Sincerely



なかなか気の利いたアルバムだし、こういうアルバムを待っていた。今後このようなアルバムが増えるような気もする。
“このようなアルバム”・・・アーティストの代表曲を他のいろいろなアーティストが歌うトリビュート・アルバムだ。エルトン・ジョン、レッド・ツェッペリンなどのトリビュート・アルバムが有名だが日本のアーティストのは意外と少ない。しかも日本のアーティストの曲を海外のアーティストが歌うというのはこの竹内まりや以外では目にしたことがないような。

このアルバムに参加したアーティストは12人だが、竹内まりやのオリジナル曲に合わせてなかなか優れた人選だと思う。この手の企画の場合、参加する海外のアーティストは「えっ、それ誰?」というアーティストが多かったりするが、このアルバムの参加者はそれなりに知名度もあり、今現在も決して色あせている、という感じのしない人ばかりだ。
選曲は個人的には不満はあるが、これはこの企画が実現したということで満足するしかないだろう。バラード中心の選曲、そして人選、竹内まりやの意見も大いに反映しているのだろう。
収録曲は、

01:恋の嵐 / リサ・ローブ
02:マンハッタン・キス / ティファニー
03:駅 / リチャード・マークス
04:家に帰ろう(マイ・スィート・ホーム) / アン・ウィルソン
05:告白 / ロバータ・フラック
06:シングル・アゲイン / フィービー・スノウ
07:プラスティック・ラブ / マリリン・マーティン
08:カムフラージュ / ボビー・コールドウェル
09:時空の旅人 / ローラ・ブラニガン
10:毎日がスペシャル / リタ・クーリッジ
11:今夜はHearty Party / ポインター・シスターズ
12:天使のため息 / マリリン・マーティン&ジョー・ピズーロ

どうですかね?なかなかの人選でしょ。ちょっと古い洋楽ファンにはたまらない顔ぶれだと思うのですが。
ハートのアン・ウィルソンなんか懐かしいし、その声を聴けるだけで嬉しくなってしまう。大御所ロバータ・フラックの参加にも驚くし、フィービー・スノウも相変わらずいい味出している。どれもこれも適材適所の人選と選曲でクオリティーは高い。中でもカバー曲ながら自分自身の持ち味を頑固に出していて、それが少しも嫌味になっていないのがボビー・コールドウェルとポインター・シスターズだ。
元々、楽曲自体のクオリティも高いが、歌詞を英語にすることで全く新しい曲として甦ってくるから面白い。

日本のCDの値段は相変わらず高く、このアルバムも税込みで3059円。この値段の価値があるかは正直疑問だ。2000円ならまず間違いなくお奨めだと思う。レンタルCDからコピーする手もあるのだろうが、私の場合は保有しておきたいという気持ちが出て久しぶりに邦楽扱いの高いCDを買ってしまった。
値段云々を抜けば、絶対にお奨めの必聴アルバムである、といえるだろう。
関連記事

東京人 2002年8月号



都市出版株式会社という私にとっては馴染みのない出版社から毎月3日に発売されている月刊誌だ。
タイトル通り、ほとんど東京のことしか書かれていない。だからこの雑誌を知っている人はきっと限られているだろう。私の場合、毎月買っているわけではない。特集がが気を引くものであれば買うが他は立ち読みですませている。900円という定価は160ページ程度の雑誌にしては高い値段設定だ。さして広告も取れないだろうし、売れ行きもそんなには良くないのであろう。

私がこの雑誌を好きな理由は紙質、特に手触りが好きなこと。そして紙の匂いも好きだ。紙は若干厚め、手触りはほどほどにザラザラ。そして、その紙の匂いはレトロぽくもあるが、決して貧乏臭くはない。そして、その紙に載っている写真が綺麗で自分の好みであるのが好きな理由でもある。あちこちの雑誌で東京紹介をしているが、どの写真も出来はひどいものばかりだ。決してカメラマンが悪いということだけではない。印刷がいい加減なものが多いのだ。印刷された写真に関してカメラマンのクレジットを載せることに不満のあるカメラマンがいないというのは何とも嘆かわしいことと言えるほどひどいものが多い。そんな中で、この雑誌の写真は紙質とのバランスがとても良く、写真だけ見てても和めるという貴重なものだ。

『東京人』2002年8月号を久しぶりに買った。特集に目を惹かれたからだ。その特集は、「2003年東京計画地図」となっていて、東京の再開発プロジェクトである六本木ヒルズ、丸の内、汐留、品川駅東口、日本橋、八重洲、秋葉原などの今後の姿を紹介してくれているからだ。
東京はここ10数年で大きな変貌を遂げた。10数年前と言えば、1980年代後半でバブル期の頃だ。バブルは弾けて日本の経済を大きく変えることになったが、東京改造は進行スピードこそ遅くなったが確実に進行してきた。そして先にあげた2003年の再開発プロジェクトの完成でほぼ全容を見せることになるだろう。もちろん、築地市場の移転などこの先東京の進化は終わることない。
都心部とお台場を結ぶレインボーブリッジを渡りながら内陸としての東京の風景を見ると、高層ビルの数は驚くほど増えている。東京タワーを探すのに時間がかかるほどだ。1954年制作の映画『ゴジラ』でゴジラは東京湾より都心に上陸し当時の東京を破壊していくが、仮に今、ゴジラが東京湾に出現しても東京タワーは目にも入らないだろう。

私は今、千葉に住んでおり、いわゆる「千葉都民」に属する。住む場所と一緒に気持ち的にも以前より東京を少しばかり斜に見ることのできる位置になったような気がする。私の家内は1964年、東京オリンピック開催によって東京が大きく変化した年に生まれた。古い邦画で東京の昔を見ながらよく2人で笑いあっている。そして、それらの古い東京の街並みの今の姿を目の当たりにして驚いたり笑ったりしている。その街並みには昔から営業している老舗の店がまだ存在していたりもする。そんな店に入って今の時代の東京を感じることにささやかな喜びを感じたりもしている。
この『東京人』という雑誌は、そんな気持ちをもくんでくれるような雑誌だ。雑誌というジャンルのもので、捨てずに残しておきたい雑誌はそうそう多くはない。買い求めた『東京人』はいまだにどの号も私の本棚で存在感を示してくれている。
来月9月号の特集は「たてもの東京昭和史」。また買ってしまいそうだ。

ちなみに今月8月号の小特集「路地裏のうまい店」は四谷荒木町、神楽坂、日本橋人形町を取り上げているが、こちらも写真が綺麗で小特集にしておくのが惜しいくらいだ。
関連記事

ワン・フロム・ザ・ハート / ネタばれ度:★★☆



『ムーランルージュ』は映画館で見ていなかったのでビデオで見た。テレビ・スポットを見る限り『ワン・フロム・ザ・ハート』を派手にした映画なのだろうなと思っていた。しかし、それは間違いでずいぶんショボイ映画だった。きらびやかさをもっと期待していたがそれも裏切られた気がした。そして思ったのが『ワン・フロム・ザ・ハート』をまた見たいだった。恐らくビデオ化されていない(過去にはされていた)と思うので、この見たいという衝動はまさにない物ねだり以外の何ものでもない。

この『ワン・フロム・ザ・ハート』はフランシス・コッポラ監督の82年作品であることは案外知られていなかったりする。興行的には失敗作だったようで日本でもあまり話題にならなかったと思う。私も見たのは映画館ではなくレーザー・ディスクだった。
映画は、青い緞帳が開くところから始まるので映画館では本物の緞帳で映画が始まり、映画の中でまた緞帳が開いて物語がスタートするという始まり方だ。この映画のスゴイところは全てがスタジオのセットで、ロケ・シーンが全くないところだ。

物語の舞台はエンターテイメントの本場ラスベガス。同棲5年目の男女2人がそれぞれお互いに相手に対して不満を持っている。同棲にも疑問を持ちながらも結婚という安定も良いかもしれないと考えながら生活しているという全く平凡な話だ。
その男女を演じるのもハンク役のフレデリック・フォレストとフラニー役のテリー・ガーというこれまた地味めな2人。その2人の今の生活に更に疑問をもたらし、新しい人生の可能性をも夢見させるのがナスターシャ・キンスキー(ライラ)とラウル・ジュリア(レイ)。この2人に主役の2人よりも存在感を持たせたあたりも、主役の2人がいかに平凡であるかを見せるためのキャスティングなのかもしれない。
ナスターシャ・キンスキーは当時、この映画の他に『テス』『今のままでいて』『キャット・ピープル』などに出演しているが、この映画が一番魅力的だった。サーカスのヒロイン的な役で玉乗り、綱渡りなど実際に自分が演じていたが、濃い目のメイクで映えた大きな目と唇はとても魅力的だった。
ロケなしのオール・セットだが、圧巻はラスベガスのメイン・ストリートで繰り広げられる路上ダンス・パーティーのシーンだ。そのお金がかかったであろうセットの豪華さとあまりにも多いエキストラの数に驚かされる。聞いた話では後ろのほうで見えないエキストラの動きもちゃんと決められていたそうだ。

物語は同棲を解消して旅に出るフラニーを引き止めようとするハンクの思いがフラニー届くかどうかと言うのが最後の盛り上がりになるだけの単調なものだ。しかし、雨上がりのラスベガスのシーンや、遠くにラスベガスの街を見る郊外のシーン、空港で飛行機が離陸しながらその機体を見せるシーンなど印象深いシーンが多い。
そして何よりも、この映画の最大の主役は出演者でもなんでもなく、実は映画の中のシーンを歌の歌詞で導いていくトム・ウェイツとクリスタル・ゲイルかもしれない。それほど、この2人の歌は素晴らしく、この映画のサントラは私の愛聴盤でもある。特にオープニングと映画のタイトル曲、そして映画のラストで流れてくるクリスタル・ゲイルの「TAKE ME HOME」はこの映画の静かな感動を最大限に盛り上げてくれる。

この映画は見る機会はもしかして少ないのかもしれない。そしてサントラを手に入れることは更に難しいかもしれない。街のどこかで見かけたなら、どちらを先に手にしてももう片方が欲しくなるは確実だと思う。
『ムーランルージュ』を見て感動した人も、私めのようにガッカリした人にも機会があればこの映画『ワン・フロム・ザ・ハート』は見て欲しいし、お奨めしたい。

1982年作品、107分。監督:フランシス・コッポラ。
関連記事

ワールド・カップ

W杯直前の5月にソウルに行った。その時にまず思ったのが日本に比べ、国としてW杯を盛り上げようとしている感じを街の中のディスプレイだけでなく人にも感じた。ソウル在住の人に聞いたら外国人を見たら優しく声をかけよう、というようなスローガンが国として発信ているとのことだった。
日本に帰ってきてW杯まであと10日と迫った5月の下旬なっても何となく日本国内でのW杯への期待も盛り上がりも感じることはできなかった。
きっと、韓国だけで盛り上がり、日本は冷ややかにW杯を迎えて何事もなく消化して終わるのだろうなという予測をしていた。

ところが、W杯がいよいよ直前になり各国代表が来日し始めたころから様子は変わってきた。
まず、テレビのワードショーが騒ぎ始めた。それにつられるかのように日本中で急にW杯熱が過熱し始めた。幸い、日本代表は韓国に比べると楽と思えるグループに入ったし、何よりもマスコミが日本代表最強説を打ち出していたし、「イケ面」選手というネーミングでベッカム、トッティ、デルピエロなどを女性誌向きに取り上げた。チケット問題やフーリガン問題も社会問題となって話題性を持ったし、更にキャンプ地エピソードとしてカメルーンと中津江村が更なる盛り上げに一役を買った。

そして、いよいよW杯本番。自分自身の中でここまで面白く見ることができるとは思わなかった。やはり、地の利なのだろう。試合開始が時差もなくリアル・タイムなのがありがたかった。スカパーで全試合を無料放送するという大英断に出てくれたことも楽しめる一因だった。民放の訳の分からない出演者によるドタバタを見ないですむことは本当にありがたかった。
W杯が始まる前の決勝予想は、アルゼンチン対ポルトガルだった(結果はいうまでもない)。前大会フランス大会前ぐらいから急激にサッカー通と化とした友人に優勝予想を尋ねたら、そんなことは今分かるはずがないと一蹴された。競馬で2才馬がデビューして間もないころに翌年のダービー馬を予想する面白さもあるのだが、通ともなるとそんなことはくだらないということなのだろう。
根っからのサッカー・ファンもにわかサッカー・ファンも巻き込んでとにかく韓日共催のW杯はスタートした。

大会は初戦でフランスが負けるという世の中的には大ハプニングでスタートした。そして、この大会の象徴ともいえる言葉「番狂わせ」の連続でフランス、アルゼンチンは予選リーグで敗退した。
日本チームは2勝1分の成績で決勝リーグに進出した。W杯出場2回目にして初の勝ち点どころか予選リーグ突破は快挙以外の何ものでもないだろう。共催国韓国は日本よりもずっと手強いグループをやはり2勝1分で勝ち上がって決勝リーグ進出を果たした。
決勝リーグこそ日本は初戦敗退したが、同日夜、行われた韓国は強豪イタリアをねじ伏せて駒を更に一つ先まで進めるという大偉業を成し遂げた。
共催国の勝利に本来喜ぶはずであったが、日本が負けた後、試合を控えているソウルの様子をニュースが流している時に私の身に大きな出来事が起きた。ソウル市庁前に集まった何10万人ともいわれる大観衆が日本の負けを知ったとたん大歓声をあげたと現地のリポーターが報道したのだ。よくよく考えてみればそんなことは当たり前なこと、といえるぐらい韓国に反日感情があることを知ってはいたが、やはりショックだったし腹立たしく思った。
もしもこのことがなかった時、イタリアとの試合で自分が韓国を応援していたのかどうか正確に確かめることができなくなってしまった。試合はイタリアを応援したが、果たして先のニュース報道を聞いたせいなのか、はたまた韓国だけ更に上に行くのが悔しいからなのか、その答えを見つけ出すことはついにできなかった。

この頃から韓国の快進撃を良く思わないところからなのだろう、韓国の審判買収疑惑まで登場し始めた。イタリア、スペインというヨーロッパの強豪国が韓国に負けたことからの無責任なデマなのだろう。ところがW杯の親方であるFIFAが審判の誤審を認めたから話はややこしくなってしまった。挙句の果ては準決勝の韓国対ドイツ戦では前例もないヨーロッパの審判を起用するという暴挙にまで出てしまった。
これによって韓国は何んとも気の毒な立場に追い詰められてしまった。ドイツに勝てば買収疑惑の根が深い、というようなことを言われるだろうし、負ければ審判を味方にしないとやはり勝てないという、どちらに転んでも全くイイ目のないポジションになってしまった。
結果はドイツが勝ち、決勝進出を決めるが何ともパッとしない出来事だった。

これら韓国の思わぬ疑惑で日本の嫌韓派が便乗して2chを始め、あちこちのサイトで韓国バッシングが始まった。私の掲示板でも私自身が韓国国民が日本が負けたことを喜んだことに対しては腹立たしいということを書いたら、いろいろ書き込みがあって一時は民族論的なところにまで発展してしまい、この審判疑惑がもう一方のホスト国に大きな問題となってふりかかっていることを認識せざるをえなかった。
しかし、私が腹立たしく思ったことと、この審判疑惑は全く違ったものとして捉えている。極端な言い方をすれば、人間がやる審判に潔癖な判断を求めることは不可能ではないだろうか。スポーツに限らず刑事事件の裁判でも冤罪などもあるわけだから。
仮に韓国が噂どおりに審判を買収していたとしても、それは実に巧みな事前の根回しであって決して非難する気にはなれない。そこまで勝ちたいという執着心の差と考えるべきなのではないかと私なんかは思ってしまうのだ。オリンピックを見るまでもなくスポーツマン・シップの理想はとうの昔に崩れ去っているだろうし、大会自体が巨大化すれば利権も大きく関わってくるから、大会に関わる者全てが何らかに対して執着心を持っているのが自然な姿だ。その執着心の矛先が「勝ち」というものであっても何ら不思議ではないと思うのだが。
まぁ、これは私のはなはだ勝手な思いであるし、韓国が審判買収をしたなどとは夢にも思っていないことだけは重ねて言っておきたい。
私が気に入らないのは、あくまでも日本が負けた時に大歓声で喜んでいたということなのだ。少なくても私は日本が勝って韓国が負けても大喜びなどしなかったと断言できるからなおさら残念でならない。それらを報道しない日本のマスコミにも困ったものだと毎度のことながら思ってしまう。その口惜しい思いは、日本人が韓国代表を応援している姿を見るにつけてますますつのるのだった。

W杯はブラジルが優勝して終わった。6月は何だかアッという間に終わってしまった感じがする。韓国の盛り上がりには遠く及ばないが日本人がここまで共通の話題で盛り上がったことってあっただろうか。
忘れやすい日本人はW杯のこともすぐ忘れてしまうだろう。韓国のあの盛り上がり、日本の珍しい一体感、これは何だったのだろうか。今後、韓国にとってのKリーグ、日本にとってのJリーグがどのぐらい盛り上がるかによって韓国人、日本人がサッカーに盛り上がったのか、W杯に盛り上がったのかの答えは出ることだろう。
そして大会終了後、世界の国がこのW杯をどのように見ていたのかも確かめてみたい。
私にとって、この共催W杯が韓国と日本の関係のリトマス試験紙にもなった貴重な大会となったことは大きかった。
関連記事
七曜表
06 | 2002/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
近頃の記述
記述の一覧

全ての記事を表示する

検索の窓
目録
ご贔屓先(五十音順)
過去の全記述
自己紹介

宮崎@大福

宮崎@大福


柴犬・福と大福の飼い主をやってました。1970年代・80年代のロックと映画に育てられたレトロ者です。

も少し自己紹介
プロフィールとでも申しますか...

ようこそ宮崎商店へ
愛着あるメイン・サイトの入口です。

福と大福の間
愛犬柴犬・福と大福のサイト。大福日記『徒然』:大福、13年の歴史(2002年7月17日~2015年6月12日)。

Twitter
Twitterにも細々とつぶやき参加しています。

Instagram
Instagramでは大福の生きた証として大福生活史を日を追って載せています。

大福の神経衰弱ゲーム
10組の大福を揃えてください。

タグ一覧

200字 桜情報 極細ちぢれ麺 田園茶房 百々 ボヘミアン・ラプソディ フレディ・マーキュリー ご都合主義 リフエちゃん dancyu 新元号 令和 If_We_Hold_on_Together The_Forth_Behind_The_Power 晴海ふ頭公園 出っぱ 小網町 クリスマスモード 真似っ子 ダイアナ・ロス グレース 本日のランチ 桃乳舎 晴海ふ頭 ルーティン カフェ飯 接客王 築地本願寺 真如揚げ トリオ・ザ・ジャック 辰の字 春の海 イチロー 挨拶が基本 新小学校 ラミ・マレック ザ・パシフィック 内田裕也 ワクチン接種 Diana_Ross 休息日 地元LOVE モーターショー 日本シリーズ 気が利く 気が利かない 表裏一体 2005年12月28日 クジラを食べる文化 2005年12月29日 年末モード 遊びの記憶 字幕テロップ 懐かしい記憶 怖い記憶 2005年12月30日 シーシェパード 商業捕鯨 安定の和み 12月26日 2005年12月26日 優柔不断 昔のまま 年越し 2005年12月27日 IWC脱退 国際捕鯨委員会 しつけの学校 飼い主の価値観 犬の価値観 訂正 食べれる だいちゃんサブちゃん 2006年1月2日 月日の区切りナシ 2005年10月19日 いつもと同じ一日 お仕事待ち QUIET_PLEASE 2006年1月3日 参拝 平成最後の年 平成31年 2019年 2006年1月1日 ヘッドレスト 食べられる 2006年1月4日 同期三人衆 ヲタク 頑固者 2005年12月31日 犬に区切りナシ 周知されてない曲 聴いたことがない曲 レコード大賞 毎日が日常 山伏 未更新 人力車 タイガー&ドラゴン 2005年12月19日 鳥豆腐 面倒臭い奴 スタイル・カウンシル Cafe_Bleu SNS以前 2005年12月21日 個性と好み 2005年12月20日 全天候型 ヘソ曲がり 生存証明 犬を食らう 前金制 猟奇的犬事件 2005年12月17日 怪しい 奥深い味 ランチ穴場 友人 親戚 年賀状の意味 町内閑古鳥 2005年12月18日 認識力 色盲 トバッチリ 2005年12月25日 2005年12月23日 元モーニング娘。 あおり運転 柴族増殖中 同窓会 アンパンマン 赤い人 汐留 2005年12月24日 もも 証拠能力 売り上げ増加 深窓 2005年10月20日 深層 真相 迂闊発言 河野外務大臣 プラダ 葉っぱと風 ドライブレコーダー 風が吹けば 2005年12月22日 ゆず 写真小僧 字幕スーパー 東銀座 忘年会 仮店舗 2006年1月20日 運転柴 旨い 美味い 偽装メール 質の低さ どう感じているのか 2006年1月21日 安い 免許証不携帯 2006年1月19日 体隠しても耳隠れず 緊張感なし 2006年1月16日 言語道断 没イチ 除名が妥当 JRA騎手 2006年1月18日 とどのつまり 2006年1月17日 甘い処分 山田敬士 企業は気の毒 2006年1月22日 大福に歴史あり 同期な2人 被写体 2006年1月24日 ハザードマップ 2006年1月25日 雪解け 2006年1月27日 肩すかしのお出かけ 大福の歴史のモノサシ 犬WEB 2006年1月26日 お尻のポケット 水没 お気軽に 忘年会シーズン お気楽に 朝夕雪散歩 雪景色2日目 気づけ 2006年1月23日 不思議な景色 お約束 アイスバーン 花の美術館 雪景色3日目 人気稼業 襲名 ミリちゃん 2006年1月8日 雪見ちゃん ショッピング 散歩コースのピンチ ガリバー状態 2006年1月9日 微雪 左止まり 2006年1月10日 チャチャ ウンチ拾いボランティア ターレー 大福の勝ち 認識 視覚 2006年1月5日 天皇皇后両陛下 常に 嗅覚 池の水ぜんぶ抜く 原点回帰 2006年1月7日 2006年1月6日 長時間見続けられない 泥の宿命 右通行 暗黙のルール 独り占め散歩 消防柴 2006年1月14日 ビーグル サルーキ 稀勢の里 黒星スタート 若柴 13代目市川団十郎 2006年1月15日 逆転優勝 ショースポーツ 2006年1月13日 値上げ 2005年10月17日 大福の仲間たち 幼なじみ 2005年10月18日 2006年1月11日 8.9kg しばらくはイイかな 2006年1月12日 味気のない空間 岸恵子 旅人 兼高かおる世界の旅 長玉 家の中も 不思議な2人 Every_Picture_Tells_a_Story ひっつき虫 袖触れ合うのも 正月番組 2005年11月10日 秋御用達 2005年11月11日 2005年11月12日 沈みゆく太陽 野菜煮小皿 とんぼ トンボ 工夫ナシ 卓袱台返し 飛び石 庭園 読み逃げ ネットの覗き見 2005年11月8日 2005年10月25日 丸皿 使い回しの技法 怒りの表現 熊手シスターズ お酉様 2005年11月9日 占い師 2005年11月13日 2005年10月24日 人間 2005年11月17日 よそ見 2005年11月16日  2005年11月18日 過渡期 システム見直し 第5回目 騙しは嫌い チキンスティック 昭和のイメージ リードの意味 牛肉拌麺 ばんめん シーベイラーメン 西北拉麺 イス寝 汁なし 福建省 昭和すぎる 2005年11月15日 2005年11月14日 アモイ 厦門 咬まれたトラウマ 2005年11月7日 2005年10月29日 大福との縁 安藤サクラ 柄本時生 柄本佑 白ソックス 一粒のオヤツ 得手不得手 2005年11月1日 2005年10月31日余裕ナシの走り 一家 2005年10月30日ファミリー 柄本明 コメディー道中でござる 谷記 錦糸町 価値観の相違 2005年10月27日 隠蔽の食文化 谷記_1号店 タン麺 角替和枝 劇団東京乾電池 認識済 2005年10月28日 男性率高し 極楽とんぼ 2005年11月2日 ホテル浦島 豊洲の開発 2005年10月26日 初めての場所 2005年11月5日 2005年11月6日 追尾者 美味しそうじゃない 暫定開通 飲食店街 グレーが基調 開市後約1ヶ月 JUJU ドン吉 松屋銀座 北海道展 日航ホテルドッグカフェ 2005年11月3日 鳥と鶏肉 やっつけ仕事 2005年11月4日 砂の器 桜田ひより 不器用な生き方 最近の年長者 右利き? 2005年11月19日 お出かけ日 2005年12月11日 テレビショッピング 飼い主冥利 嬉しそうな2人 2005年12月9日 2005年12月10日 プライド 区切りのない毎日 爆弾貴公子 爆弾小僧 タイガーマスク ダイナマイト・キッド 呑気に元気に 2005年12月8日 四季のメリハリ タカゲー 日比谷線 新駅 京浜東北線 山手線 虎ノ門ヒルズ 2005年12月6日 2005年12月7日 銀杏並木 焼ソバ 楽しさを与える義務 いつも前向き 2005年12月12日 後輩がたくさん 換毛期 夏に冬毛 2005年12月15日 銭勘定 クチ達者 モコモコ 2005年10月21日 サングラス 夜も ポートタワー 夕暮れ 2005年12月16日 腕達者 守秘義務 犬OKのパスタ屋 短文 大袈裟な再会 2005年12月13日 大福もお姉さん犬犬に タクシー運転手_約束は海を越えて 2005年12月14日 犬は被害者 良い獣医師 ジュリー ドタキャン 正直すぎ 高輪ゲートウェイ カルテ ヅラ 姉歯 手強い枝 2005年11月24日 思い出冬眠 電動車イス 飲酒 2005年11月25日 ラムネの瓶 面倒臭い世の中 不便さとのバランス 電動アシスト自転車 過去に生きる 規制の中の自由 2005年11月20日 マッタリ日 冬が似合う 都会が似合う 地元は大混雑 優勝パレード 2005年11月21日 東京の夜 古い曲ばかり 自家製ベスト盤 2005年11月23日出っぱ 2005年11月22日 2005年11月26日 気まぐれ 2005年12月3日 館山 2005年12月2日 犬OKの和食 2005年12月1日 暴走? 2005年12月4日 2005年12月5日 トリマーさんの技 該当なし そだねー リードは命綱 町の秋景色 2005年11月30日 プログレ風 2005年10月23日 Bohemian_Rhapsody サンデーランチ QUEEN 2005年11月27日 オモチャの宝庫 新柴友 百々ちゃん 2005年11月29日 2005年10月22日 2005年11月28日小学生の友達 犬食文化 1月最終日 目立たないように フィクション 浮浪雲 甘いね 飼い主復活 2006年4月18日(火) ノンフィクション風 2006年4月19日(水) 一夜明ければ 普通の日 2006年4月20日(木) お裾分け ローソク4本 盟友 2006年4月17日(月) マグロづくし丼 2006年4月15日(土) 文句も多し 参加多し トイレ圧 2006年4月13日(木) 男勝り 女だてらに Welcome ウェル亀 2006年4月16日(日) しとやかに 大福くん 区切り 美容室  ネコ家庭動物の医学大百科 イヌ 2006年4月26日 運動公園 2006年4月25日 元気が一番 電気グルーヴ 素敵な写真 素敵な空気感 ツーショット ピエール瀧 石野卓球 一方通行サイト 愛犬サイト ジョン・タイター 2006年4月22日(土) 走り仲間 2006年4月21日(金) 半直線 美味しい物 マズイ物 2006年4月23日(日) 愛犬WEB トホホな謝罪会見 情報過疎地 AAA ワンセグ 都心までトイレ 2006年4月3日(月) 礼に始まり礼に終わる TRF 小室圭 小室哲哉 小室等 街の灯に桜貝の夢を 関根恵子 別れの季節 男おばさん 2006年4月4日(火) 篠ひろこ くちなしの花に別れのバラードを 小室さん 柴女官 桜特派員 犬図鑑 2006年4月1日(土) お役目 2006年3月31日(金) 役割 Reiwa 盛り上がり感 チャングムの誓い 柴犬長今 2006年4月2日(日) 108歳 5元号 犬を介した付き合い ガラス越し 2000円札 2006年4月10日(月) 北里柴三郎 津田梅子 20年ごと 渋沢栄一 リフエ スピード系 厚かましさ 2006年4月12日 オバハン 紙袋 2006年4月11日(火) 2024年 新紙幣 偉いと思う 2006年4月7日(金) 2006年4月6日 犬の関わり 2006年4月5日(水) 堀端 めざましテレビ 甘え泣き 立派な尻尾 場渡り的日常 2006年4月9日(日) 占い 2006年4月27日(木) 跳ぶ 商材 信頼 EARTH_DAY イベント 起承転結 2006年5月14日(日) 2006年5月15日(月) 洗足池公園 キャパオーバー 接客の低下 大繁盛 テレビ取材 テレビの功罪 取材力 可能性 手錠 2006年5月11日(木) 腰紐 JYJ 晒され方 パク・ユチョン 2006年5月12日(金) 2006年5月13日(土) 群馬バス転落 白ナンバー クジラのオブジェ お年寄り 代車 世間の常識 常連の心意気 2006年5月20日(土) ボール発見 皇居界隈 雨の合間 喫煙者が嫌い 2006年5月19日(金) 空気パンパン 手強いボール 集まる同情 報復 番組で告白 離婚 磯野貴理子 肉野菜炒め 2006年5月18日(木) 自己流 2006年5月17日(水) 訓練士選び 2006年5月16日(火) らしさ 犬のイメージワード ご新規さん 小学生女子 親は子を作るか選べる 虐待死 千葉県野田市 ニケちゃん 犯罪者 韓国芸能界 犬は家族 犬棄て 2006年5月2日(火) 昭和人 いつもと違う海 大はしゃぎ 素人繁殖家 人間の子供でも、そうしますか? 混雑な横浜 黒柴コロ爺 2006年5月4日(木) お利口 2006年5月3日(水) 2006年5月1日(月) ウエンディ 極太麺 2006年4月29日(土) なみえ焼そば 抜き足差し足 跳躍 2006年4月28日(金) 運転免許証返還 天皇陛下 2006年4月30日(日) 町内散歩コース 上級国民 池袋の母子死亡事故 高齢者の運転  大福が目印 五月晴れ  2006年5月9日(火) 貴重以上 スチル写真 1千万カット以上 足の濡れ具合 顔が濡れる 夏の予感 行きは良い良い バテバテ ウマが合う 2006年5月10日(水) ビデオカメラ 2006年5月8日(月) レンタルペット 2006年5月6日(土) デッキで我がもの顔 2006年5月5日(金) 園茶房 経験 予知夢 日付の区切り 日々日常 2006年5月7日(日) スティービー・ワンダー 楽しそうな走り 市ヶ谷 2006年3月30日(木) さくら坂 桜坂 環八 2006年2月17日 大山鶏炭火焼 親子丼 駒沢公園 G1 Aランチ 2006年2月19日 2006年2月18日 負けたくない宣言 フェブラリーステークス 焼鳥弁当 2006年2月16日 不適切動画 女性受賞者多し 表参道ヒルズ 迎賓館 大〆 神楽坂 地に墜ちたグラミー 第61回グラミー賞 大衆文化の流入制限 日韓関係 2006年2月15日 下見 2006年2月13日 2006年2月20日 難しい 2006年2月27日 第91回アカデミー賞 針房 女官 2006年2月25日 2006年2月26日 人種差別 性差別 犬具負け 2006年3月1日(水) 2006年2月28日 スパイク・リー アメリカの病み 安定の逸品(一品) トリノ五輪 二宮和也 綾野剛 ラストレシピ_麒麟の舌の記憶 2006年2月22日 2006年2月21日 大日本帝国食菜全席 RPG 車好き 2006年2月24日 初めての地 2006年2月23日 モニタリング 2006年2月14日 深夜のオペレーション bio_ojiyan_cafe 表参道ヒルズオープン1週前 2006年2月4日 豊洲変身前 2006年2月3日 お出かけ虫 新井浩文 韓国籍名 富士山と大福 いか・たらこクリームスパ 2006年2月5日 悪行 レーダー照射 以心不伝心 2006年2月2日 実家オアシス 2006年1月29日 2006年1月28日 文世光事件 キム・サボク 金砂福 小さい子 情操境域 1月は苦い思い出 2006年2月1日 相手は素人 2006年1月31日 地域に貢献 2006年2月6日 悪影響 2006年2月10日 マスカレード・ホテル 勘違い学習 モモちゃんママ 2006年2月9日 ガチャポン 長澤まさみ ロイヤルパーク・ホテル 解雇報告 アルバイトだけの時間帯 同潤会青山アパート ヒルズ 2006年2月11日表参道  イノシシ 中堅 鼻ET 忠犬 ベイちゃん 2006年2月7日 時間の速さ 焦り感 動物を食べること 菜食主義 豚コレラ ゴーストタウン 2006年2月8日 お国事情 犬先進国 予防接種 2006年3月21日(火) スタンバイ 2006年3月20日(月) 12曲盤 16曲盤 矢ガモ 動物虐待と殺人犯 日本郵便 廃止すべし 置き配 クソガキ エアガン 充電 休日らしく 一弓 所英男 2006年3月17日(金) 異動の季節 ビッグ・ウェンズデー 2006年3月16日(木) 柴好き有名人 2006年3月18日(土) 悠木千帆 2006年3月19日(日) 日本のロック 不満 足下待機 爆発物 2006年3月22日(水) 2006年3月25日(土) 洗足池 大関 貴景勝 千秋楽 栃の心 ヒナ 2006年3月26日(日) 君は海を見たか 死なないイメージ 2006年3月29日(水) 2006年3月28日(火) 新小学校解禁 場所取り 浜町 歌舞伎座裏 だんだんめん 4丁目店 はしご 解禁前 支那麺 2006年3月23日(木) 英語 2006年3月24日(金) イチロー選手 車も大好き 稲毛の浜 ジャン・マイケル・ビンセント 選手村 2006年3月8日(水) 谷根千 森友 籠池夫妻 ジャーナリスト ゴーン被告保釈 谷中ぎんざ 同好会 鶏肉黒胡椒炒め土鍋ご飯 100円値上げ ヲタク・アタック 自分が一番 自己顕示力 日和見 非常識喫煙者 2006年3月3日(金) 2006年3月4日(土) 最高尚宮 2006年3月2日(木) 犬後進国 具材が別盛り 人間の食べ物 コマちゃん 幕張の浜 9.05kg 2006年3月6日(月) ウンチ踏んだ 2006年3月5日(日) メニューは一種類 2006年3月9日(木) 2006年3月13日(月) 集中したり 舟を編む 風楽し ビニール 風が演出 途切れたり 大山鶏挽肉揚げ 2006年3月15日(水) 人間臭い 垂直ジャンプ 跳べ 2006年3月14日(火) 2006年3月12日(日) コースメニュー 右から左 左から右 新幹線 家庭内別居 野良寝 美味しんぼ 2006年3月10日(金) アンコウ 鮟鱇 2006年3月11日(土) 後片付け オモチャ天国 光州事件