ヒマラヤ杉に降る雪 / ネタばれ度:★☆☆



まず最初に、とても綺麗な映像の映画だ。スローモーションのスピードとカメラ・ワークの移動スピードが同じだ。そして、そのスピードは映画の中で度々登場する雪の降るスピードと同じだ。このことが見る側に優しさ、哀しさ、緊張感を最大限に与えている。更に映像の美しさにも一役かっている。

1954年のワシントン州の小さな島で起こった殺人事件の裁判の模様がストーリーの主軸になっている。この裁判の被告は日系人男性で、当然、第二次世界大戦終了後10年も経っていないその時代背景には日本人差別という偏見が裁判の底辺にはびこっている。
この被告を傍聴席から見つめるのが、その妻のハツエ(工藤夕貴)。そして、それを更に見つめるのが新聞記者のイシュマエル(イーサン・ホーク)。この裁判がきっかけで再会したハツエとイシュマエル。映画は回想により時間軸を真珠湾奇襲攻撃の前までも遡る。移民日系人が働くイチゴ畑で幼いハツエとイシュマエルは出会い、お互いに好意を抱く。しかし、そこには人種偏見という大きな壁が存在する。そして2人にとって決定的なダメージである真珠湾攻撃が起こる。日系人の住民は全員、小さな島を去り、強制収容所に入れられる。これらの過去の回想シーンと1954年に起きた事件の発端と裁判の経過が監督のスコット・ヒックスにより巧みに操られていく。
日系人が島を去り、収容所に向かうシーンでの切なさや収容所内でのハツエの結婚式。日系人は土地を所有することができなかったという当時の法律など、この映画で初めて学ぶことも多くあった。
法廷を題材にした映画なのでストーリーについてはこの辺でやめるが、ジェシカ・ラング主演「ミュージック・ボックス」やキャシー・ベイツ主演「黙秘」と合い並ぶ法廷・人間ドラマだ。アメリカ同時テロが起きたこの時期に何でこの映画を思い出したのか自分でも分からないが、自分の引出しが自然に開いて、この映画の記憶が出てきてしまった。

ハツエ役の工藤夕貴は好演している。「アルマゲドン」で宇宙からの襲来で壊されたビルのコンクリートにあたって死んだ松田聖子やハリウッド版「ゴジラ」でゴジラに襲われた漁船にいた加藤雅也とは比べ物にならないほどの重要な役だし、もちろん「将軍」に出ただけで国際女優と言われた島田陽子(今は改名したかな)とも違う。彼女はこの映画を含めて3本のハリウッド・メジャー映画に出演するという契約を結んでいるらしいので、今後の出演策が楽しみだ。

原作は「殺人容疑」(講談社刊)でデビッド・グターソン著。
1999年作品。上映時間:127分。監督:スコット・ヒックス。
関連記事

アメリカ同時テロ雑感

日本時間2001年9月11日午後10時に事件は起きた。その日関東地方に上陸した台風のニュースでも見ようかと9時54分から「ニュース・ステーション」を見ていたら、午後10時ちょうど頃にキャスターの渡辺真理がいつものように大袈裟な顔で第一報を告げた。その時の内容は国際貿易センタービルに小型機が激突した、というものだった。
エエェ〜という感じですぐにスカパーのCNNに切り替えた。どうも様子がただごとでないことはすぐに画面から伝わってきた。そうこうしているうちに2機目の突入があった。こうなると偶然の事故ではなく事件であることは明確である。
以後、事件はテロであることが判明し、世界中を震撼させていった。

このテロ事件について自分の感想なりを書こうと思ったら、それだけでひとつのサイトができてしまうことだろう。ただ、この事件を見過ごすこともできないし、自分の記憶の記録として何かを残しておきたいとも思った。
どういう手法が良いだろうと考えた結果、事件の報道などを見たり聞いたりした中で自分が「気になったこと」「思ったこと」「感じたこと」を組み立てもせずに羅列することにした。文章としてまとめるにはあまりにも文才もないし、飾りだてしないほうがこの歴史的愚行・汚点に間接遭遇した自分の気持ちを一番表す良い方法ではないかと思った。

◆ 民間人が多数亡くなり、テロの卑劣さが強調された。もちろんテロ行為は許されるべきことではないが、我が国は戦争で広島、長崎に原爆を投下され70万人近くの民間人が一瞬にして命を奪われた世界で唯一の被爆国だ。テロは悪くて戦争では良い、などとは誰も言ってもいないが被爆国の国民の反応としては少し疑問に思う面もあった。

◆ ブッシュ大統領の顔の表情が日が経つにつれて変わってきているようで気になった。最初は怒りと悲しみが同居し、どのような表情をして良いのかも分からないようで素の顔だったが、日が経つにつれて言うことも顔の表情も西部劇の保安官みたいな表情になってきていた。その表情にはちょっと怖いような気さえもした。

◆ テロの首謀者とされているオサマ・ビン・ラディン(証拠らしきものは明らかにされていない)はテロの容疑者とされているが日本の報道はオサマ・ビン・ラディン氏としている。その表現にも日本の優柔不断さが表れていると指摘する論調もあるようだ。分からないでもないが、オサマ・ビン・ラディン容疑者が適切なのだろうか。面倒ならオサマ・ビン・ラディン・メンバーにでもするしかないのか。

◆ 湾岸戦争の時に「世界のキャッシュ・ディスペンサー」と評されたことを恥じて、防衛庁長官までもが今回は同じ轍を踏まない、と発言していた。政府も具体的な支援をと無策の中で困惑している。湾岸戦争の時に日本が支援したお金は130億ドルでこれは湾岸戦争での戦争経費(経費というのか?)の5分の1にあたるらしい。これだけの支援をすることは大変なことだと思う。何故、お金を用意する支援だけで悪いのか。と強い姿勢を持てないのだろうか。
諸外国からどのように思われるか。そのことが先行して支援方法を考えるのはなんとも愚策で情けない気がする。

◆ 貿易センタービル崩壊で飲み込まれた被害者の人々の救出で、公的機関は日本では考えられない早い時期で生存者はいないであろうという声明をした。これなんかも人質事件などでのアメリカ式突入と同じでアメリカらしい気がした。
このことは決して非難ではなく、見極めが早い、ということで考え方の違いだと思う。この考え方から察するにハワイ沖で沈没させられた「えひめ丸」の乗組員救出、沈没船引き上げ、などにあまり積極的でなかったことを窺い知ることができるのではないだろうか。

アメリカは今回のテロに対して最初から報復することを前提に動いていた。議会はもちろんNATOにもその正当性を承認させ、国民にもその正当性を訴えたし、ほとんどの国民も報復に肯定的だ。そして今、現在(9月22日)報復の準備は最後の段階に入っていると言われている。しかも、報復作戦の名称は『無限の正義』。世界の警察・アメリカは世界に対して「アメリカにつくか、テロ組織につくかの選択を求める」とまで言い切っている。タリバン政権は、アメリカが証拠も出さずに報復行為に出た時は『聖戦』で応じると宗教令の発令も辞さないようだ。アメリカが売られた喧嘩に対してどのような報復をするのか。諸外国の動きは。もちろん我が日本の動きは。そして21世紀がどのように動いていくのか。この時代を目のあたりにした者として、しっかり見届けたいと思う。
思うことはたくさんあるが、欲張らず随時加えていくことにしたい。

オサマ・ビン・ラディンを擁するといわれているタリバンの本拠地アフガニスタン、隣国のパキスタンなどに居住する民間人の心情や生活。そしてアメリカの報復が始まってからの生命の保証などを考えると呑気にホームページをいじっているのも気が引けるほどだ。
それらの国を他のニュース番組とは違う目線で果敢に取材したテレビ朝日の「スクープ21」がこの世紀の事件の最中に打ち切りになった。と言っても曜日と時間帯が移動するだけのことだが、日曜日の夕方7時からの番組という意味はかなり大きかったと思う。視聴率至上主義である現在のテレビの機構からすると失敗(低視聴率)だったのだろう。最後の言葉を語る鳥越俊太郎さんは口惜しそうだった。女性ながら(この言い方もセクハラだろうな)危険を顧みずパレスチナの現状を取材した長野智子さんの姿には感動すらした。
そして「スクープ21」を現状で支えきれなかったテレビ朝日には大変失望した。すっかりニュース・エンターテイメント・ショー化してしまった「ニュース・ステーション」よりも「スクープ21」のほうが数段良識ある上質なニュース番組であったと思う。
関連記事

THE NIGHTFLY / DONALD FAGEN



ドナルド・フェイゲンを語る時にスティーリー・ダンを抜きに語ることはできない。
スティーリー・ダンは個人の名前ではない。だとしたらバンド名かとなる。バンド名とも言えるが正確にはユニットの名前だ。ドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーの2人によるユニットがスティーリー・ダンという名前を音楽界に残した。その形態は10CC、アラン・パーソンズ・プロジェクトなどと同じだ。

スティーリー・ダンは2人が作った楽曲を世に出す(レコード化する)ために何人もの優秀なミュージシャンを擁した。その中にはスティーリー・ダンからドゥービー・ブラザースに移って成功したジェフ・バクスターとマイケル・マクドナルドなどもいた。フェイゲン&ベッカーの色があまりにも強いので手足としてか使われていない他のメンバーは次々に脱退し76年にはいよいよもって彼ら2人だけになってしまった。そして世間的には「いよいよスティーリー・ダンも解散か?」と存続を危ぶまれた。

意地を張ったわけでもないだろうが、2人になって初めてリリースしたアルバム「THE ROYAL SCAM」では今までの作品以上にレベルの高いものとなった。そしてついにはロック史上最高傑作とまで言われている「AJA〜彩」までリリースしてしまった。その後に「ガウチョ」をリリースし、その才能はとどまるところを知らなかったが、この頃からいよいよもって本当に解散するのでは?という噂が再浮上した(結局この噂は本当になるのだが)。
この噂のさなかにレコーディングされリリースされたのが、この「NIGHTFLY」だ。全8曲の作品だが出来は最高レベルのものに仕上がっている。ちょうどAOR(アダルト・オリエンティッド・ロック)という言葉が世の流行に乗っており、その言葉もフェイゲンのアルバムを後押しした。ジャズ、フュージョンのテイストをふんだんにスパイスしたこのアルバムはスティーリー・ダン時代の作品以上に評価された。
このアルバムは、どんなシチュエーションにも合うというまったくもって便利なアルバムだ。都会の夜にも、静かな海にも、車一台見つけることもできない山道でもOK。一人でも、二人でも、雨の日も、晴れの日もOK。まさに全天候型のアルバムだ。そして何よりも相当、エッチぽいアルバムだ。

世の中殺伐としてくると「癒し系」なる言葉が重宝されるが、このアルバムは「癒し系」などという安直な言葉では語れないほど、精神的に落ち着くアルバムだし、同時に元気も出てくるアルバムだ。このアルバムを聴かないで人生を終えることは大きな損失なのではないだろうか。大袈裟ではなく、本当にそう思っている。
関連記事
七曜表
08 | 2001/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先(五十音順)
過去の全記述
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福


柴犬・福と大福の飼い主をやってました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか...

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

タグ一覧

200字 ゴールドくん 百々 極細ちぢれ麺 dancyu ご都合主義 田園茶房  日本シリーズ モーターショー 新小学校 本日のランチ 小網町 内田裕也 裸族が一番 犬種の特性 晴海ふ頭 カフェ飯 春の海 真似っ子 トリオ・ザ・ジャック 地元LOVE 散文 クリスマスモード 桃乳舎 Twitter的 イチロー ルーティン 晴海ふ頭公園 TOYS_CLUB 出っぱ 築地場外市場 CoCoちゃん ジャックの宝庫 真如揚げ 築地本願寺 ボヘミアン・ラプソディ 辰の字 フレディ・マーキュリー 男性率高し タン麺 右利き? 認識済 劇団東京乾電池 最近の年長者 角替和枝 2005年10月28日 犬食文化 2005年10月27日 2005年11月4日 価値観の相違 隠蔽の食文化 谷記 谷記_1号店 錦糸町 やっつけ仕事 挨拶が基本 日航ホテルドッグカフェ 2005年10月30日ファミリー 鳥と鶏肉 2005年10月26日 一粒のオヤツ 一家 2005年11月2日 得手不得手 2005年10月31日余裕ナシの走り 極楽とんぼ 2005年11月3日 白ソックス 松屋銀座 柄本佑 柄本明 北海道展 2005年11月1日 柄本時生 大福との縁 2005年10月29日 安藤サクラ コメディー道中でござる 2005年10月23日 10パーセント 実質値上げ感 税込 税別 2005年10月15日 消費税 商品代金表示の統一 2005年10月16日 味気のない空間 しばらくはイイかな 値上げ 花の美術館 稲毛海浜公園 55kg アーモンドアイ 無限に広がる犬友 合いもり丼セット インターネット時代の犬たち 2005年10月12日 事故 怖くないのか 2005年10月13日 叱るパフォーマンス 秋華賞 2冠馬 2005年10月14日 ボール探し名人 表向きの躾け 2005年10月17日 2005年10月18日 不器用な生き方 サンデーランチ 2005年10月22日 テレビショッピング 正直すぎ プライド 地元は大混雑 2005年10月24日 庭園 飛び石 2005年10月25日 沈みゆく太陽 リードの意味 ドタキャン ジュリー 同期三人衆 同窓会 2005年10月19日 ターレー 散歩コースのピンチ 2005年10月20日 鳥豆腐 2005年10月21日 犬は被害者 前金制 奥深い味 ランチ穴場 追尾者 豊洲の開発 規制の中の自由 過去に生きる 古い曲ばかり 東京の夜 2005年11月23日出っぱ 自家製ベスト盤 思い出冬眠 2005年11月24日 電動車イス 飲酒 姉歯 ヅラ 手強い枝 2005年11月22日 2005年11月21日 システム見直し 2005年11月19日 過渡期 第5回目 チキンスティック 騙しは嫌い お出かけ日 グレース マッタリ日 優勝パレード 2005年11月20日 冬が似合う 都会が似合う 電動アシスト自転車 不便さとのバランス 2005年12月3日 館山 2005年12月2日 犬OKの和食 町の秋景色 2005年12月1日 暴走? 2005年12月4日 2005年12月5日 トリマーさんの技 該当なし そだねー リードは命綱 2005年11月30日 百々ちゃん 気まぐれ QUEEN 2005年11月26日 ラムネの瓶 面倒臭い世の中 2005年11月25日 Bohemian_Rhapsody プログレ風 2005年11月29日 新柴友 2005年11月28日小学生の友達 オモチャの宝庫 2005年11月27日 2005年11月18日  2005年11月9日 お酉様 丸皿 読み逃げ 2005年11月8日 ネットの覗き見 熊手シスターズ 使い回しの技法 正月番組 2005年11月10日 工夫ナシ 卓袱台返し 怒りの表現 咬まれたトラウマ 2005年11月7日 初めての場所 ホテル浦島 2005年11月5日 JUJU 桜田ひより ドン吉 子供の犬散歩 2005年11月6日 美味しそうじゃない 暫定開通 飲食店街 グレーが基調 開市後約1ヶ月 袖触れ合うのも ひっつき虫 アモイ 2005年11月14日 厦門 福建省 ばんめん 汁なし 昭和すぎる 2005年11月15日 2005年11月17日 人間 よそ見 2005年11月16日 昭和のイメージ 牛肉拌麺 シーベイラーメン 2005年11月11日 トンボ 秋御用達 Every_Picture_Tells_a_Story 不思議な2人 とんぼ 野菜煮小皿 イス寝 西北拉麺 2005年11月13日 占い師 2005年11月12日 砂の器 技の応酬 2005年9月7日 特別区 日本一 禁句 食記事 自分好み 専用ドッグラン 2005年9月8日 2005年9月9日 涼しい朝 フェーン現象 エキノコックス 寄生虫 ドッグランの恐怖 無法地帯 気ままな散歩コース やっぱり海 大福任せ 2005年9月4日 駐車禁止標識 常識の範囲 2005年9月5日  Crosby_Stills_Nash_Young 2005年9月6日 CSNY_1974 CSNY ビックリの様子 トイプードル ヨーキー イルカショー 動物保護 軽井沢スカイパーク 山シバ スイッチ 2005年9月13日_14日 猿まわし サーカス 築地最後 2005年9月15日 具材 窮屈な社会 正論主義 2005年9月12日 まん丸目 怒る  不思議な生き物 第30話 シェルティー サイズいろいろ 2005年9月10日 柴っこ 選挙の日 ギャン鳴き 2005年9月11日 ほのぼのや ぷく・まる 意識低すぎ 警察官OB 着信音の認識 怪しい大福 2005年8月26日 お金は潤滑油 等価交換の原則 鋼の錬金術師 第28話 誰よりパパさん 営業時間変更 インスタ参戦 着衣は嫌い 飼い主の自己満足 2005年8月27日 2005年8月25日 犬捨て 紐リード 菅井きん 首輪なし 2005年8月23日 トリマーさん泣かせ 冷やし酸辣麺 必殺シリーズ 婿殿 嫌な思い出 悲劇のヒロイン気どり 2005年8月24日 老け役 小沢婦人代議士 2005年8月28日 選挙看板 顔馴染み 犬関連の仕事 井戸端会議 2005年9月2日 無礼千万 懲りない 喋らないことをイイことに 第29話 嬉しそうな大福 交番相談員 いろいろな遊びバージョン 2005年9月3日 猫も棚から落ちる 招き手 2005年9月1日 2005年8月29日 距離感 拾い食い天国 祭りのあと 踏みつけ 2005年8月30日 学校再開 高いリード 安いリード 言い得て妙 2005年8月31日 嬉しい朝散歩 ハーモニカ 耳が緊張 680円 2005年10月2日 リバーシティ 恋のチカラ 2005年10月1日 ZEST 休息ならず散歩 2005年10月3日 軽井沢プリンス 犬差別 2005年10月4日 金魚柄 手拭いアレンジ AOR Jefferson_Starship 2005年9月29日 トレビアの泉 MRI 国際親善大使 2005年9月27日 2005年9月28日 企画倒れ 2005年9月30日 Hearts Jefferson_Airplane ハート悲しく Marty_Balin マーティ・バリン ミックス 2005年10月5日 クリンチャー 17着 カルテ 攻防戦 2年遅れ 2005年10月9日 G1勝ちナシ 面汚し 2005年10月10日 生傷女 3歳牝馬 斤量 エルコンドルパサー 築地場内市場 築地移転 見て見ぬフリ 2005年10月7日 迷い犬 2005年10月6日 犬OKの宿泊施設 マリンスタジアム バレンタイン神社 山下公園 ワールドフェスタ・ヨコハマ2005 2005年10月8日 ジモピー お膝元 2005年9月26日 Wild_Life 2005年9月20日 落ち葉遊び 看板に偽りあり 八丁堀 中華シブヤ 宝町 楽しい顔 不細工な顔 ふくまるの癖 甘噛み みんなのおかげ 第31話 食糞はしない! 外飼い 室内飼い 2005年9月17日 ショコラシック 場外はそのまま フェラーリのエンジン 2005年9月16日 軽自動車のボディ 健さん 2005年9月18日 お天道様 太陽浴 2005年9月19日 イライラ度アップ 悪知恵 2005年9月21日 軽井沢外伝 東陽町店 TSUTAYA離れ 名店 2005年9月24日 カオス インスタ 時代なのか ネット配信 ガッカリ ウイングス 異常なこと 水が出ていない 2005年9月25日 水曜定休 仔犬販売 不在対応 会社の地力が分かる 会社員 電話を受ける ガッちゃんママ撮影 表ナシ 2005年9月22日 2005年9月23日 下を見る時 軍用犬 憂国 靖国神社 2005年10月11日 2005年12月6日 神楽坂 迎賓館 大〆 2006年2月14日 アルバイトだけの時間帯 深夜のオペレーション 表参道ヒルズ 不適切動画 2006年2月13日 下見 第61回グラミー賞 地に墜ちたグラミー 女性受賞者多し 解雇報告 同潤会青山アパート ガチャポン モモちゃんママ 2006年2月9日  菜食主義 イノシシ 勘違い学習 2006年2月10日 2006年2月11日表参道 ヒルズ ロイヤルパーク・ホテル 長澤まさみ マスカレード・ホテル 2006年2月15日 大衆文化の流入制限 2006年2月22日 ラストレシピ_麒麟の舌の記憶 2006年2月21日 難しい 2006年2月19日 2006年2月20日 二宮和也 綾野剛 2006年2月23日 初めての地 モニタリング RPG 大日本帝国食菜全席 Aランチ 2006年2月18日 親子丼 2006年2月17日 大山鶏炭火焼 焼鳥弁当 日韓関係 2006年2月16日 環八 さくら坂 フェブラリーステークス 負けたくない宣言 G1 駒沢公園 桜坂 動物を食べること 豚コレラ キム・サボク 金砂福 光州事件 タクシー運転手_約束は海を越えて 2006年1月27日 肩すかしのお出かけ 文世光事件 2006年1月28日 情操境域 地域に貢献 小さい子 2006年1月29日 実家オアシス 大福の歴史のモノサシ 犬WEB お尻のポケット ハザードマップ 水没 お約束 アイスバーン 不思議な景色 2006年1月24日 被写体 雪解け 2006年1月26日 2006年1月25日 同期な2人 大福に歴史あり 2006年1月31日 1月最終日 2006年2月7日 ベイちゃん 悪影響 2006年2月6日 富士山と大福 いか・たらこクリームスパ 忠犬 中堅 2006年2月8日 ゴーストタウン 焦り感 時間の速さ 鼻ET 2006年2月5日 悪行 2006年2月3日 お出かけ虫 以心不伝心 2006年2月2日 1月は苦い思い出 2006年2月1日 豊洲変身前 2006年2月4日 韓国籍名 レーダー照射 新井浩文 表参道ヒルズオープン1週前 bio_ojiyan_cafe 車好き 2006年2月24日 異動の季節 2006年3月17日(金) 2006年3月16日(木) ビッグ・ウェンズデー 選手村 ジャン・マイケル・ビンセント 一弓 所英男 不満 日本のロック 足下待機 2006年3月18日(土) 柴好き有名人 人間臭い 2006年3月15日(水) 風楽し 舟を編む 風が演出 ビニール コースメニュー 2006年3月12日(日) 2006年3月13日(月) 集中したり 跳べ 垂直ジャンプ 2006年3月14日(火) 大山鶏挽肉揚げ 途切れたり 悠木千帆 2006年3月19日(日) はしご 4丁目店 解禁前 2006年3月22日(水) 廃止すべし 爆発物 歌舞伎座裏 だんだんめん 車も大好き イチロー選手 稲毛の浜 2006年3月23日(木) 支那麺 日本郵便 置き配 2006年3月20日(月) スタンバイ 16曲盤 12曲盤 休日らしく 充電 予防接種 ワクチン接種 エアガン クソガキ 動物虐待と殺人犯 矢ガモ 2006年3月21日(火) 鮟鱇 アンコウ 接客王 2006年3月2日(木) 具材が別盛り 犬後進国 お国事情 犬先進国 最高尚宮 2006年3月3日(金) 2006年3月5日(日) ウンチ踏んだ コマちゃん 人間の食べ物 2006年3月4日(土) 2006年3月1日(水) 犬具負け 女官 針房 2006年2月26日 2006年2月25日 トリノ五輪 安定の逸品(一品) 2006年2月27日 第91回アカデミー賞 スパイク・リー 2006年2月28日 アメリカの病み 性差別 人種差別 2006年3月6日(月) 幕張の浜 家庭内別居 新幹線 野良寝 2006年3月9日(木) 100円値上げ メニューは一種類 右から左 左から右 後片付け 2006年3月11日(土) オモチャ天国 2006年3月10日(金) 美味しんぼ 鶏肉黒胡椒炒め土鍋ご飯 ヲタク・アタック ゴーン被告保釈 籠池夫妻 ジャーナリスト 日和見 9.05kg 非常識喫煙者 森友 2006年3月8日(水) 自己顕示力 自分が一番 同好会 谷中ぎんざ 谷根千 雪景色3日目 2006年1月23日 河野外務大臣 プラダ 深窓 深層 迂闊発言 真相 ゆず 2005年12月22日 売り上げ増加 証拠能力 ドライブレコーダー 葉っぱと風 風が吹けば 色盲 認識力 人力車 タイガー&ドラゴン 2005年12月19日 面倒臭い奴 生存証明 ヘソ曲がり スタイル・カウンシル Cafe_Bleu SNS以前 2005年12月21日 個性と好み 2005年12月20日 全天候型 あおり運転 元モーニング娘。 飼い主の価値観 しつけの学校 犬の価値観 2005年12月27日 12月26日 年越し IWC脱退 国際捕鯨委員会 2005年12月28日 表裏一体 クジラを食べる文化 シーシェパード 商業捕鯨 安定の和み 2005年12月26日 もも 2005年12月24日 柴族増殖中 2005年12月25日 2005年12月23日 トバッチリ 汐留 アンパンマン 昔のまま 優柔不断 頑固者 未更新 赤い人 親戚 友人 区切りのない毎日 呑気に元気に 2005年12月11日 飼い主冥利 2005年12月10日 嬉しそうな2人 ダイナマイト・キッド タイガーマスク 後輩がたくさん 大福もお姉さん犬犬に 2005年12月12日 爆弾小僧 爆弾貴公子 2005年12月9日 2005年12月8日 日比谷線 虎ノ門ヒルズ タカゲー 新駅 山手線 京浜東北線 英語 いつも前向き 銀杏並木 四季のメリハリ 2005年12月7日 焼ソバ 楽しさを与える義務 2005年12月13日 大袈裟な再会 怪しい 2005年12月17日 常に 家の中も サングラス 夜も 猟奇的犬事件 犬を食らう 町内閑古鳥 年賀状の意味 2005年12月18日 ザ・パシフィック ラミ・マレック ポートタワー 夕暮れ 守秘義務 腕達者 良い獣医師 2005年12月14日 犬OKのパスタ屋 短文 クチ達者 銭勘定 モコモコ 2005年12月16日 夏に冬毛 換毛期 2005年12月15日 気が利く 気が利かない 2006年1月15日 若柴 逆転優勝 ショースポーツ 稀勢の里 黒星スタート 13代目市川団十郎 襲名 2006年1月16日 体隠しても耳隠れず 言語道断 没イチ 人気稼業 消防柴 独り占め散歩 8.9kg 兼高かおる世界の旅 大福の仲間たち 幼なじみ 暗黙のルール 2006年1月11日 旅人 岸恵子 ビーグル 2006年1月14日 サルーキ 2006年1月13日 2006年1月12日 緊張感なし 除名が妥当 質の低さ 企業は気の毒 偽装メール どう感じているのか 安い 2006年1月21日 2006年1月22日 雪景色2日目 忘年会シーズン 気づけ お気軽に お気楽に 朝夕雪散歩 美味い 旨い 2006年1月18日 とどのつまり 2006年1月17日 甘い処分 JRA騎手 山田敬士 2006年1月19日 免許証不携帯 東銀座 忘年会 仮店舗 2006年1月20日 運転柴 右通行 左止まり 月日の区切りナシ だいちゃんサブちゃん いつもと同じ一日 2006年1月1日 周知されてない曲 ヘッドレスト 2006年1月2日 お仕事待ち 平成最後の年 2006年1月3日 平成31年 2019年 QUIET_PLEASE 聴いたことがない曲 レコード大賞 懐かしい記憶 遊びの記憶 怖い記憶 2005年12月30日 2005年12月29日 年末モード 字幕テロップ 訂正 犬に区切りナシ 毎日が日常 2005年12月31日 食べられる 食べれる 参拝 山伏 雪見ちゃん ミリちゃん ショッピング 大福の勝ち 原点回帰 2006年1月7日 2006年1月8日 ガリバー状態 2006年1月10日 微雪 チャチャ ウンチ拾いボランティア 2006年1月9日 2006年1月6日 長時間見続けられない 長玉 字幕スーパー 写真小僧 ヲタク 2006年1月4日 天皇皇后両陛下 2006年1月5日 池の水ぜんぶ抜く 泥の宿命 嗅覚 視覚 認識 高輪ゲートウェイ