ムースーロー 町内祭り ビル風 お疲れ様 快楽追求型 ボーダーコリー 工事中 海風 秋の気配 明日は我が身 ラン フルスロットル 選挙ポスター とうめし定食 スジ 中国 食文化 整合性 お参り GW 共謀罪 上野 東野圭吾 クロ 目の前の現実 災害 フライング ハイテンション 聞き分け 新散歩コース 900円 湿疹 憂さ晴らし ニューフェイス 触られ放題 辰の字 ボヘミアン・ラプソディ ショコラシック 花の美術館 お目々キラキラ 迷惑顔 旧地へ 厄日 北京オリンピック ハナちゃん 私の名前はキム・サムスン タロウくん タジタジ すずらん通り 隅田川 絶賛発売中 ソン・イェジン ペットショップ出身 田中食堂 柴パラ 辛抱強い メリハリ 新潟カツ丼タレカツ 目線の先 タレカツ ゴールド 推して知るべし 表参道 固定電話 神保町すずらん通り店 平常心 鮭と鰆 安定感 リーズナブル コンセプト・アルバム スンドゥブチゲ シン・ゴジラ 長ネギ 下半身に人格ナシ アントニオ猪木 立ち込み 下克上 先輩犬 チーズクルチャ 恐怖心 世知辛い ペットボトル 失敗 コーギー センス マイク・ガーソン 木村拓哉 富士山 海の土手コース のりべーさん 迷惑 グッド!モーニング オリジナル 美味しい 赤坂見附  都知事選 津波 世知辛い世の中 トランプ大統領 日本の四季 犬の生活 先代柴 福の誕生日 大福が苦手 手強い イカフライライス 井の頭公園 春の気配 枝っぷり 迎撃 エリック・クラプトン グリパパ 威風堂々 町内 ゴルフボール 物色 平成14年 一目置く 焼肉 昭和46年 命日 練り歩き 移転延期 築地魚河岸 後輩犬 演出 アクビ ダラダラ 焼鳥弁当 dancyu 大福の仲間たち 神楽坂 怪しい リードは命綱 クリスマスモード 大山鶏炭火焼 フレディ・マーキュリー 一家 ポートタワー 番犬 先輩風 ヤンちゃん 厨房命 TOYS_CLUB 満面笑み 元気が一番 運動公園 築地本願寺 駒沢公園 ルーティン Welcome 真如揚げ 登校散歩 まったり ビッグサイト 本末転倒 甘えん坊 中皿ライス オートクチュール 安定 校庭 オアシス お利口さん 生姜風味 赤だし 日本橋ふくしま館_MIDETTE 暑い かつ丼セット ドロドロ 犬捨て お仕事2回 山柴 柴CDケース 煮こごり 興味なし 大長今 顔馴染み 予定変更 お立ち台 一緒にお出かけ 若い芽 勘違い 排気ガス メイちゃん ハァハァ リトマス試験紙 カテゴリー エンタメ 火事が心配 愛の不時着 お預かり 茜浜 コタロウくん 異常気象 アイコンタクト 赤坂サカス ヒョンビン 北朝鮮風味 ビニール遊び ワクチン 夏の風物詩 城南島 お強請り ビームに負けて 言葉遊び 視界良好 大福ぐるみ ホジュン 猛チャージ ソファー 毛利庭園 親バカ ミサキちゃん 雨をしのいで 水辺ライン 用足しタイム ピレネー エンボカ 歩行者天国 右か左か コロナウイルス ビスコくん 神経質 肉球の感触 リキくん 久々の雨散歩 スコール 


Archive

RSS